スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

R.B.M番外 It's becomes clear

それから3日。

もう何日も経ったように思える。それだけ、俺の頭の中にはギンジさんのことが渦巻いていた。

こんなにも頭から離れないなんて。
確実に俺の中で、ギンジさんは大切な存在になっていたんだ。

…それは、間違いようのない事実らしい。

独りで悩んでいても仕方がない。
…というより、もう限界だ。誰かに聞いてほしかった。


俺は今まで恋愛とかしたこと無くて、こんな風に悩むこともなかった。
だから、ルークの悩む気持も、今まで俺に声をかけてきた女の気持も理解できなかった。

でも、今なら全部分かる気がする。



「ルーク…いるか?」

俺は隣の部屋のルークに助けを求める覚悟をした。


…今から、俺は。


俺の気持ちを認めに行くんだ。


「ん?アッシュ…何?」


普段、俺からルークの部屋に行く事は稀だ。ルークも少し珍しそうに首をかしげている。


とにかく部屋に入れてもらい、ベッドに腰かけた。


机を見ると、教科書に参考書に書きなぐったノート。今まで勉強してましたって感じバリバリの消しゴムのカス。


…お前も、変わったんだな。


好きな人に認めてもらう為に。



ルークはガイさんの事を諦めたって言った。

でも、それは建前だって、痛いほど分かる。


同じ感情を知った今の俺なら。


だが今は、ルークの心配をしてやれるほど俺に余裕はない。
顔に出ているんだろう、ルークの方から聞いてきた。

「…アッシュ、もしかしてギンジさんの事で悩んでるのか?」

流石双子だ。
聞くまでもないってか。

覚悟を決めて答えた。


「…俺、俺自身がどう思ってるのか分からねぇ。」


分からないなんて言うのは嘘。
俺は、この気持の答えを知っている。
なのに分からないふりをして、認めさせてほしいんだ。
ルークに。


「わからねーって、お前。ギンジさんの事が嫌で悩んでるのか?」

「いや…じゃねーよ。」

「じゃあ簡単だろ?男から想い寄せられて嫌じゃなくて悩んでるならスキってことしかねーじゃん」




そーなんだよ。それしかないんだよ。

俺は…


俺も、ギンジさんの事が好きだ。


だから、悩んで迷って、…不安になってるんだ。


暫く答えられずに無言でいたら、ルークが痺れをきらして言ってきた。


「好きなんだろ?ギンジさんの事が。」


「……だって…俺なんか。」

不安だ。喉が乾く。焦る。心の奥がじわじわと疼く。

言葉にしたら、きっと、もっと現実味を帯びて俺にのしかかる。

でも、その不安はもうこの身から漏れ出てしまうくらいに心の中で膨らんでいる。

ついに、勝手に口をついて出てしまった。


「…絶対、…からかわれてるだけだから…。」

「からかわれてる?」

俺の発言を不思議に思ったのか、ルークは身を乗り出して質問を返してきた。

「なんでそう思うんだ?」

「…ギンジさん、この前電話かかってきた時飲んでたみたいでさ。周りは女の声ばっかだし。思い返してみたら、俺といる時もよく女から電話掛ってきてたし…」


ルークは俺の言葉を聞いて少し考え込んだ様子だった。

俺はこの事実が不安で仕方がない。
けど、ルークの第三者的立場で客観的に見たらまた違う答えがあるのだろうか。
おれは、その俺の主観以外の答えをどこかで期待していた。

「そ、そりゃ、ギンジさんモテるから。ガイさんと張るくらいあんなイケメンなんだぜ?かかって来ない方がおかしーって。」

ルークの返答は、少しどもっていて何か隠してるようにも聞こえた。

…そんな答え方されたらますます不安になるじゃねーか…。

やっぱり、みんなでグルになって俺をだましてるのか?
いや、ルークがそんな事するわけねーし。



しばらく沈黙が続いたが、インターホンの音が静寂をかき消した。
ガイさんが来たみたいだ。

俺は不安を抱えたまま、部屋に戻った。



R.B.M番外 Real Emotion

心もとなしってこういうことなんだろうか。
授業も右から左だし、部活も暴投したりエラーしたり。
もちろん監督に葛入れられまくった。当たり前だ。こんな大事な時に。
もうすぐ甲子園だし、授業だって受験なのに耳に入らない。
こんなにも俺の頭の中を占めてるのは、他の誰でもない。

…ギンジさんだ。

あの電話から一週間。
もちろん毎日電話は来る。
今までもそうだったのかもしれない。俺が意識し始めたから気になりだしたのかも知れないけど、たまにギンジさんの近くで女の声がする。通りすがりの女の声じゃない、ギンジさんと一緒にいるって分かるようなカンジ。

こんなこと思いたくないんだけど、最悪の考えが頭ん中渦巻いてどうしようもない。


…おれ、からかわれてる?

本当は彼女が居るとか?
ただでさえモテるんだから、たまには男にでも手ぇ出してみようとかそんなノリ?

嫌な考えばかりが浮かんで来る。そんなことはないと信じたいのに。


でも、待てよ。

それならそれでいいじゃないか。
だって、男と付き合うなんて初めから無理なんだし。
騙されてたのはちょっとシャクに障るけど、これはこれでいいんじゃないか?


…って、思いたい。
思いたいのに。


どうしてこんなにも不安で焦って、心の中がもやもやで。




……そんなはずはない。

確かにギンジさんが真剣そうだったから、初めから突き放すのは可哀相だしちょっと考えてみようとは思ったけど。


俺が…まさか俺が。




時が止まったように思考も停止した。

ここから先を言葉にするのは危険だ。

この感情がリアルに形になってしまうから。





…ルークの事を思い出した。

ルークがガイさんの事を好きだと気付かせたのは俺だ。だって、明らかだったから。

でも、その気持ちを認めた時のルークはどんな思いだったんだろう。


俺は最低だ。弟には堂々と言えた事なのに、自分自身は怖くて踏み込めずにいる。

…だって、今認めてしまったら…


もう後戻り出来ない。
それに、ギンジさんには女が取り巻いていて、俺はただの遊びかもしれない疑惑も浮上中だってのに。


…そうだ、絶対に認めちゃだめだ。


絶対に。

R.B.M番外 くもりぞら

すみません、短冊よりも時間軸が前になります。
-------------

それからも何度かギンジさんに色々な場所へ連れていってもらった。
もちろん、いつもギンジさんの奢りだった。
申し訳ないとは思うものの、気前よく出してくれるし俺は払わなくていいっていうし、何より例えば飯やなんかは高級そうなところばっかで俺に支払い能力はない。
でも、俺的にそんなギンジさんべったりに甘えてるのが嫌で、申し訳なくて、この状況をどうしようかと思い悩んだ結果、何か贈り物をしようという結論にたどり着いた。

 いや、確かに付き合ってるわけでもないのにプレゼントなんて誤解されるかもしれないけど、俺にはこれしか思い浮かばなかった。だがギンジさんは(多分)金持ちだから、欲しいものなんてもう全部持ってるんだろう。ちょっと恥ずかしいけど、悩んだ挙げ句ガイさんに相談することにした。
ルークの授業が終わったのを見計らってガイさんを引き止めた。

「プレゼント?ギンジに?」

「はい…何か欲しいものとか言ってたら教えてほしいんですけど…」


あーーーーなんだこれ。めっちゃテレるし…。

ただのプレゼントじゃねーか!そうは思ってもガイさんの前で赤面が隠せない。やべー、死ぬ。

顔を伏せていたらガイさんがしばらく無言でいたから、ちらっと上を向いてガイさんの反応をまった。
俺よりも随分目線が高い。正直首が辛い。どんだけ身長あるんだこの人…。
ギンジさんもそうだけど、イケメンってやつはなんでこう全てを持ってるんだ。
…うらやましいぜ。

目線が合うと、ガイさんはにっこり微笑みかけてくれた。…と思ったら、とんでもない言葉が出てきた。

「そんなのアッシュ君自身に決まってるだろ?」

「なっ…なんですかそれ!俺、真剣に聞いてるんですよ〜?」

またもや顔が熱くなっていくのが分かる。
あー、めっちゃハズかし。

「だったらギンジ本人に聞いてみなよ。その気持ち自体が嬉しいと思うよ。」

「はあ…」

そりゃ、そうかもしれないけど。俺の求めてる答えじゃないんだよな…。
ま、結局自分で考えろって事か。

ガイさんをルークと見送った後、俺は早速ギンジさんに電話した。
夜の10時。いつもこの時間に電話したことはないけど、大丈夫かな?

何度かのコール音の後に、ギンジさんが電話に出た。

「ん?どうした、アッシュ。さては俺が恋しくなったな〜?」

「え…えっと…」

ギンジさん、明らかにいつものテンションと違う。台詞は変わらないものの、何と言うか…酒でも飲んでるんだろうか。

とか思ってたら、電話から女の声でギンジさんを呼ぶ声がした。回りもザワついててなんだか煩い場所にいるようだ。

「ちょっと待っててな?」

そういうと階段を上る音が聞こえて、やっと受話器の向こうが静かになった。

「煩くてゴメンな。で、どうした?甘えたくなったか〜?」

「え、いや…いつもご馳走になったりしてるから、何かおかえししようと思って何がいいかガイさんに聞いたら直接聞いた方がいいって言われて。」

「ははは!そーか!ガイのやつ、流石俺のこと良く分かってるな〜!」

いつもの軽快なノリでそう言うと、ギンジさんはまた赤面を誘う一言で俺を口説く。

「そりゃ、おまえ自身だよ。……まあ、それは最終目標だけどな。その気持ちだけで嬉しいよ。ありがとうな。」


その後、何分か会話したあと電話を切った。


切った後、何だか変な…心の奥のほうが焼けるような感覚にみまわれた。
俺が気になったのは、電話の向こうの女の声。

別に、ただ飲み会してるだけかもしんねーのに、ただならぬ不安が心を蝕んでいくのが分かる。
俺はギンジさんと付き合ってるわけじゃない。でも。

あの人、俺の事好き…なんだよな?冗談なんかでこんなに良くしてくれたり、何より男に好きだとか言わねーよな?
一体何なんだ、この変なもやもやは。

これは…

 

そう、明らかに嫉妬だ。


この日を堺に、俺の中の感情が確実に変わっていった。

R.B.M番外編 短冊

まだ梅雨の明けきらない鈍よりとした雲の下。
講義が終わって、いつものようにルークの家に向かった。

ルークに惚れてるって気持ちに気付かされて数週間。この空に負けないくらい心に靄のかかった俺。

晴れてアッシュ君と付き合うことになったギンジは俺とは違い、梅雨の湿気も吹き飛ぶような清々しい気分だろう。

なんて思いながら歩いていると、いつのまにかルークの家にたどり着いた。

「ガイさん!今日はちょっと早かったね。」

「ああ、雨降り出しそうだったから急いで来たよ。」

「そっか。あーでももう7時か。日が長くて全然気付かなかった。」

そう言いながら机を片付けるルークの様子を見ていると、見慣れないものが机の上に置いてある事に気が付いた。

「ん?ルーク…それ何?」

何、と言うかどう見ても草だった。
細長い形の背丈の高い雑草が一本、壁に立て掛けられている。

「これ?うん…今日七夕だから。」

「あ、もしかして笹の代わり?」

ルークは恥ずかしいのか正解、と言いながら頬を少し赤らめた。

笹が欲しいなら買ってきてやったものを。少年みたいな発想が何とも弄らしい。
「ま、子供だましだけど…願掛けでもしよっかなって思ってさ。」

「そっか〜。じゃあ俺も何か書こうかな。」

「ガイさんも願掛けするようなことあるの?」

就職も決まってもう安泰なのに、とルークは首を傾げたが、少ししてはっと気づいたように目を見開いた。
「あ…そっか。好きな子と付き合えるようにとか、そっち系?」

「あは、ばれたか。」


そうだよ。


俺のかける願いなんて一つしかない。

ルークを俺のモノにしたい。


ただ、それだけ。


「…と、見せかけて…」

俺はルークから一つ短冊をもらうと、ペンを滑らせた。

ルークが受験を成功するように、と。


「…よし、出来た。」

「なんだー、彼女と付き合えますようにとかじゃないんだ〜?つまんねーの!」

俺の書き上げた短冊を草にくくりながらルークは笑ってそう言った。

「ルークの部屋に俺の個人的な願いなんて書けるわけないだろ。」

引き裂かれた夫婦が、年に一度だけ赦された逢い引きの日。

そんな日にルークと過ごせるだけでうれしい…なんて、いつからこんなにもロマンチスト思考になったんだか。


授業が終わると、俺は一枚短冊をもらって帰った。

帰りのバスの中、揺られながら書いた願い。

『ルークに想いが通じますように』。

バスを降りると、あれだけ雲に覆われていた空が嘘のようにクリアな星空を映していた。

天の川を挟む二つの星が、俺の願いを聞き入れてくれたように、瞬いていた。

R.B.M 番外編 「違和感」

あれから何度かギンジさんと会った。

電話はもちろん毎日かかってきた。会うペースは週イチくらい。

しかし妙な違和感を感じる。

俺、告られたんだよな…?

その割にその話には一切触れて来ないし、返事を求めるような態度も全く感じない。

まるであの告白が嘘だったようだ。

そんなある日。

 


「さー、着いたぜ〜。最近来てなかったから楽しみだぜ♪」

「俺、小坊の時に学校で見学に来て以来ですよ…懐かしいな〜。」

目的地に到着すると、ギンジさんは深呼吸をしてキョロキョロと辺りを見渡した。ただでさえ派手で目立つギンジさんなのに、車がアルファロメオの赤だから更に目立つ。
実家はバイク屋らしいけど、どんだけ金持ちなんだろう。まだ学生なのに…。

到着した場所は、隣町にある航空自衛隊基地の隣の博物館だ。飛行機が何機も展示してある、飛行機マニアにはたまらない場所だ。

入館まえからウキウキしてるギンジさんは、本当に嬉しそうで、そーとー飛行機が好きなんだなと分かる。
中に入り飛行機の歴史やら色々見て、ちょっと疲れたから飲み物買って座って休憩することにした。


「ギンジさんって本当に飛行機好きなんですね。」

「まあな〜。目ぇ輝かせて子供みたいでカワイイって思ってただろ?」

そう言ってニコッと笑うギンジさんに、頬が熱くなるのを感じた。

「ま、まあ…」


…いつも心の中を読まれて、図星でカッコ悪い。
まあ、ちょっと都合良いように解釈されてる感じはするけど。

「俺さ、パイロットになるのが夢だったんだ。あ、ガイには内緒だぞ?夢挫折したなんて知れたらカッコ悪ぃからな。」

「へー、そうだったんですか。ギンジさんがパイロットって似合うなぁ。」

「だろだろ〜?俺ってば何でもサマになって罪だよな〜?」

ギンジさんは自信たっぷりに言うけど、その通りだから全く抵抗を感じない。

「だからさー、俺、自衛隊行こうかって思ってんだよな。アクロバット飛行とかやりてーし。」

「え…自衛隊?」


その言葉を聞いた時、何故か心臓がつきん、と痛んだ。

「そーそー。パイロットはパイロットだし。夢追い掛けるのもいいかなって思うんだよな。俺、お前がプロ目指して頑張ってるのめちゃカッコイイって思うし。そんなとこに益々惚れたし。」

「…!あ、そ、そうなんですか…。」

久々に聞いた愛の言葉ってやつにヤバいくらいに顔が紅潮して、ハズかしくて顔を伏せた。


それから夜、飯食って家に帰り、部屋に入ってベッドに横たわった。

ギンジさんと遊びに行くのは嫌いじゃないし、ギンジさんの事も嫌いじゃないし。でも、なかなか俺の本心が見えてこずに、ずっと心の中でモヤモヤしてる感じだ。
ギンジさんは俺と居るときも色んな人から電話がかかってくる。相手は女が多い。モテるくせに俺に惚れてる意味が益々分からない。もしかして遊ばれてるんじゃないかとさえ思う。
それにしてもさっき、ギンジさんが自衛官になるって言った時に妙な感じになったのはなんだろう?

もう6月だってのに、まだ梅雨入り宣言が出されない空が雲を広げてその宣言を待ち構えているようだ。

何かひとつ決定打があれば、俺だって答えを出せるのに。

「P」とは?
Passion、Positive。情熱を語り明かしたい自己中の現れです。
カレンダー
<< 2021年07月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーページリスト
プロフィール
くろのゆうきさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 12月21日
血液型 AB型