pixivのブクマ機能と汚部屋住人気質

昨夜の11時頃、私はふと思い立ち、pixivのブックマークを整理し始めた。

そういえばこういう絵好きだったなあ、この話は今もかなり好きだなあ、などと軽く思い出に浸りながら作品にタグを付け、再び見返して楽しめるように作品を選り分けてゆく。

そういうごく簡単な作業が深夜の3時になっても終わらなかった時、そこで私はようやく疑問を抱いた。

そういえば私、いつからブクマにタグとか付けなくなったんだろう?

pixivを始めたばかりの頃こそ公開ブクマと非公開ブクマを使い分けようとしてみたり、好きな作品のジャンルであれこれ細かいタグを付けてみたりと、隅々まで整理の行き届いた状態を目指してしていたわけだが、その殊勝な心がけはいつから失われてしまったのか。

PCの画面の端には、数字の列がこう並んでいる。

未分類(2684+154)

とりあえずブックマークしただけでタグを付けていない状態のものが公開で2684件、非公開だけでも154件もあるということだ。

惨憺たる有り様というか、完璧なイングリッシュガーデンも人の手が入らなくなればジャングルの風情というか、つまりこれらのブックマークは一度も省みられることなく、部屋の隅に積みに積まれた積ん読や積みゲーの類いとまったく同じものなのだ。

最初の方こそキチッとキチガイじみたきちんとさできっちり隙間なくキチキチに本棚を埋めていたのに、途中から脳がキャパオーバーを起こし、なにがなんだかよくわからなくなって片付けを放棄する。これは汚部屋住人あるあるの定番現象だ。

そして昨夜の私を苦しめていた数字の羅列は、間違いなく私が汚部屋住人気質であることを示唆していた。

私はこの状況をバーチャルゴミ屋敷および、ブックマーク過多による脳内本棚のオーバーフローと呼んでいる。嘘だ。今、勝手に名付けた。

『これいいなあ、ブクマしておこう。タグは面倒だからいいや。そのうち読み返すし、その時まとめてやろう』

その時は本気でそう考える。だが、やろうと思うだけで実際にはやらないのだ。全然やらないのだ。

それに気付くまで、実に2834回も同じことを繰り返してきているわけである。ここまで頑なに一つのパターン化された思考に、我ながらちょっとした狂気すら感じる。何がお前をそこまでさせるんだといいたくなる程の怠惰だ。

ではこれらのブクマされた作品群は一度も読み返されることなく、一度味わえばそれまでと言わんばかりに見向きもされなくなるのだろうか?

実はそんなことはない。

pixivで見つけたあの漫画また読みたいな、あの絵をまた見たいな。確かブクマしておいたはずだけど。

一般的なpixivユーザがそう思い至った時にとる行動は、言わずもがな『作品をブックマークから探す』の一択であろう。

だがバーチャルゴミ屋敷の住人ともなれば、そこがひと味もふた味も違ってくる。
ブックマーク内を辿ればあるはずのものを、わざわざ一から検索して探すのだ。

『確かあれはああいうタイトルだった、有名な作家さんのあの作品の隣にあった、そうそうこれだ。ほらやっぱりブクマしてた。ほらねやっぱり。ブクマから探すよりこっちのが早いし』

怠惰と怠慢を重ね続けて、もはや何が便利なもので、どのように使えば便利に感じられるのかさえよくわからなくなっているのだ。
ブックマークの意味とは?と答えのない問いを誰にともなく投げかけずにはいられない。

荒涼としたネット砂漠の片隅に、私はたった一代でそれはそれは立派なバーチャルゴミ屋敷を築き上げてしまった。

だが勘違いしてはいけない。そこにあるものはどれも珠玉のコレクションばかりで、本当のゴミなど一つもありはしない。珠玉のコレクションを取り揃えた秘宝館も、整理整頓されていなければゴミが散乱して見動きすら取れないがらくた屋敷の風情を醸すというだけのことなのだ。

つまり真にゴミなのは、屋敷の住人つまりこの私に他ならぬという、そういう話。




バレンタイン特設会場で鼻息を荒らすの巻

2月のチョコレート売り場はデコラティブで華やかで、目の保養ですね。

居並ぶチョコレートの軍勢がおいしそすぎるあまりに、目の毒でもありますけど。


上の写真とは違うんですけど、百貨店のブースに私の大好きなお店のチョコレートがあって、それって見た目こそシンプルなんですけどほんっとおいしいんですよ。

神戸の御影高杉ってお店のやつなんですけど。


売り場でそれを発見した瞬間『これ!これ絶対食べて!!』って連れにダイレクトマーケティングしたくらい好きです。


連れが『あー、これ好きーおいしー』って試食してる所を見て、でしょ!でしょ!!って力強く頷くデブ。それが昨日の私でした。


なんでそんなに必死なの?ってくらい

『ここのチョコおいしいから!』

って鼻息荒らしてましたからね。フンガフンガ!




チージー野郎はチーズを食べたい

チーズを食べたい(2回目)

ハードタイプならミモレットの16ヶ月、旨味の塊パルミジャーノ・レッジャーノ、白チーズならわかりやすくカマンベールタイプ、モッツァレラとトマトのカプレーゼの完成されたあの味、たまに食べたいブルーチーズのオムレツ、酒屋で気楽に買えちゃうし料理にも便利なコルビージャック……!

好きだ!

好きですが、チーズ後進国の日本に暮らす庶民の私にはお高い輸入チーズを常に買うことは難しいので、そういう時はさけるチーズとチータラお徳用が私の心強い友達です。

チーズはいいなあ。タンパク質もカルシウムも豊富で腹持ちがいい。

しかも若干気持ちが明るくなる感がありますね。チーズを食べると。これがセロトニンの効果ってやつかい?

そこで『それはお前がチーズ大好きチーズクレイジー野郎略してチージー野郎であり、チージー野郎がチーズ食って幸せそうにしてるのは当然のことなんじゃないのか?』って言われたらもう返す言葉もないですけど。







アメコミ映画豊作の年



デッドプールは6月に放映らしいので、それまではただ指を銜えて生きてゆきます。

今年はTMNTにデッドプールにシビルウォーに、観たいやつがいっぱいあるね。

基本的にオタク好きする映画が好きだし、気安い映画が好きだからTMNTとデッドプールはきっと安心して観れるに違いない。

でもシビルウォーは曇らせ隊が陰で暗躍してんのかってくらいキャラも観てる側も曇らせにかかるから、きっと胃がキュッとなるに違いない。話の展開上しょうがないけど。

キャップと社長の最終対決で、かつてキャップが教えた組手を社長が使ってくる演出使われてたらやばすぎるね。

キャップの教え通りにキャップを○しにかかる社長と、それに○○れるキャップっていう構図はこれ完全に固唾を飲み過ぎて顔のエラ辺りが痛くなるやつですよ。

ところでスパイダーマンのマーベル映画初合流作品がシビルウォーって、ほんとスパイディは曇らせ展開に縁がありすぎると思います。
シビルウォーでのスパイディのポジションは、とにかく犠牲になったのだ感強すぎやしませんか。

あの状況から助けてくれたってだけで、普段わりと融通利かないルール無用な正義の殺し屋パニッシャーがものすんごい人格者に見えてくる不思議。

一回でいいから、明るめなタッチのスパイディの映画を観てみたいな…

ともかくシビルウォーは唇ギリギリさせながら観に行く感じ。

パンツにブランドロゴを書き込む勇気はなかった

青空の下で全裸ノーパン上等そうなギリシャがビキニパンツを履いたくらいで今更恥ずかしがるものかよ!っていう現実を無視した結果
前の記事へ 次の記事へ