赤裸々過ぎました

続く、と書いた前回の記事から早くも1ヶ月経とうとしてますね。

年月は人を待ってくれませんね。
早いですね。


間が空いたのは
前回と前々回の記事を書いてから
『タオル1枚で外出する」という夢を立て続けに見まして。
「無防備過ぎる」と解釈する夢の一種かなぁと。

昔はマッパでうろつく夢だったので
それに比べれば…と思ってましたが
タオル1枚では防御できねーよ、と。
続きを書くことに躊躇しました。

そしてよくよく思い出したら
このサイト縁を切った昔の同僚とか悪友とかにも知られてるんです(^w^)

もうしばらく更新してなかったので、
どうでも良いやと思われて無関心のチラ見もされなければ
それはそれでありがたい人たちなんですが。
(私同様、執着心が強い気がするのでわからない)

時々いやしばしば脳内や夢に現れる、ガッツリ心裡に爪痕残してる人たちが
見る可能性が0ではないところで
現在進行してる話を書くの
怖いなーという気持ちも芽生えてしまったのです。

そんな状態で
不妊治療関連で感情まじりの詳細なことを
このブログで書くのは、
やめた方が良いなーと思った次第で。


尻切れとんぼですみません。

何故かTwitterでぶつ切りで呟く分には
『無防備』の夢は見ないんですが。

不思議ですねー。


私の創作には興味ない人たちだったので
創作の話とか
他愛ない話なら

問題ないかな?
(井戸端会議のこきおろしには使われないかな?)


不妊治療に応援のお言葉くださった方々には
お手紙の時点での経過とか
愚痴とかこぼしちゃうかもしれませんが…(ノД`)

前回、前々回記事は
冷戦直後だったので荒れてますが

諸々の見通しを再度話し合って、協力しようという方向で
お互いのしてほしいこと、やめてほしいことは
なるべく言葉にして頼んでく感じにして。
仲直りしてます。

お騒がせしてすみません。

ほだされと調査期間〜タイミング療法

2019年が明けて間もなく
寝たきりになり胃瘻を開けていた祖父の容態があまり良くないと知らされ
中旬に訃報。

最後の祖父孝行は
結婚時の記念写真。
贈ったら
にこにこしてくれてたらしい。

葬儀に参列した従姉妹は赤ちゃんを見せることができて良かったよ、と話したり。
それでもまだ赤ちゃんは他人事。

妹の赤ちゃん(要は姪)が
火葬場で人見知りしながらもだんだん親戚に慣れてきて
抱っこさせての一大ムーブメント

夫も便乗して赤ちゃんを抱っこ。
道東の職場で子供の支援やってただけあって
えらいしっくり ホールド。
ちょこんと抱っこされる姪。

かーわーいーいー!!
可愛いが可愛いを抱っこしてるー!😍💞

と、ほだされ

後日、妊活するだけしてみる?と声をかけたら
「する!」と即応。

その時点で既に39歳。
「やってみて出来なかったら二人で過ごそう」と保険の言葉を呟くのも忘れない。

しかし元々子供が欲しくない人間。
リスクはなんとなく耳に入るものの
具体的なことがわからない。
また婦人科に検診行った時に聞いてみようか、不妊治療の教室もあったはずとか
話してた矢先に
再び異動の打診。(゚o゚;;
(いや社宅生活が辛かったから正直、市内で越せないなら異動でも良いと思ってた。
夫はもっともっと観光したかったーとか
職場の環境良かったーとか
今でも戻りたがってるけど)
大病院の不妊治療は遠のき
紹介状を書いてもらって馬産地へ。
引越し準備と引越し後の開梱で
腰痛や足先の痺れが起き通院1ヶ月。
引越し関連で3ヶ月くらい妊活情報収集すら休止。
夏になり自分の健康診断。
月経痛は軽く、出血が少ないものの
出血が1ヶ月連続再び。
健康診断の医師に伝えてもスルーされた。
図書館やネットで調べたり
婦人体温計(アプリ連動で転送してくれるやつ便利)で基礎体温再開したり

現住所でタイミングから始めるか
苫小牧、札幌まで遠出するか、話し合い

まずは現住所でタイミングとした。
一人で不妊治療の相談に行くのは
婦人科に慣れてても嫌だー!と有給を取るよう頼んで
11月に通院開始。

この時点で私が無排卵疑惑。
月経起こす薬を服用して
月経始まったら検査、ホルモン剤服用、内診、夫婦生活のタイミング管理が始まる。

夫も検査した方が良いと言われ
泌尿器科に電話確認して翌週も有給とるも「うちでは精液検査の設備がない」と帰された。
2週続けて有給を、取ったことに対して
「仕事に支障が無いなら良いよ」と嫌味を言われたらしく

職場の雰囲気が嫌!と夫の不満が爆発。

前からちまちま言ってはいたけど
(昼ごはんを職場で食べたくないと帰宅してた)

余程嫌味だったらしく
この後しばらく遠出の通院も有給取らず土曜日日帰りで行き、
当然私のタイミング聞くための通院も一切来ない。次のステップアップで転院するまでずっと。
できるかできないか聞いてくるだけ。

タイミング取った後は数日流産予防のホルモン剤服用したけど

合わなくてだるくて思考力低下してメニューが思いつかなくなって
休んで良いよと言ったりかオロオロはするけど


家事は一切しない。

たまーに1ヶ月に2回くらいお風呂洗えばやったなー
数ヶ月に食器洗って1回やってどや顔褒めて顔するレベル。

やんなきゃいけない家事は目に見えていても心身と行動ががついていかない。

そして

夫が仕事行きたくないと駄々こねたり寝なくなり、
よしよししたり撫でつけて寝かしつけたりなんだりしても
途中で起きて自分の髪をジュリジュリこすって音を立てて、その音で起きてまた寝かしつけ
寝落ちして
朝眠れなかったと溜息をつかれる日々。


(なにこのでっかい長男もどき。ストレスフルー)


気持ち悪いのを我慢した分もしかして、
もしかしたら、と期待をしては
出血を確認して打ち砕かれる。

「帰りたい」とか「死にたいなぁ」とかが
一人で家事をしてると口から漏れるも

夫にはしょぼん、くらいの感じで報告したり
布団にくるまってショック!をアピールするも
「来たものは仕方がない!また頑張ろう!」と笑って返してくる。
振り返ると大分関係にヒビが入った時期。

夫は職場の関係悪化や多忙で残業やらで
大変さを語るので
そちら優先で過ごして孤軍奮闘感 パない。

しかも
仕事辞めたいとか
死にたいと思う時もあるとも言い出し

「死ぬくらいなら退職して良いけど
転職後平社員で現状くらいの生活はできない。
私がWワークで働いても税金抜かれる前で17万くらいが限界だった」
と転職サイトの条件検索をしてみて
嫌々いうけど保障はすごい手厚い職場だと自覚を促す。
(他を体験してないからありがたみわからんかも知らんけど。

土日祝休めるから連休もたくさんあるし
正月暦通り休みだし
盆は夏季休暇とれるし
冬も冬季休暇あるし
年休は取れとれ言われて年40日までストックできるんだよ。
勝手に使われないんだよ。
共済や組合あるんだよ。(会費はまぁエグいけど))

そして
「退職したら妊活はしない。というか、出来ない」と言うと
「嫌だ!」と即答。

嫌々渋々溜息を吐きながら毎朝支度はする夫を
お弁当持たせて送り出す。

夫や生活の愚痴をTwitterで発散してやり過ごす。

解決にはならないけど
やり過ごすのが必要な時期もあるじゃんか。

続く。

子供拒否の頃

付き合う前から
子供が絶対欲しいか確認して
欲しいなら付き合えないなーと思っていた。

「そもそも結婚もする気が無かったから
子供ができれば良いけど
いなくても良い」
その返答になら 大丈夫かな、と付き合い、結婚。

顔合わせの段階から
酔っ払い義父から
酸っぱいもの好き→もう妊娠?!ネタを振られ
ピキッときつつも
「夫次第ですー」とまだ躱せた2017

いざ結婚後
この北海道で車を運転しないことを
「子供ができて病気したら送迎どうすんの」という会話が増え
「そんな頻度のこと、車両代と保険代や自動車税、車検代を数年単位で考えて
月額で考えたらタクシー代を数千円出す方がトータル安い」
と理屈を捏ねて拒否。

話しているうちに
「子供は二人ぐらいいたら将来的に良いよね」という言葉が増え
「じゃあ今すぐ妊活するの」と内心怒りながら煽ると
「1年は二人で新婚を楽しみたい」
37歳に向かってそんなこと言うってことは本気じゃねーだろ

月経過多の出血多量生活対策で低容量ピル服用の日々を継続。
38歳になっても子供ーと時々言うので
この段階で
「子宮筋腫があるし出血もひどいから
子供欲しいとなってから筋腫とる手術して
子宮を休ませるのに約1年で
そこから順調に妊娠して育っても
最短で40歳の出産になるからね!と怒りを抑えながら伝えても
ピンときてない感じの夫。
育休とる気も皆無。
知り合いも親戚もいない土地に連れてきておいて子育て丸投げするつもりか。

経済的にも厳しいし(Wバイトしてた。イベント以外の外食も含めた食費や生活品費や税金は私持ちだった)
本気じゃないな、と 思い、ほかす。
その間に
どんどん悪化していく月経過多と月経痛。
(子宮筋腫、卵巣嚢腫(子宮内膜症の一種)、月経困難症という診断がついてはいたが
処方は低容量ピルとロキソニンで経過観察)

トマト大の塊のや巨大ウィンナーばりの塊が毎日のように出たり
出血が初めて1ヶ月丸々続いたり、
通院しててもノラクラした返事に不安なのが
顔に出てしまいパート先の上司に心配される。

ちな
夫に出血が長く続いてる、と告白しても
「じゃぁエッチできない?」とまず返ってくる。

なんだろう、振り返るとうちの夫…。

仁君や水穂嬢にドン引きされた頃はまだ
恋愛フィルター効いてたし
二言目には
痛いの痛いの飛んでいけとか
慰めてくれたけど

一言目って積み重なると
一番の本音なんだろうなって気がしてくるね…。


さて2018春になり
「多分そろそろ」と言っていた異動の辞令が出て道南へ。
実家まで片道汽車使って11時間、車で9時間くらいだよー。
バイト先はどちらもチェーンがあったけど一度退職。
落ち着いたら再度応募するつもりしてたけど
カビ臭対策やら引越し片付けやらで2ヶ月

婦人科検診の時期で大きめのとこに通院したら
本州からの出張医が
「月経止める薬ありますよ」の
一言に飛びつく。
ただ、副作用で出血続く人がいます。

出血止まらなくて困ってたのに

薬の副作用でも出るんかーい(出た。次の通院予約まで続いた)

次の通院時は院長先生にあたって
「もうね、生理止めたり、様子みる段階じゃないですよ。生活に支障あるでしょう?」
「支障というか、ロキソニン飲んで聞かなければボルタレン座薬さして
布団の外だと痛みが悪化するのでこもって過ごしてトイレには這いずりながら行けます」
「出てるでしょ」
と手術勧められ
断るほど痛みや貧血への余裕もなく。(動悸と不眠が出てた)

手術プラン
6センチ超えてるので子宮鏡は無理
一箇所穴開けて腹腔鏡→
大きいので二箇所→
安全第一で穴三箇所と大穴一箇所腹腔鏡

大穴の傷痕は盛り上がる紅斑になり
2020現在も衣服と擦れると痛みが出るものになりました。

手術時間
2時間予定→
癒着剥離が大変で大変で4時間半

手術後集中治療室で目覚めてから吐き気が酷く空のオェェ
他に人がいないっぽかったので遠慮なくオェェ

個室(前回の反省から取った)に戻って
食べて歩かないと癒着のリスクがと解かれても

食べたら吐き
歩いたら吐きで
ガーグルベースンをお守りに持ちながらトイレをよたよた往復。
2食目以降が気持ちがついていかず食えん。

無理しないでという吐くのを見てた看護師さんと

無理してでも食べなきゃ癒着リスク上がるよと叱る見てない看護師さん_:(´`」 ∠):

食事自体は美味しい病院だったのに

個室2日目か3日目からは麻酔が抜けたのか食べられた。

入院中の壁の模様を眺めて過ごした日中報告を受けて
夫は「俺は入院無理だ。退屈過ぎる」

退屈以上にしんどいのがあるから思ってるほど退屈少ないよ。

まぁ入院しない健康は理想よね。

「大変だったけど、これで自然妊娠可能な状態になりました」という報告を受け手術中の動画を見て
子宮の形の真ん中にパカーンと大きな縦線で描かれたメスの入れ方と
エスメラルダのような縫合の、簡略化した説明図
(ん?こんな大きな傷でマジで妊娠できるの?)

傷がしっかり治る前に妊娠したら子宮破裂のリスクがあるよ、
なる時はなるけどねと言われ
では避妊期間はどのくらいか尋ねたら
若干ふっと鼻で笑われて
「1ヶ月くらいで大丈夫ですよ。
もし妊娠しても子宮はゆっくりゆっくり大きくなっていきますから」
子宮破裂リスク先に言ってきたのそちらじゃん思いながら

まぁとにかく
癒着剥がしが相当大変だったらしいので
お礼を言って診察終了。

1ヶ月後
手術関連のどこでエラーが出たのか
粘液が一切ってくらい出てこなくなって
カッサカサで痛みを訴えるも
長い禁欲生活後で
ガマン効かなくなった夫に強引にやり切られ
性交痛と性交後の出血に
うーん😔となる日々が続き2018が暮れていった

続く

何を書くべきか

こんにちは、大変ご無沙汰してます。
自分の自称もあまり書かないうちに
Zionなのか
しおんなのかブレブレになってる輩です。

先日スマホを落として割って交換となり
アプリDLついでに
自分のサイトもIDとパスを見つけて
ようやくチェックしたところ

こんな放置でもチェックしてくださってる方がいて、平身低頭です。

(広告が多くなってて
読みづらいからどこか他を探そうかな)と思った気持ちも
歳月のうちにどこかへ
旅立っていまして
ご不便をおかけします。


創作活動やキャラ考察は家政やゲームに追いやられて
時々ふ、と繋がる以外は放置して
寝かせてる状況です。

がっつり繋がると数時間〜数日は帰って来たくなくなる創作世界。

時々Twitterの鍵垢でメモ書き残す程度。
パソ子も多分放置し過ぎて逝ってないか…
怖くてシュレディンガーの猫状態です。

その他のプライベートで大きなことでは
不妊治療中です。

過去の自分の拒否っぷりをご存知の方は
驚かれるかと思いますが
応援も頂いててありがたいです。

生きて生まれてくる確率は
年齢の時点で私の感じとしては極めて低い7.7%

子宮筋腫と卵巣チョコレート嚢腫の手術を2回受けたのでさらにその下っぽいですが
やるだけはやってみるかーと。

体外受精3回または今年いっぱいで
治療継続するか話し合いを夫とすると決めたり。

すったもんだやってます。

ちょこちょこ愚痴ってた生活費問題は
先月、大きめの冷戦の末、夫のメインバンクのキャッシュカード渡されました。

あと給与明細も見せてくれるようになり
年金や税金の遠慮ないピンハネっぷりに
慄きました。

こんなにハネておきながら
自分の分は自分で積み立てれば税金優遇してやるよ(iDeCo)って
ひど〜い!というのが正直な感想です。
無職の私は優遇ないので夫が合意しなきゃ
使えない制度ですが。

かといって昭和のように
裾野広げるために
産め産め産んで当然産まなきゃ非国民の圧力かけられるのも
まっぴら御免ですがね。

さて、長くなったので
不妊治療する気になった大雑把な経緯と経過は
次の記事にします。

2018年2ヶ月経過


話題:お久しぶりです
こんにちは、お久しぶりです、しおんです。

ぐでぐでしてるうちに、早くも2ヶ月経過する2018に、わおです。

前の記事から、、、
変化、、、


喧嘩を2回か3回くらいしました。

大きなものは
お米は無洗米以外のお米をもらうもらわないを議題に、言い方が腹立つ!と夜中に言い争うという
他の方からみたらそんなこと?ですが。

お米研ぐのは下手だけど、ぬかくさいお米は食べたくないというしおん。
お米は無洗米をそのまま水入れてセットするしかしたことない夫。

お米10キロ、使い切るまで、もらった夫が責任もって、お米炊く関連の仕事をするということで決着しました。

ぬるま湯で研いでたけど。
やっぱりぬかくさかったけど。

文句言うなら自分でやれば、と思うし言ってるので、
ふりかけかけてもぐもぐしてました。

面倒がったら麺とか粉物にして。
(そこはしおんが無洗米で過ごしてても一緒だ)


その件で、少しお茶碗洗いに慣れたようで、
夫休みでしおんがバイトだと、洗い物を片付けておいてくれることが増えました。

理想をあーのこーの言うのは簡単だけど、
実際に暮らしてる自分たちのできることとしたいことをすり合わせていく日々ですね。

あー、、、前の記事で悩んでた食費と生活品費。3諭吉さんはコンスタントに預けてくれるようになりました。
通院がある月は事前に申告しとくとプラスがあったりなかったり。

衝突する部分は上記くらい。

あとは、
モンストというアプリゲームを共闘したり、
シャービックというアイスを作ってもらったり、
ぐてたまというキャラのクッキーを一緒に作ったり、
ねこぺん日和というグッズを愛でることを通じて、妻を撫でることに慣れてもらったり。

新婚だねー、と言われる
甘やかしと甘やかされです。

でもこの前新しく来た年下のバイトさんに学生と間違われて、
水穂女史に新婚の色気はどうした、という冷静なツッコミをもらいました。
同居前より、お手入れにかける資金と時間がごっそり減りましたね。。。もさもさ。←

水穂女史は、クルンと車が回転したそうで、新しい車でした。それでも乗るところが偉いなー。

仁くんは第二子が4月には生まれるそうな。
めでためでたや。

妹もなんやかや言ってたけど
5月にママになるそうだ。
正月に妊娠姿が見れるのは今だけかもしれないよ!と会いに来るのを誘われたけど、バイトしてた。

夫が実家に行かない理由を私のバイトのためにしてたから、来年はどうするかなぁ。。。
長距離車に乗ってると酔ったり場に緊張したりして、夜8時くらいに具合悪い眠気が来るんだよね。。。まあ年末近くなってから考えよう。

ちなみに自分は、月経困難症の診断でて
中用量ピルを保険適用で服用してるので、
現状は懐妊はないです。
子宮筋腫の位置も、着床に影響する位置なので、
筋腫とる手術再び→一年休む→不惑過ぎの高齢初産
という
最短でもそんなルートっぽいです。

子供に関しては、、、
昔よりは
いてもいいかな、この人の要素あるなら殺さないかな、と思う自分もいますが、

夫がでっかい子供のごとき生活なので

厳しい。というのが本音です。


親の助けは、、、
母方の祖母が先月末、高血圧と高血糖で倒れて救急車で、運ばれて入院して、認知症も症状出てたそうで。
2/12から同居を始めたばかりなので、
全く、望まないつもりでいた方が良さそうな気がします。

むしろそっち手伝えというのが一般的な目かも?


同居の場所作るのに、実家に置いてた荷物、ダンボール5箱分引き上げと、ポリ45L2つ分処分は、建国記念の日に日帰りでやってきたけど。。
なかなかそれ以上はどうしたものやら。

そんな感じです。

年を重ねると、自分も回りもいろいろ出て来ますね。

物忘れがひどくて物の管理が不十分な自分にびびったりね。

結婚する前に比べたら、さらに頭の勉強的な回転は凄く下がってます。
予習復習がほとんどできてない。。。
情報が多すぎると覚える気が薄くなったり。

フラダンスは、カルチャーセンターに行きましたが、親切にしていただけましたが、
なんとなく、毎週末固定の予定に気がすすまなくなって、1クールで辞めてしまいました。
前の教室は、にこにこ楽しむが主の先生のファで、通えてたのかもしれない。

そんな、自分と身の回りの四方山(よもやま)のことでした。



ではでは、
次いつ時間が取れるかわかりませんが、
次会うときまで日々穏やかでありますように。
←prev next