酒造適合米「山田錦」の発祥地としてPRを進めている兵庫県多可町は、町産の山田錦を原料とした日本酒の詰め合わせを「飲みくらべセット」と銘打ち、来月1日に開催するふるさと産業展で販売すると発表した。
酒造適合米「山田錦」の発祥地としてPRを進めている兵庫県多可町は、町産の山田錦を原料とした日本酒の詰め合わせを「飲みくらべセット」と銘打ち、11月1日に開催するふるさと産業展で販売すると発表した。
この取り組みには、県内外四つの酒蔵と秋田県酒造組合が参加。各蔵元からの大吟醸酒4本にオリジナルグラスを2個セットし、化粧箱に入れたものを500セット用意。ふるさと産業展で販売した後は、11月2日からJAみのり多可営農経済センターで販売する。



だそうですよ クマシエルは山田錦というまんまの名前の日本酒も、山田錦(米)のお煎餅も、ものごっつ好きなんですわ 阪神電車主催の利き酒ツアーに参加した位 今腹の立つ事は日本酒をワイングラスなんかで飲んでる知ったか外人が通ぶって大事でもない日本酒うんちくをとうとうとドヤ顔でぶちやがる事です いかん、ついガラが悪うなりましたわ(笑) 山田錦の農家がここのところの外人のにわかブーム(彼らは一つ覚えのように大吟醸言ってればいいと思ってる)のせいで供給困難になりつつあるので爆買いは絶対やめて欲しいと思います! もっと基本日本人のものであるという事を尊重して欲しいのです!
以上、冬も基本冷酒派のクマシエルでした