エラー(ひろ→たけ風味ss)




「…さむい。」



今年の冬はやけに冷える。


そんなことを霞がかった脳で考えながら、


一人きりの部屋で壁にもたれ掛かり、ベッドに腰を下ろす。


何もやる気など起きぬまま、チクタクと秒針が動く音を聞いている。



そのまま何もしないでぼんやりしていると、

学校帰りなのでしょう、子どもたちの元気な声が外から聞こえてくる。



ふと時計に目をやると、


いつの間にか14時を回っていた。


何もしていなくても時間は過ぎるもの。
そんなの当たり前のことなのに、今は何故かそれが酷く苦しく感じる。

























『ひろし!こっちこっち!!』






脳に聞こえてくるよく知っているはずのその声に、思わずベッドから勢い良く立ち上がり、窓から外を覗いた。



だがそこに声の主はいるはずもなく、下校中の小学生がふざけ合っているだけだった。



そう、それもそのハズです。




だって、声の主は…半年前に首を吊って●んだのですから…。




私は深く息を吐くと、その場に座り込んだ。



どこから間違えた?


私の選択は一体どこから?どうすれば君が●なずにすんだ?




どうすれば君が笑える未来があった?










どうすれば…君は私の隣にいてくれた?





脳味噌野郎。君が私をそう呼んでいたが、私の自慢の脳味噌は、君がいなくなってから壊れてしまったようです。
ですが、私はそれを治すための方法がわかりません。



どうしたらいい?










どうしたらこの苦しみから解放される?





君がいないだけなのに、私は何故…こんなに悲しい?






















『ひろし!』





















そうか。



今年の冬がやけに寒く感じるのは、










君の暖かい笑顔と声を知ってしまったから…。






























『こっちこっち!』









あぁ、臆病な君が私を呼んでいる。






あの日救えなかった笑顔を、今度こそ私は守れますか?
























私は…
















「たけしくん。今、会いに行きますよ。」



















君の隣で生きていたい。

















あんなに興味なんてなかったはずなのに、










今では…君が隣にいなければ、

私は上手に息をすることもできやしない。


























例えるならエラーを起こした機械のように、





      










最後に見た君の顔が、脳味噌から離れなかった。



























.

初体験ってどんなもん?B(ひろたけss※エロ注意)

この先、生温いですが過激な表現が含まれています。 エログロ大丈夫な方、18歳より上の方、passを打って、進んでください。 passは必読に書いてあります。 ↓ ↓ ↓ .

後悔。@(青鬼(直樹)×たけし)




卓郎くんに呼ばれ、美香ちゃんと一緒にジェイルハウスへ来た。(脳味噌野郎もいる。)




肝試しなんてするんじゃなかった…。






オレはいつだって後悔ばかりだ。




今回のことも、




今……





容赦なくオレを犯している、青い怪物の肩に乗って
満足そうな笑みを浮かべてる直樹…





お前のことも。










全て臆病で、なんもできないオレのせいだ。











































このジェイルハウスへ入るやいなや、聞こえてくる大きな足音、うめき声…

この館には絶対何かいる!


なんて、オレが騒いだところで



卓郎くんも美香ちゃんも、オレを小馬鹿にした表情を浮かべ、信用せずにスタスタと先を歩いて行き、いつの間にかどこかへ見失ってしまったし、脳味噌野郎は館へ入ってすぐ、飾ってある装飾品を見たり、絵画を見たりしながら、どこかへ行っちまった。





一人になったオレは恐怖でガタガタと震える足で、必死に館を歩き回った。


そんなとき、オレは遭遇しちまった。



ブルーベリー色をしていて、左右非対称の大きくて真っ黒な瞳をギョロつかせた…大きな怪物に。




「…ひぃっ!!?」




情けない声が漏れるけど、なんとか叫び声をあげるのだけは押さえた。大声をあげたらオレの存在に気付いちまう!!!



オレは必死に逃げた。震える足で何度も転びそうになりながら、

子ども部屋らしき部屋の中にあるクローゼットの中に隠れた。




「はぁ…はぁ……なんなんだよ…あの化け物!?なんなんだよこの洋館はよぉ!?……肝試しなんて…くるんじゃなかった。」



何者かの気配がクローゼットの外にある…



その計り知れない重苦しい空気から、その気配の正体が、先ほどの化け物の物だって、オレでもすぐにわかった。




『化け物が…すぐ外にいる!!』




オレは耐えきれない恐怖心から大粒の涙と汗と涎で、ぐちゃぐちゃになった顔を腕に埋め、小さく丸くなりながら、只只願った。




『頼む!!早く…どこかへ!行ってくれ!!!神様…』







だが、願いは虚しく、クローゼットがゆっくりと開いたその先には…








「やぁ、たけしくん」








激しく憎悪で歪んだ、元クラスメイトの直樹と…




ブルーベリー色の怪物の大きな顔があった…。










「直…樹。」









あぁ…これはきっと、

友達だった直樹が卓郎にいじめられてるのを、心の中では止めたいと思いつつ、結局卓郎に逆らう勇気はなく、一緒になって直樹を嘲笑っていたオレへの罰に違いない。








































あまり文字数が多くなると、
重くなってしまうので、こっちのssも数ページに分けます!ってか、書いてる途中のもあるのに、新しいの書くなってね(´д`ι)

どうしても書きたくて書いちゃった(*´ω`)


設定は小説版ですね!


.












初体験ってどんなもん?A(ひろたけss※微エロ注意)

この先、生温いですが過激な表現が含まれています。 エログロ大丈夫な方、18歳より上の方、passを打って、進んでください。 passは必読に書いてあります。 ↓ ↓ ↓ .

初体験ってどんなもん?@(ひろたけss※少し注意)




それは学校の帰り道、

たけしの一言から始まったことだった。


「なぁ、ひろし?オレたちさ、その…付き合ってるじゃん?ひろしは…さぁ…」

「???」











「オレと『したい』って思ってる?」


思いもよらぬ衝撃の一言に、さすがのひろしも驚いた。


「たけしくん!?突然ですね。」

「付き合うってさ、そういうことだろ。」


ひろしは辺りを見回す。幸いここは人通りも少ない道で、今ここにいるのは自分達だけであることを確認する。


「たけしくん。ここは外ですので手短にいいますが、私は君に興味を持つ前は、人間には興味はありませんでした。つまり、恋愛感情を抱いたこともありません。なので、初めて誰かを好きになった私に、性行をしたいかどうかなど、到底わからない話ですが、男性同士の性行に興味がないというと嘘になります。たけしくんはどうなのです?」


ひろしはたけしの耳に顔を近付け、小声でこぼす。



「オレは…相手が女の子ならさ、そりゃぁオレだって男だし、したいと思うさ。でもさ、オレたち男同士だろ!?たまにはエロ動画とかも見たりするけど、男同士なんて見たことないし、その…どうやってするかわからないし…」



恥ずかしそうに俯きながら、ゴニョゴニョと話すたけし。その頬が赤く染まっているのを見ると、愛しくて胸の奥がキュンと熱くなるのを感じる。
「わからない」とは言うものの、「したくない」とは言わない様子を見ると、恐らくたけしも興味はあるに違いないとひろしは読み、そっと耳元で囁く。


「今週の土曜日、家に来ます?」


ひろしの家は両親共働きで、ほとんどひろし一人。そんな家に、今の話の流れの後で休日、恋人である自分を招き入れようとする理由を、鈍いたけしでも十分に理解していた。


「それってさ…その…するってことだろ?」


「そうです。私も君も、男同士のセックスに興味があり、私は君をとても愛おしく思っています。それなら、一度セックスしてみませんか?」


「な!セックスセックスって!恥ずかしいことを!!////」


「いやですか?」



たけしもひろしを好きだったし、ひろしの言う通り、興味だってある。それに、いやですか?と聞いて来られると、断わりにくいのもあり、頬を赤らめながら、たけしはそっと「嫌じゃない。」と呟いた。





「それでは土曜日の午後、私の家へ来てください。楽しみに待っていますよ?」




途中から帰り道が違うため、にっこりと微笑みを浮かべて、ひろしはたけしに手を振った。



好きな人と初めての性行の約束をするのも変な感じだし、楽しみなような?そうでもないような、なんだかそわそわとしたまま、残りの曜日を過ごした。


そして約束の土曜日…









午後一時、たけしはひろしの家へと足を運んだ。























うふふ(  ̄▽ ̄)

タイトル通り、ずっと書きたかった!
二人の初体験のssになります!

長くなりそうなので、ブログでは数回に分けます!
今回は腐向けでゎあるけど、過激ではないのでパス制ではありませんが、次回はパス制になると思いますので、注意!まぁ、次回がいつ書けるかわかりませんが、早目に書きたい!


そういう年頃だしね?
性的なことに興味あるんですよ!

でも、たけしは男同士ができるのか!?どうやってするのか!?知らない模様!!

はて!?どうなるどうなる!?

待て次回!!!(笑)

.
前の記事へ 次の記事へ