君の涙。(ひろたけss)















※少しですが、性描写有り。




















ジェイルハウスで

一度居なくなった君を、

やっと見付けた時には、

既に手遅れだったと、私はすぐに気付いた。
















鍵のかかった扉を開けたその部屋には、


冷たい床の上に横たわっている君がいた。

服はボロボロに引き裂かれ、ほぼ役割を果たせない只の布切れとなっていた。

下半身には何も身に付けてなくて、辛うじて生き残っているボロボロのシャツで、大事な部分をなんとか隠している。


身体は、そこら中に青くねばねばとした粘液や、彼が流しただろう、涙や汗、涎など様々な液体で汚れていた。


その姿を見て、


彼の身に起きたことを、私はすぐに理解した。



「たけしくん、大丈夫ですか?」



私は横たわる君に、そっと近付き、手を伸ばしたが、途端に君の身体がびくりと跳ね、払いのけられてしまう。


無理もない、


化物達に、言葉は届かない。何故化物がたけしくんに欲情したのかはわからないが、きっと好き放題乱暴に身体を弄ばれたのでしょう。

たけしくんの足の付け根から伝っている血の跡が、そのことを物語っていた。


「突然触ってすみません。驚きましたよね?」


服がボロボロで、ほぼ全裸の状態で寒いからか、それとも恐怖からか、君の身体がガタガタと震えていたので、私はそっと君の身体に、自分の着ている学ランをかけた。


「たけしくん、私と共に行動しましょう。あの化物が君のことを気に入ったのなら、また戻ってくる可能性が高い。とりあえずこの部屋から逃げましょう。」


君の腕をもう一度握ろうと手を伸ばすと、それまで黙っていた君が、そっと口を開いた。


「もういいよ。」


全身に痛みが走るのだろう、表情を歪ませながら、そっと身体を起こす。


「逃げ場なんてどこにもない。あんなデカくて、力強い化物がうろついてるんだぜ?それに、俺はあの化物に犯されまくったからな、身体中痛くてもう走れない。」


「たけしくん…。」


「それに!!!俺はもう生きていたくない!!!!もしまたあいつに見つかって、あんな…あんなことをされるかもしれないと思うと、吐き気がするんだ!!!!なら、俺はもう、しんだ方がましだ!!!!!!」



堪えていただろう、いろんな感情や痛みが、私の顔を見て一気に溢れ出したのか、君は大粒の涙をボロボロと流し、嗚咽しながら叫んだ…。

だけど、私も君を置いていくわけには行かなかった。君にしんでほしくなどなかった。
泣いてる君に手を伸ばすと、またもや避けられてしまう。


「私に触れられるのが怖いですか?」


「ちがう!!!ただ、俺はもう汚れちまったから…。お前には、なんかこう、触られたくない。なんでだろうな?こんな汚れた俺、ひろしには見られたくなかった…な…」



更に泣きわめく君を、私は見ていた。



汚れている?



そうなのかもしれない。


確かに君は、青く汚されてしまったのかもしれない…。



ですが私には、そんな君だとしても…



その泣き顔すら、溢す涙すら、とても…




綺麗に見えた。





「綺麗です。」







思わず言葉が盛れた。




「は?ひろし…何いってんだよ。綺麗なわけないだろ!?あいつらの青い変な液体だって、体内に何度も注がれて、かけられて、もしかしたら、俺もあいつら見たいに青く化物になっちまうんじゃないかって…」



思いもしない言葉に動揺して、焦っている君の手を、今度こそ握りしめ、その頬に伝う涙を舌で舐め取った。


「なっ!!!ひろし!?なにして…////」


「君は、とても綺麗ですよ。どんなに汚されたとしても、その涙はとても透き通ったままだ。それでも君が、自分を汚れてしまったといい張るのであれば、そんな汚れた部分すら、私が拭いとってあげます。」



「ひろし?」



わけがわからない…

そんな驚いた面持ちをしている君。

それもそのはずでしょう。私自身、私が何を言っているのか、わけがわからないのですから。














「青くなってしまった部分なんて、全て私で塗り潰せばいい…」












だからどうか、生きてください。














あぁ…どうやら私は、



あの化物を許すことはできないかもしれません。



君の初めてを奪ったあの化物を…
















私は、嫉妬をしているのでしょうか?



それとも、私は歪んでいるのでしょうか?













君の涙に映ってる私は、












どんな顔をしてますか?
















END
















ヤバイ。
自分で書いててワケワカメ(;´∀`)

とりあえず、青鬼に犯されて、自分を汚れてると思うたけしが、実は想いを寄せている、ひろしには見られたくなかった。的なことと、君は綺麗だって言うひろしが書きたかったのだよ(´・ω・`; )
ホント、終わりかたも収集つかない感じバレバレですみません!!!!

.














 


劣等感。



毎日他人を羨ましく思う。


どーして、僕はあいつらに敵わない?


僕は僕なりに、


努力をしてるつもりだった。


勉強してるつもりだった。


打ち込んでるつもりだった。


だったのに…。


どーーーして!!!


どうして僕は一番になれないんだろう?


勉強面、運動面、趣味の面、見た目、性格。


どれをとっても、僕は中途半端だ。


僕よりあいつの方がどれを取っても上だ。




いつしか僕は、


SNSで、とある一言を目にした。



「他人と自分を比べ、劣ると感じたのなら、それは努力が足りないからだ。」と…




僕は怒りに震えた。



お前に何がわかる!?



僕は僕なりに、死に物狂いで努力をしてきたつもりだった。



僕にできる全てを試したつもりだった


なのに、お前は!!!!



まだ足りないって言うのか?










そうだ…




でも僕は、それをぶつける勇気を知らない。




そんな自分に笑いすら溢れない。












そんな時、僕は知ってしまった。











僕より頭がいいあいつ、勉強なんて基本しないらしい。記憶力が優れてるから、テスト前に少し教科書を見たり、授業を受けるだけで充分だって。


僕より運動ができるあいつ、普段から筋トレや、自主トレなんて、したことないらしい、生まれつき身体能力が優れてるんだって。



僕より○○が上手いあいつ。僕は幼い頃からずっと趣味に打ち込んできたのに、あいつは!○○を初めてまだ半年も経ってないだって?



嘘だ…












嘘だ…!!!

















嘘だ!!!!!!















所詮は神様が「才能」って道具を気紛れに与えた人間のみが輝けるってこと?


僕はこんなに努力してもこのレベルなのに…



お前ら才能人は、死に物狂いで努力をしたわけでもないくせに、有名になってく。





ずるい。あんまりだ。












「努力」は「才能」には敵わないのか?














そうだ…




煮えくり返りそうな腹の中で、ぐちゃぐちゃに回転してる頭の中で、全てを吐き出してしまいそうな胃袋の底で、僕はこの真っ黒で醜い感情に押し潰されながら、今日も生きてる。

















僕は…
【劣等感】の塊だ。







.

ほうかご。(ひろたけss)


時刻は午後17時。橙色に染まる教室で、


私はたけしくんを机の上に押し倒していた。









あれ?







どうしてこうなった?のでしょう…。

































「ひろし!!!!お前を親友と見て頼みがある!!!!」


休み時間のことでした。

パァン!!と大きな音を立て、たけしくんは手を合わせる。


「俺に勉強を教えてくれ!!次のテストで悪い点とると、母ちゃんに何言われるかわからないんだ!!」


たけしくんは必死な様子で私にテスト勉強を教えて欲しいと頼んできましたが、放課後は公園へ昆虫探しに行く予定なのですが…


「なぁ!ひろし!!お願いだ!!」

「…!?」


たけしくんがぎゅっと私の手を握る。断ろうとしたのですが、その必死な姿と、強く握る掌の暖かさに、断ってはいけない気がして、私は「仕方がないですね。」と、眼鏡に人差し指と中指を添え、頷いた。


「ホントか!?サンキュー!!!!」


長い下まつ毛と、少し垂れているのが特徴的な瞳がキラキラと輝いている。
感情が素直に面に出る彼の反応は、見ていて楽しかった。



「ひろしも大変ねぇー。」

「悪いけど、今日は用があるから、オレは先に帰るぞ。」

「じゃぁ、私は卓郎と帰る!!」



私とたけしくんとのやり取りを、近くで見ていた卓郎くんと美香さん。

たけしくんを小馬鹿にしているところもあり、呆れた面持ちで見ていた美香さんですが、卓郎くんが口を開けば、たちまちその顔は嬉しそうに変わる。


美香さんは相変わらず、卓郎くん一筋ですね。






いつものやりとり、いつもの時間が緩やかに過ぎて行く。




そして放課後。



テストが近くなってきたこともあり、みなさん足早に下校していく中、私は約束通り、たけしくんに勉強を教えていた。
















気がつけば教室にはたけしくんと二人きりになっていた。





唸り声を上げながら、私が出した計算式を懸命に解いてる姿に、私は口元を緩めた。




「うぅ〜…脳味噌野郎の問題がわからなすぎて、俺の脳味噌が爆発しそう…」


「たけしくんが勉強苦手なのは知っていましたが、まさかここまでとゎ…」


「悪かったな!!。゚(゚^Д^゚)゚。」


「いいですか?この問題は、この数式を当てはめて…これをこうして、こうするんです。」


「おぉーー!!!さすが脳味噌野郎!今の説明なら、俺でも理解できたぜ!!」




教科書に書いてある数式を指で差しながら、できるだけわかりやすく解き方を説明しつつ、数式を解いて見せると、たけしくんが両手を天に突き伸ばして大きな声を張り上げる。



「……フフ」




たけしくんの嬉しそうな姿を見て、思わず笑みを溢してしまう。




そんな私を、たけしくんが大きな瞳でじっと見つめてくる。






「どうしました?私の顔に何かついてますか?」







「いや、ひろしもそんな風に笑うんだなってさ。俺さ、お前のことさ、正直最初はイケスかねぇ野郎だなって、思ってたよ。ジェイルハウスで、お前に助けられて、お前と行動して、いろんなお前の姿を見てく内に、今までお前のことを知らなかっただけだったんだなって思ったよ。あの時は、ホントに助かった。感謝してるぜ!」





突然の言葉に、私も驚きを隠せなかった。すると、当然自分の言葉が恥ずかしくなったのか、たけしくんは椅子から立ち上がり、鼻の下を人差し指で擦りながら、頬を染めた

窓から差し込む夕日がその姿を照らし出し、私の目にはたけしくんのその姿がとても愛おしく映った。





「ひろし?」










普通ではない胸の鼓動の高鳴りと、抑えきれない衝動に駆られるまま、私は彼に近づき、その小柄な身体を抱き締めた。


















「ひろ…し?おい、何して…」






見ると、先程よりも真っ赤な顔をして、私の顔を見上げるたけしくんは、とても動揺してはいたが、密着した身体から伝わってきた彼の鼓動は、私と同じく、とてもドキドキと早く音を立てていたし、何より彼は私の腕から逃れようとはしなかったので、私はどこかで期待をしていた。私がたけしくんに感じているこの感情と、同じものがたけしくんの中にあるんじゃないかと、そして私はこの時もう気付いていた。私がたけしくんに対してだけ感じるこの特別な感情の答えを。






「たけしくん、すみません。私は君のことが好きみたいです。」



「す…き?……えぇ!?だって!!俺、男だし!!ってか、なんで俺…なんだよ?」




あたふたとする可愛らしい姿に、私はもう我慢の限界でした。







「すみません。」





そう一言だけ呟き、あわてふためいて開きっぱなしになってる口に、私の唇を重ねた。



「…んんっ…///」



突然の出来事に、小さく声を漏らし、私の背中に手を回す。ぎゅっと力強く服を握り締めているが、やはり突き離そうとはしない。
やがて息が苦しくなったのか、塞がれた口を小さく開く、私はその隙間に舌を滑り込ませ、たけしくんの舌に絡める。



「んんっ!?……んん!!ふっ///」


口内を犯され、腰の力が抜けたのか、私の服を握っているたけしくんの手から、力が抜ける。
私はそのままたけしくんを机の上に、押し倒し、塞いでた唇をそっと解放する。




唾液をだらしなく溢した唇からは、ハァハァと甘い吐息を漏らし、瞳には涙を浮かべているその姿は、とても扇情的だった。



欲を言ってしまえば、このままたけしくんを自分の物にしたかった。繋がってしまいたかったのですが、いつものように冷静になり、考えてみたら、ここは学校。みんな下校したとはいえ、時刻はもう17時。そろそろ先生が教室を見回りに来るかもしれない。



それはまずい。




私は息を整えているたけしくんに、手を伸ばした。





「たけしくん、突然すみませんでした。ですが、私は君をこういう目でみています。なぜ君なのか、それは私にもわかりませんが、気が付いたら私は君を好きになってました。」



「…////。さんきゅ。」






たけしくんは恥ずかしさで私とは目を合わせなかったが、真っ赤な顔をしながら、小さく呟き、私の手を握り、立ち上がった。




「勉強は、これ以上は無理でしょうし、今は私と一緒にいるのも気まずいでしょう?そろそろ帰りましょうか。」



「おう…。」







教科書やノート、押し倒した拍子に動いてしまった机などを片付け、私たちは教室を後にした。





その後は、一言もお互い喋らず、下駄箱で靴に履き替え、その沈黙が続くまま、二人は縦列に並んで歩いた。



そして、校門を後にしたところで、私は口を開く。





「たけしくん、今日はホントにすみませんでした。ですが、ホントはあのまま、私は君とセックスしたかった。」


「…な!!ひろしお前!!なにいって!!」



それまで黙ってた、たけしくんも驚いて声をあげる。




「なぜ、君は私のことを突き放さなかったのです?何故、私のキスを受け入れたのですか?」




「そ…そんなん…知らねぇよ。」




たけしくんは罰が悪そうに、俯いてごにょごにょと小さな声で濁す。



「少し、考えてみてくださいね。」





最後に一言告げ、私はたけしくんと別れ、自分の家に向かい、歩き出した。











































ですが…







あの反応………。クスッ。












「脈ありかもしれませんね。」


















それは、甘い甘い?








放課後の出来事。







































  
いやぁ、文才なくてすみません(´・ω・`; )


いつか同人誌として描きたいなぁ〜と、思いつつ描けないので、もう小説っぽくしました。

続編もあるかも?


.






























ときどき。



時々思うの。



いつまで私は、こうしていられるのかな?って。



いつまで私は私でいられるのだろう?


いつ私はこの世から消えるのだろう?




時々思うの。


愛しの貴方は、私より先に旅立つのかなって。


私より先に旅たつのが怖いの。


この先ずっと、一緒にいられたらいいのに。


ねぇ?旅立つ時は、一緒がいいね。




時々思うの。


どうして私は私なのだろう?って。


私の気持ちは私しかわからない。でもね、


貴方の気持ちは貴方にしかわからない。


魂って不思議でしょ?命って不思議だね。




時々思うの。


君はいつまで私の隣で眠ってくれるのかな?って。


幸せそうに寝息を発てる愛らしい姿。


君が大きくなってもずっと見ていたい。


私の背中に顔を埋めて、離れれば追い掛けてくる。


いつか、離れていく君を、私が追い掛けたくなる日がやってくるのかしら?




そんなことを、時々思うの。



家族って幸せだね。




一緒にいるだけでこんなに幸せになる。



なにもしなくて良い。



側にいるだけで、心が落ち着くの。




笑い合うだけで、とても暖かい気持ちになるの。





だけどね、時々思ってしまうの。



いつかくる別れの時が怖いって。



私が家族で一番に死ねたらって。



無責任なことを思ってしまうの。ごめんなさい。






ときどきね、時々だけど思うのよ。





貴方と出会えてよかった。




産まれてきてくれたのが、君でよかった。




私が私でよかった。



ぜんぶぜんぶ、貴方たちがくれた大事な気持ち。




ありがとうありがとう。












.












君の手、僕の手。




君の手は小さい。



産まれた時は、もっと小さかったけど。










3歳になった今も、まだ小さい。



それは僕の一回りも、二回りも。



小さくて、柔らかくて、暖かい。











こんなに小さいのに、



僕の手を握り返す。



こんなに小さいのに、


握り返すその温もりは



何よりも暖かくて、優しくて。



僕に幸福を与えてくれる。



君は小さいけど、君の存在は大きくて。



僕を見上げるその視線が、


不思議と同じくらいの高さに感じるよ。















そんな君だけど、











いつかは僕の手よりも大きくなって、






僕の手を握る側になる日が来るんだろうね。















そんな頃、





君は、









僕の手を握り返してくれるかい?









もしかしたら、照れ臭くて、




振りほどかれてしまうかもしれないね。










どうか、君が僕の手を握ってくれなくなるくらい、大きくなるその日までは…










僕が君の手をぎゅっと握っていいかい?












夕日に包まれて、





延びる影と、











響く笑い声を聞きながら、










そんなことを考えて、











僕の世界がほんの少し…











じわりと滲んだ。
















.
前の記事へ 次の記事へ