今月は電子工作出たからもうパソコン教室は出るつもり無かったんだけど月曜から落ち込みと希死念慮が強くこれじゃだめだと急遽パソコン教室に出てきました。

外の普通の世界に出るとその時だけでも自分の過去や今の状況を忘れてその事に没頭できるから、自分が普通の人に紛れられるから楽で少しだけ救われる。

プログラミングは難しいですけどそれで動いたりするとすごく楽しい。

私こんなこと得意なんだって30も過ぎて意外な発見がある。

今日は出れて良かったです。

14歳の頃からドロップアウトしてしまい病院には通院してましたが適切な診断ができる医者に会えなかったり適切な治療もできる病院も見つからずえらく遠回りしてしまって、それにより自分の考えも固執してしまったり誰も分かってくれないと前もって諦めてしまったりと癖がついてしまってて、それと30過ぎてから尚、何も未来に期待ができない、体力が持たなくなり自分の心の波にも疲れ果てていつか自殺してしまうのでは無いかと不安になってしまいます。

ただやっと適切な治療を受けさせてもらえる病院が見つかり、そこでは自分の症状、考え方を話しても否定されずむしろ分かってもらえて、もっと早く出会えれば良かったと思いました。

ただ長年生きてきて記憶が飛んだりしてたので自分がその病気だと言うことも気づけなくてでも少なくとも中学の頃には知らない人なのに知り合いらしく声かけられたりと、謎も多かったのですがあまり気に止めてなかったから見過ごされてたりとなかなか多分自分でも自分の異変気づけないんだよね。

だけど多分30とか過ぎてきて遅すぎるけどそれだけ年月経つからやっと自分の過去を解放でき受け止められるようになっていくんだろう。

ただこの頃本当に思うけどよくこれだけの長い年月の記憶抑圧してきたんだなってすごくびっくりしててこれだもの頭痛に小さい頃から悩まさせるわ、めまいはするわと当たり前だよな。って思う。

人間は生き延びる為に誰しもがなりゆる事らしいけど、人間ってやばいね。

頑張れるか分からないけど…やってくのかな

拍手ありがとうございます。