放射線

いるかいないか、それだけ返事してくれたらいいのに。
つまり、わたしの人生の、完全に外側にいる人ってことだね。
まぁいいや。好きなこと書くから。

こういうときの「まぁいいや」が私はきらい、
なにか無理なお願いをされて断って、「まぁいいや」と言われると、いつも違和感がある。
負け惜しみというか
あなたの許可や諦めの如何に関わらずわたしは無理なのに、と思う。
勝手に見切られたようで傷つく。



一門は人がたくさん増えていた。
五人くらい。
もう善良かどうか分からない、多くて、どう話していいか分からない。
人が少なすぎる、と思っていたのに、増えたら増えたでまた、なにか違うと思う。

でも筆頭はやさしいし、くだんの意地悪な一門員も今はすっかりわたしを気遣う人となったから、ここにまだいられる。

意地悪な一門員とは、喧嘩して、仲直りした。
むかーしに、一門員と喧嘩したとき、それを見ていた知人が
「ことりは、よくこんな短期間にそこまで深く関われるな」と
半ば呆れ、半ば本当に感嘆していたようだった。
分からないけど。

だって知りたいと思う。その人はnpcじゃなくて生きてるから。
夕飯なに食べたとか、部屋になにがあって何畳とか、そのテーブルはどんな経緯で買ったのかとか、wwって打った時は笑っているのか、とか。

新宮の川沿いで蛍を見た。
人が集まってきて川に行くようだったから「蛍とかですか」と訊いたら「そうです」と。

福岡ではおそらくいろんな川で蛍が見られる。
わたしも四年くらい前に、中之島公園で蛍を見た。
そのときの彼氏と。
彼氏と言えるほど親しくもなかった、とあの時も今も思うけど、とにかくその当時とても好きだった男と。
蛍はやっぱりすごくきれいで、あのときの高揚を思い出した。

あの時の、「どこまででも行ける」という気持ちも。
どこまででも遠くに行けるし、でもどこまで行っても私が行く限りは変わらないような気もしていたし、どれだけ使っても何も減らないと思っていたけど、得るだけ減るような感じもしていた。
聖剣LOMのダナエの「今まで何度も怪我をしたけど、魂までは傷つかなかった」という言葉が好きだった。

今は、遠くに行ける気は到底しない。
魂なんてある感じしない。
機械です。子育ての。
でも人にそう言われたら、腹が立つ。
魂を見てほしいと思う。どこにあるのか教えて欲しい。
見つけたいのかどうかも、よく分かんない。

いっそ早く30歳になれば、吹っ切れるものかな

ねぇ

じゃあ
せめて
いる、いない、コメントしてくれん?

アクセス解析

こんな感じ。
ね。
2016も、2015も14も13も。
おなじブログサーバーの他のアカウントは、ずっと0なのに。


元彼かなと思ってたけど、今は違うような気がしてる。
ゲームずっとやってる人なんじゃないかなって。
もしあいつだったら即畳むなっていう人もいる。

わたしブログたくさんあるけど、その中でも続けていたのがひとつだけあって
読者はひとりだけ。
ひとりの人がずっと見ている。

それは私の大好きな信オンの知人で、会ったことも声を聞いたことも顔を見たことも、名前も知らない人なんだけど
私の書く内容…行動や思想に、なにも言及することなく、見続けて
たまにLINEで他愛もない話をする。

べつにひとりである必要はないんだけど、同じようにしてくれる人は今まで見つけられなかった。
だから、その人のこと神様みたいに思ってる。
願い事を叶えてくれる神様でなく、観察者としての。
その人が見ていてくれたら、私の人生にも、物語のようなエンドがつけられる気がしている。

唯一無二。
だったんだけど
このブログ見続けていた人は、何も更新していないのにもかかわらず数年にわたり毎日見ていたわけだから
よりすごいよね。
返事してくれないのがあれなんだけど

だから感謝してるし書こうと思ってる。
ほんと、ヒントだけでも教えてほしい。
絶対あてるから。
前の記事へ 次の記事へ
ことり
アーカイブ
コメント
いてん
未承認コメント
初ホール♪
未承認コメント
BLOG
わたしも最初は「いや
BLOG
シンプルでいいと思い
ばいばい
ばいばい
ばいばい
いつも拝見しておりま
ばいばい
いちファンとしては残
ばいばい
城下町いくけん、その
ばいばい
したいと思って自然に
カワイイ!