雨の後には…

久しぶりのワンライ参加です。
使用お題は
突然の雨 と「ダメよ、だって××だもの」でした。

珍しくディナとフィアのお話でした。
「ダメよ、だって…」の×× に入る言葉は作中に出てきます。

そういえばディナは「女王」なのですよね、連載始めた当初は「王女」と「女王」の区別できてなくて
ごった煮になっていると思うので、ちょいちょい修正していきたいと思います…


ともあれ、追記からどうぞ!



▼追記

Knight 年表


Knight の世界の年表デス。
自分の記憶、設定の整理のためにまとめただけなので見づらいです。
ついでにちょっと無理のある設定、年齢その他諸々ありますが…まぁ、お目こぼし願います。

でもこうやってまとめて見てみるとちょっと面白いです。
そういえばこのことこの子、同い年だったなぁとか。
この子が生まれた年にこの子はもう入団してたのかぁ、とか。

そんなわけで追記からどうぞ!



▼追記

ここから先は一人で



Twitterで募集したアンケートお題でのお話です。
アーニメインのお話が書きたくてやったのでした←

フィアとアーニは仲が良いです。
というか、アーニがフィアのことを崇拝しているので……

アーニは世間知らずの天使。
まだ地上にもなれていない無邪気な天使です。
フィアはそれを心配しつつも、自分一人で生きていけるようになってほしいと思っているのでした。

そんなわけで追記からお話です!



▼追記

歌姫とその守護者



唐突に書きたくなった歌姫なフィア嬢です。
まぁこういう状況で、なのですけども。

フィア嬢は元々歌手志望でした。
しかし男として生きる以上、騎士として生きる以上、こうして歌を歌うことはなかったわけなのです。

未だにフィアは歌を歌うのが好きなので、こういう機会があったら喜びそうです。
また、実はフィアが歌ってる間ルカがこっそり聞いてた、という裏話があったりなかったり。
ルカにそういう任務を請け負った、って報告はしてるはずなのでね←

ではでは、追記からどうぞ!



▼追記

貴方は僕の…


Twitterの診断、アンケート一位になったお題「君は僕の神様だから」でフィアとラークのお話です。
ほのぼのなお話にしようかなぁと思ってたのに気が付いたらシリアス似なってました←

ラークとフィアの境遇はよく似ています。
だからフィアはラークの面倒をよく見るだろうなぁ、と…←

ちなみにラークの名前はSkylark(雲雀)からとっています。
連れている(?)くまのぬいぐるみの名前はRobin(駒鳥)です。
だからちょっとだけ、最初にマザーグースの詩を使ってみたり。
歌を歌うのが好きで読書が好きなラークはああいう物騒な詩も楽しそうに歌っていそうです。

とはいえ、追記からお話です!




▼追記
前の記事へ 次の記事へ