真っ白でキュート、そしてとても希少なウミガメの赤ちゃんがFacebook上で話題となっています。
このアルビノのアオウミガメを発見したのは、オーストラリアのクーラムビーチとノースシェアを中心に、自然保護活動を展開するするボランティアグループ「Coolum and North Shore Coast Care」です。彼らはこのウミガメの赤ちゃんをアルビノ種であることから「アルビー」という愛称で呼んでいます。
アルビーが生まれたのはオーストラリア東部のキャスタウェイズ ビーチ。ボランティアの人たちが、ウミガメが巣立った場所のデータ収集を行っていたとき、まだ砂の中にいたところを見つけ出されました。他の赤ちゃんたちよりも遅く生まれてしまったようで、いきなり仲間からはぐれるという過酷なスタートです。
白いアオウミガメは大変希少で、同ボランティアグループの9年間の活動においても発見されるのははじめてのこと。彼らと共に活動する「Noosa Community Biosphere Association」のFacebookによると、アルビノのアオウミガメが生まれる確率は、10万分の1のとのことです。
Facebook上のコメントによると、アオウミガメ自体大人になれるのは1000匹のうちの、たった1匹といいます。それに加えてアルビノ種は自然界において目立つ存在であるため、生存確率もさらに低くなります。
アルビーは無事海までたどり着き、大海原に旅立ったことは確認されています。
生まれた直後から過酷な運命を背負ったアルビー。困難を乗り越えて、元気に育つといいですね。



生き延びて欲しいけど、とてつもなく低い確率だろうから、とても切ないニュースですね