アニメ『ありふれた職業で世界最強』

このアニメも物凄く面白くて、しかもこちらはまだ最終回じゃないので現在進行形で楽しませて貰っていますよ〜
ストーリーもなかなか面白いですが、特に魅力的なのがキャラ設定とキャラデザで、特に主人公の眼帯(!)白髪少年 南雲ハジメ君とハジメの仲間のウサ耳のシアちゃんがかなりのお気に入りで、シアちゃんの服の色がまた好みなのですわあ

という訳で、クマシエル的には今年の秋アニメは結構豊作だったように思います!


あ、『ギブン』とか『スタミュ三期』(『スタミュ二期』迄はファンでした)も観るには観ましたがクマシエルの好みから少しズレた感じだったので、ちょっと感想は書けない感じかなあと思いましたので、あしからずですよm(_ _)m

アニメ『彼方のアストラ』

本当にめちゃくちゃ面白かった本作
SFっぽい世界観ですが、内容的には極上のミステリーで、本作を観ながら思い出した別作品は、萩尾望都先生の『11人いる!』+清水玲子先生の『輝夜姫』という感じでしょうか?
ネタバレは一切せずにウルトラ推薦だけさせて頂きたいと思います

獲る予定の『エヴァンゲリオン』のQPOSKETをコンプリート

長年馴染みにしていたnamcoのゲーセンが閉店して以来、どうしても欲しいものが登場した時だけ別のnamcoのゲーセンに獲りに行っていますが、今回はこの前綾波レイちゃんを獲って残りの碇シンジ君と渚カヲル君が9月12日に登場だったので、頑張って獲りに行ってきました
やはり時々しか行かなくなると腕がなまるんですけどね、ま、獲れたから良しとしましょう 渚カヲル君はやはりかなり可愛いですが、基本クマシエルは碇シンジ推しなので、シンジ君だけはノーマルカラー、レアカラーどちらも獲って、他の2人はどちらも1種類しか獲りませんでしたよ なかなかみんな表情もよく可愛いので満足しましたよ

QPOSKET『綾波 レイ』

遅まきながら頑張って獲ってきました 次は9月に碇 シンジと、余裕があればカヲル君も獲らなくちゃですよ〜! アスカは好きじゃないので要らないです(笑)

最近観直してみた『聲の形』

最近京アニの悲劇の後改めて映画『聲の形』の録画を観直してみる機会がありました 原作漫画が大好きだったクマシエルがかつて公開初日に映画館で感じたあの圧倒感はやはり健在でしたが、テレビで観た方が落ち着いて観れるかなとクマシエル的には思っているのですが、それはさておき、今回思ったのは青空が本当にしみいるような色だった事、人間模様のままならさとは逆に自然のあれこれが素直に輝くように見える事、イジメと障害者がテーマではなく、人は自分と、また他人と真剣に向き合う事で成長していけるのかもしれないという事が言いたいのではないかなという事などでしょうか 例を挙げると漫画で読んだ頃から好きになれない川井みきという登場人物がいますが、彼女は可愛い優しいいつも正しい人という(自分で勝手に思い込んでいる)自己イメージを守る為なら、他人をどんなに悪い人間にして自分を被害者だと主張するまでしてでも構わないという自分大事オンリーの人ですが、彼女だけは物語の最後まで何も成長せず、それは真実の自分に向き合う事もなく、他人も自分を守る為にしか必要無いとしか思っていないみたいに本音を言って分かって貰いたいとも、相手の気持ちを大切にしようともせず、どうでもいいとさえ思ってそう で、そんな彼女だけはずっといいとこ無し、成長もなく終わるのですね ま、彼女の生き方はありもしない欠点のない100点に見せられる自分像の専守防衛一辺倒で、真実の彼女なんてどうでも良さそうでさえありますから、自分の醜悪さに気がつきっこない、いや目を向ける事もないんでしょうけど、こうしたコミュニケーション拒否(無視)の登場人物がいる事で尚更それ(コミュニケーション)がテーマになってるんだなと思わされるのですよ



京アニが素晴らしい映画を作っていたなと実感させられるまぎれもない名作だと思います! 偏見を持たずに是非観てみて欲しい作品です!
前の記事へ 次の記事へ