スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

参戦予定(10/23)

…参戦決定!
…チケット未確保
…悩みちゅう

LIVE
 スペシャ列伝BIG 08
 10/26 @SHIBUYA-AX

LIVE
 9mm Parabellum Bullet×フジファブリック
 11/02 @桜美林大学

LIVE
 フジファブリック×髭
 11/12 @Zepp Tokyo

LIVE
 フジファブリック×髭
 11/14 @Zepp Osaka

LIVE
 フジファブリック×髭
 11/15 @ダイヤモンドホール

LIVE
 ASIAN KUNG-FU GENERATION
 11/18 @新宿LOFT

LIVE
 ASIAN KUNG-FU GENERATION
 12/12 @日本武道館

LIVE
 ASIAN KUNG-FU GENERATION
 03/05 @鎌倉芸術館大ホール
continue...

VAMPIRE EMPIRE Tour 08/09 @窓枠

2090201

※アスパラガスはすみません、探したんですけどセトリが有りませんでした。見つけた方は教えてやってください。アスパラのこと全く知らないんです。


所々箇条書進行

・アスパラガスのターン
・私はしのっぴ側最前列にいました
・スピーカーの目の前にいたので、しのっぴチラリズムだわ鼓膜崩壊だわで大変でした
・4曲くらいぶっ続けでやったあと、アットホームなMC

・しのっぴ「どんなバンドかと思ったでしょう?最初っからこんなアコースティックなんて持って弾きはじめるもんだから、どんな静かな曲やるのかと思ったらね。意外に激しくてね」
・しのっぴ「しかも途中からエレキに持ち替えちゃったりして」

・まったり

・しのっぴ「キューミリパラベラの皆さんとは、会釈する関係だったんですよ。よくあるじゃないですか、楽屋とかで会ったら『ういーす』みたいな」

・MCうろ覚えサーセン

・しのっぴ「その会釈する関係から、昨日今日とライブさせてもらってだんだん距離が縮まってきたんですけど、…また会釈する関係に戻っちゃいますね」
・しのっぴ「まいっか!」
・いいのかよ!という客からの総ツッコミ

・しのっぴ「この流れで僕らのライブは終わりなんですけど」
・客「えーっ!」
・しのっぴ「あと4曲やります」
と、そのまま曲やってライブが終わる、はずだったんですが、

なんか知らないですけど最後の最後に 何 故 か 滝 登 場

ベースアンプの後ろから顔を出して一緒に歌ってますwwwwwしかも途中から正座wwwしのっぴをガン見www滝さん素敵ですwwwww

なんかなーって感じですが、この瞬間が一番たっきたきにされた瞬間でした( ^ω^ )

そして曲が終わったと同時に舞台袖に消えて行き、ライブが終了
たっきたきにされた私は暗転中頭が狂ってました。ええ、そりゃあもう。

    ***

・ミリミリのターン

ぶっちゃけ滝の技を盗んでやろうと思ったので滝の手元しか見てないです。滝:7、そのほかそれぞれ一割ずつみたいな。…すみません。←

01.Wonderland
02.悪いクスリ
03.We are Innocent
04.Trigger
05.Keyword
06.Hide&seek
07.(teenage)Disastar
08.Living Dying Message
09.morvelous
10.Talking Machine
11.Punishment
12.The World

en1.Discommunication
en2.Vampiregirl

(スペル間違ってたらスミry)

今回、お客さんがあんまりよろしくなかったみたいで、
滝が前にいってお客さんを煽ってたときに、客が滝のギターを触りまくって一回演奏が止まりました。たしかトーキングマシーンの時。
でも滝触ってくるお客さんの腕叩いてましたwwwww4回wwwwwww意外にナイスコンビかm(ry

菅原のMCは、えっと、いつも通りな雰囲気です。←

(曲が終わっていきなり)
菅原「ヘドバンは……首にすごい負担がかかるよ」

巻き弦で太い音を出す滝

菅原「……ふふ。ヘドバンっぽい音?」
滝「(大きく頷いて)ヘドバンっぽい音」

仲良さそうで何よりです。←

別にその時呆然と成り行きを見守ってた和彦がかわいいだなんて思ってません。←


ちなみにアンコールは滝がドラムを叩きました!
かみじょうちひろが前で一人拍手を浴びている中で、いきなり聞こえたドラムの音
びっくりしたかみじょうが振り返るとガーッと口を開けた滝(!)
するといったん袖に消えたはずのメンバーが戻って来て、楽器も疎らに演奏開始
たしかかみじょうちひろ氏ギターでした。滝の。

で、じゃーんってなってライブ終了




最後やっつけ仕事丸見えですみませんwww
機会があったら書き直します。
そんな感じでバンパイアツアーファイナル、楽しかったです。おわり。

あの東名阪と札幌!

2008.06.13

相方は我が愛しの日生ちゃん。←
楽しかったねー!

セットリスト
01.boy
02.学校
03.未完成ライオット
04.夏メロマンティック
05.少年 in the sun
06.天の河にて
07.幽霊
08.雲男

09.旅立ちと少年

10.WARP
11.週末アンセム
12.バタフライングリップス
13.紅色ver.2
14.頭の中のSOS

15.あの透明感と少年

アンコール
16.デイドリームネイション
17.20th Century Lovers Orchestra



----------MC
MCの流れを考えて途中でセットリスト挟んでます
位置はあってるかは微妙なところです(←)すみません。


01.boy

桃「おはようございます、モノブライトです」

というお決まりの挨拶で開始
確か1曲目が終わった辺りで早速桃野さんが休憩挟みました←
モノブライトのライブ初参戦だったので、1曲ごとに休憩挟むのかと本気で焦る私←←

桃「ちょ、ちょっと休憩ww(ペットボトルの水を飲む桃野さん)」
客「イッキ!イッキ!」
桃「ちょww無理だからねwww(またペットボトルの水を飲む桃野さん)」
客「イッキ!イッキ!(巻き起こるイッキコール)」
桃「……………………。僕ね、今まで言わなかったけど、こういうの言われても絶ッッ対やらないから!!!!」
客「笑」

02.学校
03.未完成ライオット

「あのね、僕の初恋の人で〇子ちゃんっていう子がいたんだけどね、それがね、なんかね、かわいいんですよ…。僕は〇子ちゃんが好きでね、付き合うことになったんですけど、なっかなか手、手、手をつなげなくてね。でも3回目のデートの時に手…つないじゃいました〜!!」
「この中に〇子ちゃんいる?」
(前の方のかたが手を挙げました 笑)
「えっ?〇子ちゃん?!!じゃあ〇子ちゃんに捧げます。夏メロマンティック」

04.夏メロマンティック
05.少年 in the sun
06.天の河にて
07.幽霊
08.雲男

桃「僕ですね、北海道の端っこのほうに住んでるんです。で、僕が上京して、といっても札幌なんですけど、お母さんから電話がかかって来るんですよ。ご飯ちゃんと食べてるー?みたいな。で、ある日札幌に台風が上陸したんですね。北海道なんて滅多に台風なんて上陸しないからもうそれはもうパニックなわけですよ!で、僕がもうあまりにもパニックになって、そしたらお母さんが心配になって電話をかけたんですね。『そっち大丈夫?』って。でもよく考えてみれば札幌は北海道の中央で、僕の住んでるところは北海道の端っこだったから台風なんて届かないんですよね(笑)それでお母さんに逆に僕が『大丈夫?』って心配されて……ああ、母親っていいなあと思いましたね。その気持ちで書いたのがこの曲です。聞いてください、旅立ちと少年」

09.旅立ちと少年

桃「じゃあ、そろそろダンスミュージック行きましょうか!!!」

10.WARP
11.週末アンセム
12.バタフライングリップス
13.紅色ver.2
14.頭の中のSOS

確か締めのトークがここらへんで来たと思います。曖昧です、すみません←

桃「それじゃあメンバー紹介!松下!」

といわれてまずまっつんが話始めたんですが、最後の一言以外覚えていません(←)。

松「お前ら無しじゃ生きていけない」

惚れた。

松「ベース、出口」
出「俺、いっつも話長いって怒られるので(笑)今日は短めに。…えっと一人ひとりと話してみたいなーとか、同じ趣味の人がいるのかなぁとか思ったりするんですけど、ちゃんと後ろの人も顔見えてるから。〜中略(笑)〜とにかく!ありがとうございました!………………」
桃「次に回して!名前言って!(たっきーの方を指差す桃野)」
出「あっ!(小声)」
瀧「えー、ドラムの瀧谷です」
出「…………」
客「あーあ!(←でーさんの失敗に気付いたお客さん 笑)」

瀧「(気付かずに話し続けるたっきー。爆萌え。)今日はライブに来て下さってありがとうございました。こんなに沢山の方にきていただいて。元気をもりゃ…」
客「…もりゃ?」
客「もりゃ!」
瀧「(自分のほっぺバチーン)元気を、貰いました!」

桃「これ、忘れてました。実は、皆さん気付いてないだろうけど、この『あの東名阪と札幌!』…、『あの透明感と少年』に掛けてるんですよぉ!!!!(笑)これやんないと終われないよねぇぇ」

15.あの透明感と少年


アンコール
16.デイドリームネイション
17.20th Century Lovers Orchestra


-----------------

ライブが終わったあとも、みんなで帰らず騒いでめちゃくちゃ楽しかった…!!!ハイタッチ!!←
あんなに騒いだのも久しぶり

相方の日生ちゃんも
会場に居たみなさんも
ありがとうございました!!
(日生ちゃんが居なかったらレポ完成しなかったよ!!)

またライブ行きたいですな


以上!

あれ、今回レポ短いな

VALENTINE ROCK

2008.02.14



開場が始まり、中に入ってみると、みんな後ろのほうで見ているのでステージ側がら空き!!!!!
良番だったおかげもあり、前から二列目の右で終始ステージを見れました!
アーティストとの距離は1.5メートルくらい。
岸田さんとは3メートルくらいでした。

死 ね る !!!!!/(^O^)\←


以下、タイムテーブルと様子やMC


---------------------

18:00〜19:00
鹿野 淳(DJ)

鹿野さん「みんなー、みかん食べた?入り口のところに置いてあるんだけど、実はコレ、俺がみんなに食べてもらいたくて自腹で買ってきたんだよね(笑)
去年も400コ買ってきたんだけどすごく余っちゃって、かなり痛い思いをしました(笑)
ほんとにねーこのみかん美味しいんだよ農業(?)には裏作と表作っていうのがあるらしくて、今年は表作ですごくおいしいです
かなり値切ってもらってね。
ここに入るのが、今日は700人の予定です。今年はみかんを500コ買ってきたので、是非みなさん、一人一つくらい取っていって下さい」

こんなMCで始まったバレンタインロック!
ちなみに鹿野さんのMCのおかげで、終演のときに食べようと思っていたみかんがもうありませんでした。笑
食べたかったのに/(^O^)\

22時頃になって、今日はチョコしか食べていないのを思い出してめちゃくちゃお腹が減ったのをよく覚えています←

鹿「それではみなさん、今日は最後まで楽しんでいって下さい」


19:00〜19:30
 sleepy.ab

北海道在住の4人組バンドギターの山内さんは何で座っているかって言うと面積にして一畳分もある多くのエフェクターを踏むため。(鹿野さん情報)

すごいメロディアスでかっこよかったです!
『ネムロ』や『雪中華』などのニューアルバムの曲を中心に歌い上げてくれました。
ゆったりとした綺麗なメロディーでかなりぐっと来た私は、近々CDを買う予定です。←

会場で売ってたワンマンチケット買えばよかった/(^O^)\

3月9日とか…無謀!!!!!


19:30〜20:00
 くるり公開ラジオ・インタヴュー

sleepy.abが終わって少しざわざわしたと思ったらみんなラジオ収録場所側に流れていきました。笑
さすがくるり。強いなー

そして驚いたのが佐藤さんがめちゃくちゃ髪切ってる!!!!!
鹿野さんと同じくらいの長さになってました。
違和感。←


20:00〜20:30
 おとぎ話

一言で例えるならばフォークみたいな音楽を奏でるバンド←
歌詞もなんだかくさくてむず痒くて、それでいて優しいようなイメージを持ちました。

「俺達ね、もうLIQUID ROOM来れないかもしれないからね」
「2000円(アルバム代)…協力してください。笑」
「さっきそこで岸田さんと話して。バンド8年やってるんですーっていったらいくつなの?って聞かれたから26です!って答えたらおっさんやん!って言われました。笑」

などのMCを。
MC多かったなー。笑

ボーカルの有馬さんはすごく楽しそうに歌う人で、こっちまで楽しくなりました。

失礼になるかもしれないんですが、有馬さんって山崎ほうせい(お笑い芸人)に似てませんか?←


20:40〜21:10
 榎本くるみ

強い歌を歌う人だなーと思いました。
歌詞は自身で書いているらしいですね。
女性ボーカルは全然聞かないので新鮮です。

くるみさんと他にはギターさんとピアノさん、途中からバイオリンさんも入って来て綺麗な音色でした

MCは少なめ。
曲紹介とちょろっと説明。
シンプル^^


21:20〜21:50
 岸田 繁

ややややてらやばす!!!!!
岸田さん弾き語りとか!!!!!
何でしょう。私に死ねといっているんでしょうか?
ややややばかった!!

といってもくるりの曲全然知らないので、岸田さんが曲名言ってくれたのと『さよならストレンジャー』しか分かりませんでした…orz
くっそー!何を指しおいてでも予習しておくんだったー!

曲の並び順(多分)↓

1.『赤いりんご飴〜』の曲←
2.『気の抜けたサイダー』?
3.白い恋人/曽我部恵一バンド
4.さよならストレンジャー
5.?
6.ジュビリー


もう本当にごめんなさい…!
かなり感動しててこんなもんしかわかりませんでした…!!
記憶が曖昧!!!!!

MCは岸田さんが曲と曲の間にボソッと「あー、煙草
吸いたくなってきた」とかつぶやいてみたり(笑)
曲が終わって拍手の後に必ず「ありがとう」(関西風)って言ってくれたり(←激萌え)

岸「さて…。まだ何やろうか決めてないんやけど…何がいい?」
客「…」
岸「オリジナルとカバーどっちがいい?」
客「カバーがいい!」
客「オリジナル!」
岸「カバーはレアやで?」
客「カバー!」
客「カバー!」
客「アニソンやってー!」
岸「俺の〜」
客(大爆笑)
岸「結構じゃかじゃかした曲かしっぽりした曲どっちがいい?あーでもなー、次の曽我部バンドでレスポールぎゅいーんなるからなー」
客「笑」


4・5曲目で岸田さんがハーモニカつけての演奏だったんですが

岸「せっかくハーモニカつけたのに、間奏でちょっとしか吹かないんかい!みたいなな」

などのツッコミもこなし←

岸「次、なにやろーか」
客「新曲やってー!」
岸「絶対いや(笑)」
客「笑」(←期待の眼差し)
岸「……イントロだけやろうか」

やさしい!!!!!
岸田さんやさしい!!!!!
後藤さんだったら絶対やってくれないよ!←

そしてイントロが終わり

岸「みたいなな!こん次に極上のAメロが乗っかってな。」
客「Aメロもやってー!」
岸「いや(笑)」
客「笑」(←期待の眼差し)
岸「……最初にDが来てそん次にG〜(以後続く)〜となる。」
客「笑」

岸田さんやさしい!!!!!
やっばい、惚れ直した!!!!!


そして最後に

岸「次に、くるりの曲で『ジュビリー』というのを。弾き語りでやるという暴挙に出ます」
客「笑」
岸「あー、やっぱり佐藤くんにベース持ってきてもらって弾いてもらうんやったわ。みんな、佐藤くんの
心のベースを(笑)思い出して聞いてください」

といって弾いたらライブは終了。

ライブが終わったときに岸田さんがまたチョコ貰ってたんですが、ものっすごい嬉しそうでした。笑


22:05〜22:45
 曽我部恵一バンド

このライブ始めてのモッシュ、ダイブ現象!!!!!
初めて聞いたんですがめちゃくちゃおもしろい!
さいしょっからテンションが高くて、ギターさんが私の近くにダイブしてきたので(笑)ちょっくら触ってやりました←
もうめちゃくちゃファンです!!

MCでは
「岸田さんの『白い恋人』よかったねー!俺達より良かったんじゃない?」

など言っていました!笑

ギターさんが観客を盛り上げようとして手を挙げたときに見えるワキ毛に爆笑。←

これぞライブ!
たのしかったー!

しかしながら田舎にすんでいる私は終電がやばかったので無念の途中退出…!!!!!

くっそー!春は行けないけど冬のツアーに行ってやるー!




本当に楽しい一日でした!
テスト中にも関わらず行ってよかった…!!←

本当に本当に楽しかったのでなるべく細かく書きたくてすごく長くなってしまいました…すみません!
(でも全部で5000字無いです)

関わってくださったすべての人に感謝!

本っ当ーーーーにありがとうございました!!!!!

セプテンバーまだじゃん。3

05.有心論
06.遠恋
07.指切りげんまん
08.トレモロ
09.05410-(ん)

 MC
野「みんなまだまだいけるー?」

会場「イエーイ」

「……今、ここには何千人もの 人が来てるんだけど…… まだ信じられません。俺達はこの横浜アリーナで 出会ったんだけど… 大学のバンドの大会でね。その時はみんな別々の バンド組んでて…、一緒に歌うなんて思ってなかったし、ましてやまた此処、横浜アリーナで歌うことになるなんて…夢みたいです」

「今回は、一年に一度のお祭りということでね。昔の曲もー、やっていこうと思います」

10.愛し
11.ノットビコーズ

 MC
野「…重大なお知らせがあります。………今年をもって、ラッドウインプス…解散します。……………」

会場「…えー!?!?」
「やめないで!!!」
「やだぁ!!!」

野「……なんつって!!!」

12.なんつって


〜曲中の小話大会〜

桑「いやね、嫌いやないんよ、君の歌。でももっと言い方とか無いのかなぁ?……………」

野「…なんか話す事ある?」

桑「あ、あるある。俺さ、16日からヌいてねぇんだ。宣言しちゃって。だから何時出るか(?)…」

野「あ、ギターで隠してる感じ?笑」
(リーダーの股間を指差す)

桑「…親とかいるから(あんまり下品なことは話さないで)……」
 (恥じるリーダー。萌え)

野「親とか…(爆笑)…………とか言われちゃったりなんかしてー!!!」

13.俺色スカイ
14.イーディーピー〜飛んで火に入る夏の君〜
15.4645
16.最大公約数
17.いいんですか?

 MC
野「えー、次の曲は、俺達のデビューシングルにもなった曲です」
会場「おおぉー!!!」

野「この曲俺、すごく好きです。…好き……、全部の曲好きだけど」

18.25コ目の染色体

 MC
野「悲しいことに、これで最後の曲となりました」

会場「えー!?」
「早い!!!」

野「そんな事言ったってさぁ、終わりは来るんだよ。俺だってもっとやりたいよ?」

「このライブをやるに当たって、四百何十人というスタッフさんが働いてくれてんのね。特に照明さんなんて徹夜です。多分今頃寝てるよ。……起きてますかー?」

(舞台の照明が消える)

野「多分いま、カクッ!ってなってたよね(笑」
「それじゃあ聞いてください。『祈跡』」


19.祈跡


アンコール

野「アンコールどうもありがとう!」

「アコースティックで何曲かやるんで、聴いてください」


20.バイ・マイ・サイ

曲中に桑田さんがエレキ、佐藤さんが(名前分からない)太鼓、武田さんがチェロを持って登場。

野「今日はね。みんなの歌声を聞いてもらおうと思って」
会場「おおぉぉぉ」

野「みんなね、すっげぇ音痴だけど、一生懸命歌ってるから!間違っても『こいつ、下手だなぁ』とか言っちゃダメだからね」


21.おっぱい

 MC
野「かっこいいね。CD出す?」

会場「出してー!」

桑「ナントカ法に引っ掛かるでしょ」

野「…ナントカ法……(笑)。実はこの曲、デビュー前に一万枚限定で発売されたCDに収録された曲なんですね」

会場「持ってるー!」

野「持ってるんだ(笑)」

「武田くん?」

武「ハイッ!」

野「返事がいいねぇ」

(武田、敬礼?)

野「今日、一度も喋ってないですけれども。なんかありますか?」

(結局、グダグダして終わった。笑)

野「こんな曲じゃ終われないんで(笑)、もう一曲」


22.ラバボー

味噌汁S

野「どうもー!味噌汁Sでーす!今日はラッドが横浜でライブするって聞いたんで、来ちゃいましたぁ」


23.ジェニファー山田さん



アンコール

野「いい加減、こういう(味噌汁Sみたいな)小芝居飽きた?笑」

「リーダー、何かありますか?」

桑「うーんと、さっき野田が話してた、『何千人も人がいるのが信じられない』ってやつ。俺も確かにそうなんだけど、確かにちゃんと居て。俺も大学のバンド大会で、こいつらと歌うなんて思ってなかったし。でも、こいつらの曲、ホントいい曲だなぁとか思ったりして」

「みんな今日はどうもありがとう!!!」

24.ヒキコモリロリン
25.ふたりごと 〜一生に一度のワープver.〜
26.もしも







という具合にライブは終了。

ちなみに、一回目のアンコールでは、みんなが『もしも』の『もしも 本当にもしも 君も僕のこと思ってくれてたら なんて考えてる僕を どうか叱ってやってくれないか』の部分をエンドレスで大合唱。

みんなの団結力に感動しました!

『おっぱい』では段々歌詞がズレて、『おっぱい大好き桑原〜』から、『うなじが大好き武田くん』
野「おっぱい関係ないじゃん」
等のツッコミが入ったり。笑

本当に楽しかったです。


MCはうろ覚えなのであまり信じないで下さい。←
とくに位置とか。

内容…ニュアンスは合ってると思うので、雰囲気を楽しんで下されば幸いです!



関わってくれたすべての人に感謝!
<<prev next>>
カレンダー
<< 2021年07月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー