スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

ぴえん

夢日記なのに夢見なさすぎて泣いた

男の子

この間夢を見た。
久しぶりに見た夢でとても楽しかった。
僕は(確か)とても治安の悪い地域に住んでた。でもとても近所の人と仲が良くて毎晩自転車に乗って深夜に騒いでた。
ある日何らかの支障で友達と家出をした。とても仲の良い男子で、好きな男の子だった。リアルでは恋なんてしてないのにとても好きだった。
僕とその子は知らない人の家に入って勝手に寝た。次の日僕が目を覚ましたらその子はいなくて先に逃げてた。僕もなんとか逃げたけど、その子は見当たらなかった。
細い道を抜けると知らない場所に来てた。とても綺麗な町で僕はとても好きな所だった。そこにあの子もいて、嬉しすぎて、「友達!!」って叫んで飛び付いてハグをした。あの子の身体は大きくて僕の身体なんか簡単に覆い被さるぐらいだった。とても心地が良くて離れたくなかった。あのとき何で名前を呼ばなかったのかは分からない。確か好きとか言いながら名前は知らなかったんだよな。
そこで親に見つかったんだ。でもママは怒りもしなくて、逆に心配してくれてたみたいだった。
そのあと僕とあの子とママで昼ごはんを食べた後に目が覚めたんだ。
もう一度あの子に会いたい。かっこよくてやさしくて大好きだった。正直顔も声も全く覚えてないけど、確かにかっこよかったのもやさしかったのも分かる。今はっきりしているのはあのハグをしたときの感覚。心地よかった。落ち着いていられた。とても身長が大きかった。
いつかまた会いたい。夢の中ででもいいから。

すみません

なにも投稿することがなくずっと放置してました(笑)
夢日記にでも使おうと思う。

そういえば

もうすぐ約ネバの二期始まるくない?
まじ受験ヤバイって。
あと1ヶ月ちょっと頑張るか

もういいだろ

はいここで切り替えね。
いつまでぐだぐだ言ってても仕方ないから
てめぇは受験に集中しろ
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2021年06月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリー