ルークを連れて帰って、また例のモツ鍋屋に行った。
ルークも吹っ切れたみたいで、今まで食欲無かったって言うのがウソみたいによく食べる。まあ、良かったんだけど…そんなに患ってたんだなあ。その相手に。そういえば山で抱きしめた時、ちょっと痩せたなって思った。想像通りに華奢な体は、俺の腕にすっぽり収まった。人を抱きしめたのが久し振りで、ちょっとドキドキした。相手はルークだってのに。人のぬくもりに触れるのが、こんなにあったかいなんて思ったのも久々だった。

食べ終わって礼を言うルークを、家に誘った。
このまま帰すよりも、もう少し見守っていたい気分になった。
ルークは戸惑いながらも俺の申し出を受けてくれた。ルークの部屋に行くのは慣れたけど、俺の部屋に呼ぶのは初めてだ。
…と考えたらなんだか変に緊張してきた。
どうしたんだ俺?さっきから妙に動揺してないか?かといってこの動揺の正体も分からない。一体、なんだってんだ。

ギンジには悪いけどバイクを借りたままアパートに向かった。部屋に入ってルークを招き入れると、初めての訪問でルークも緊張してるのか、ちょっといつもより表情が硬い。俺の前でそんな硬くなること無いのに。俺はいつでもお前のよりどころでありたいとか、そんな風に思ってる…だなんて、ちょっと照れくさいから言うのやめた。

ルークがシャワーを浴びてる間、布団を用意しようと思ったけど姉さんが来たときの布団をクリーニングに出していたため、来客用のがないことに気がついた。
まあ、しょうがない。一緒に寝るか。ルークだから全然平気だ。

 

ルークと交替で俺もシャワーを浴びてベッドに向かった。布団がないからってルークを隣に寝かせる。隣でちょっと照れたようにしてるルークがかわいくて、風呂上がりで暑かったけど気にせずに寄り添ってやった。山道の運転で疲れてるのか、ベッドに入ったとたんに気だるさが襲ってきた。本当はもう少しルークと喋ってたかったのに。すぐ隣のルークの髪から、風呂上がりのいい匂いがする。それをいうと、俺の香水の話になった。そうか、つけ過ぎは臭いか…じゃあ、もうやめよっかな。ルークに嫌われたくないから。心の中だけで思って終わろうとしたことが、眠さでボケてるのか口をついて出てしまった。
あ、しまった…いうつもりのない事まで言っちまった…。ルーク、なんて思ったかな…?

そう思いながら、眠気には勝てずに意識が離れていった。