スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

R.B.M番外 好きって気持ち

あれから、関係は変わってない。
ちゅーか、全く進展はない。

そりゃ、あれだけじゃわかんねーだろう。


ギンジの男気に感動した俺は、気持ちを告げる事はまだ到底無理だが、何かルークに対してアピール出来ることはないかと必死で模索し、結果、ルークの首に俺の愛用していたネックレスをかけてやった。
まあ、ちょっと高かったけどそんなのルークをモノに出来るなら問題じゃない。せめてルークを取り巻く奴らに、俺の存在を知らしめる事が出来ればという苦肉の策でしかないんだけどな。告白するにはそれなりのシチュエーションも必要だし。
…まー、告るったってルークにはまだ告ってもいない好きな子がいるんだ。はっきり言って玉砕は目に見えてる。でも、ギンジが勇気をくれた。
思ってるだけじゃ気持ちは伝わらないし、いつまで経ってもこのままだ。だから、何とかしてこの気持ちを伝えないと何も始まらないし終わらない。
気持ちに気付いてもらうためにそれと同じ物を買って着けていったらすぐに気付かれて突っ込まれた。
ルークとおそろいがよかったとそれらしい発言をしたのに、ルークには本当の意味は通じなかったらしく、ふーん、とその一言で終わった。
…ちょっとへこんだけど。


もちろん、このまま引き下がる俺じゃない。何かルークを誘う口実というか材料というか、何かないのか。そんなことばかり考える毎日が、しばらく続いた。そしてある日、何気なくバイト帰りの電車で広告を見上げてたら、今話題の映画の広告が入ってた。
そーだ、これに誘ってみるか…。
バイト終わるのは8時だからレイトショーなら間に合う。時間に合わせてルークに来てもらえば大丈夫だろう。

早速ルークに電話をし、約束を取り付けた。

当日の夜8時15分。ルークはいつもの時計台の下で待ってた。
上映時間までまだあるから、映画館のあるビルで食事済ませることにした。


いつも通りのラグランのTシャツに大きめのジーパンを腰で履いてるルークが、地元で見るのとはちょっと違うような錯覚になるのは、ここがネオンの光のあふれる都会で、少し薄暗いからだろうか。

横断歩道を渡り、目的のビルに到着すると、適当に和食の店に入った。

暗がりの中、間接照明にうっすらと輝く瞳と、透き通るような肌が艶めかしい。


……って、変なこと考えそうになる前にメニューを決めることにした。


「ルーク、何でも好きなもの頼めよ。」

「え〜?何でもいいよ、ガイさんのお勧めで。」

「お勧めっていってもなぁ…じゃあ、適当にこの二人用のコースにするか。」

と張りきったものの、内心思いのほか高価なメニューに心臓が一瞬固まった。
でも、ルークの前で金額で動揺するなんてかっこ悪い真似は出来ない。
平常を装ってルークの胸元に目をやると、見慣れたものがぶら下がってる。

嬉しくなってニヤけてたら、ルークがどうして今から見る映画が見たいのか聞いてきた。
これが見たいって言うよりルークと見たいから。
そう素直に答えると、照れ隠しに不貞腐れるルークがヤバいほど可愛かった。

こりゃ、効果ありかな?

益々嬉しくなってルークの胸元のネックレスを見ていたら、ルークが怪訝に思ったのか照れ隠しの延長なのか、ムスッとした顔で言ってきた。

「…もー、何見てんの?」

何って、ルークの可愛い不貞腐れ顔だよ。
…と、思いながらも素直にネックレスの事を口に出した。

「うん、効果出てるかなって思って。」

「?効果?」

「魔除けの。」


魔除けっていうのが本当の意味での魔除けに捉えていたらしく、少し面食らった。
…ま、まあそんなちょっと天然なところも可愛いんだけどな…。

まだ虫は付いてないみたいだけど、これからも付かないように、俺も同じの買ったし。
…なあ、どこまでやったら気付いてくれるんだ?

ある意味報われない俺のこの努力は、いつまで続くのか。
まあ、いつまでだって続けてやるけどな。

上映の時間が近づき、俺たちは店を出た。


R.B.M番外 「本当の自分」

タクシーに乗って、ギンジさんのマンションまで、二人で帰った。

のってる間は無言だった。でも、心地のいい無言。

よく喋るギンジさんが口を開かないことなんて今までになかった。
それでも、心地が良かった。


色々な事があった。

不安になったり嫌になったり認めたくなかったり。

こんな複雑な気持ちになったのは、生まれて初めてかもしれない。
そして、悩むことの素晴らしさを知ったと思う。
それは、この人のおかげだってことも。


学校からマンションまでは車でせいぜい15分だ。
到着してタクシーから降り、マンションを見上げる。
見上げれば見上げるほど、その高さに圧倒される。

ぼーっと見上げてると、右手に温かさを感じた。

ギンジさんが俺の手を取っている。


「いこか?」


緊張した。


俺がギンジさんを好きと意識してから、初めての訪問だ。

でも、ギンジさんの手が温かくて、自然とその緊張は解れていった。


「眺めはいいんだけどな〜、エレベーターに乗ってる時間がながいんだよな、ここ。」

部屋に入ると、ギンジさんは服を脱ぎ棄て、あっけに取られてる間に裸に近い状態になった。

「ちょ、ちょっと…!」

「アッシュも服脱げよ。風邪ひくぞ?先にシャワー使っていいぜ。」

焦る俺と対照的に、何も動じずに落ち着きはらったギンジさんは、そう言いながら冷蔵庫の扉を開けた。

「タオルと着るモンは用意しとくから。先入りな?」

そう優しく微笑みながら、冷蔵庫から取り出したビールの缶を開けた。


シャワーを浴びて出ると、タオルとTシャツとシャージが置いてあった。
俺より体格のいいギンジさんの私物だから、当然ぶかぶかだった。

ちょっと恥ずかしいけれどバスルームから出ると、ギンジさんが俺の方を見て、疲れてるんだし先寝ててもいいぞ、と言いながら俺と入れ違いでバスルームに入って行った。



俺は正直緊張でガチガチなのに。

こんなにも落ち着いていて、やっぱり大人の余裕を感じる。

正直、疲れていようがこんな状態で眠れるハズがない。

変な想像ばかりが脳を支配して、アドレナリン絶賛分泌中だってのに。


くそ柔らかいソファに座りながらスイッチの入れられたままのテレビを見て、ギンジさんを待った。


シャワーから出てきたギンジさんは、俺を見てまだ寝てねーのかとか言いながら近づいてきた。

やべえ、めっちゃ緊張するんだけど…。


こ、これから大人の世界ってやつなのか?

俺、初めてなんだけど変なことしないかな?

ちゅーか無理!
無理無理〜〜!!!


いやらしい妄想ばかりが膨らんで、自分でも分かるくらいに、顔が真っ赤だ。

目を閉じて変な妄想してたら、ソファにギンジさんの座った重力を感じた。


「疲れすぎで眠れないか?これ、一緒に飲もうぜ?」

「…え?」

俺の隣に座ったギンジさんが手にしていたものは、金色のラベルの付いたシャンパンのボトルだった。
テーブルには、シャンパングラスが二つ。

おもむろにシャンパンのコルクを抜くと、慣れた手つきでグラスにシャンパンを注いでゆく。
ピンク色の液体が、細かい泡を立てながらグラスに踊っていた。

俺に片方のグラスを渡すと、ギンジさんは立ち上がった。
そしてやたらハイテンションに大声を上げた。


「俺とアッシュの遂に結ばれちゃいました★祭り〜〜〜!!!」

「え?え?何!!??」

「俺とアッシュのラブラブな未来を祝って乾杯〜〜!」

そう言ってギンジさんが戸惑う俺の手を取り、グラスを合わせると、カーンと小気味のいい音が鳴り響いた。

「ほら〜、アッシュ、コールコール!!」

「え?コールって何!!??」

「あ、そっか。盛り上げようと思ったけどやっぱやめやめ。俺ホスト辞めたんだった」

どうやらホストクラブの乗りで盛り上げようとしていたらしい。

「さ、今日は無礼講だからぐっと行っちゃえよ〜アッシュ。」

ぐっと行けって言われても、俺未成年なんだけど…。まあ、この乗りは今に始まった事じゃないが。


正直おいしいと思わなかったけど、ギンジさんの用意してるものなんだから安物の訳がない。
なんだかもったいないと思ってしまい、注がれた分を全部飲みきった。

「お〜、やっぱおまえ酒強いんじゃね?これ、飲みなれてなきゃ一発で酔っちまうぞ?」

はは、と笑いながらギンジさんもグラスを口にした。

「そんなに強いの?これ?」

「いや〜、シャンパンは酔いやすいんだよ。甘くて飲みやすいから、つい飲み過ぎてるってのが理由だと思うけどな。」

そのシャンパンもさぞかしギンジさんは飲みなれてるんだろう。
ギンジさんがホストだったという事実が、嫌でも思い出された。

「でも、もうシャンパン飲むことも滅多に無いだろうな…。これさ、アッシュと付き合えた暁に一緒に飲もうと思って買ってあったやつなんだ。だから、これで最後。」

「ギンジさん…。」


俺の為にホストを辞めたギンジさん。

今まで、当たり前だったものを自分から遠ざけるということ。

嬉しくてそこまで考えが及ばなかったが、これって並大抵な事じゃない。
もし、ギンジさんが俺に野球をやめろと言ったら俺は素直に止められるだろうか。

俺は、嬉しい一方、もしかしたら大変な事をしてしまったんじゃないかと、少し不安になった。


「…でもさ。ホストやってた事がアッシュにばれて、よかったと思ってるよ。」

「…?」


その続きが聞きたくて、俺は黙って聞いていた。

「もちろんバレたからこそこうやって今一緒に居るってのもあるけどさ。ホストであったギンジが居たからこそ、今の俺なんだ。今の俺がいるのはホストやってたからだし、やってなかったらアッシュを好きになることもなかったかもしんねぇ。」

「ギンジさん…。」

「もし、ホストだったことがばれずにお前と付き合えたとしても、俺は多分言ってたと思うな。『俺の正体はこんなんだけど、これでも好きで居てくれるか』って。『今まで見てきた俺も、ホストの俺も俺なんだ』って。」


ギンジさんは、見ためも派手で性格も豪快だけど。

こういう、性根が生真面目なところがある。

俺は、このギャップにやられたんだと思う。



…好きだ。


ヤベーくらい好きだ。

俺、この人を好きになったこと、間違ってない。


そう、思った。



結局シャンパンを二人で全部開けた。

もちろん、俺は酔い潰れていつの間にか寝てしまっていた。

ギンジさんの胸の中で。

今まで感じたことのない幸せに包まれながら。
続きを読む

R.B.M 番外  強がりと偽り

どうして、ここに。

今、柳々瀬じゃなかったのか?



突然現れた白いスーツの彼を見て一瞬何事かと思った。

もう会いたくないという思いと、嘘であってほしいという思い、これ以上関わりたくないという思い、もっと近くに来てほしいという思い。
色んな相反する感情が交錯して、わけが分からない。

ていうか、クソガキって何だ?俺の事?

じゃあ、あんたは何なんだよ。

「…何だよ…女ったらし。」


強がって言った一言。

本当は、こんな事か言いたいんじゃないのに。


俺はいつもそうだ。

強がって、本心を言えない。
俺は…

「そーだ。俺はタラシなホストだよ。…ワリぃかよ…臆病者。」




そう吐き捨てると、ギンジさんは部室にあったバットを取り、俺の方を睨んだ。
鷹が獲物を狩るような、鋭い目つきで。

そのあまりの凄みに身が震えた。
そして、図星を突かれて心までもが震える。

そうだ、あの人の言うとおりだ。

でも、強がった心が、またもや本心を隠して口から飛び出す。

「おっ…臆病なんかじゃねーよ!!」





違う、言われた通りだ。俺は臆病者だ。

ルークには強がって兄貴面して、弱いところを見せるのが自分にとっての恥と信じて疑わなかった。
そして、そんな弱みをさらけ出させてしまうギンジさんが怖かった。
なぜか彼の前には、強がりなんて無意味な事になってしまう。

動揺しつつも、ギンジさんから目が離せない。
ゆっくりとこっちに近づきながら、発せられた言葉をぼんやりと聞いた。

「まあ、俺もこの熱血ヤローの事を好きになっちまったからには、俺もそうなるって決めたよ。…ホスト辞めてきた。この携帯ももう必要ねー…」


え?

今…なんて言った?


辞めた?

何を?

え…?今、何した?

携帯…捨てたよな?


そんなことしたら雨で水没して、使い物にならないだろ?
何してるんだ、この人…?
それ、商売道具じゃねーのかよ!?

何それ?俺の為とでも言いたいのかよ?

そんな事されたって…俺はもう。





俺はもう…何だ?

ギンジさんへの思いは忘れた?

…本当に?



ギンジさんの動きを目で追う。ゆっくりとバッターボックスに入る。

何を言うかと思ったら、投球しろと。
お前の球なんて軽く打ってやると。


舐めてる。打てるわけない。

でも、我を忘れて投げた球は、快音と共に消えて行った。




その音と共に、今まで築き上げてきた偽りの城が、ガラガラと音を立てて崩れていった。










…やっぱり、ギンジさんが好きだ。

どんなに隠したって無駄だ。

彼の前では、全てが暴かれてしまう。

だから…そんな彼だから、俺は好きになったんだ。


あの何事にも揺るがない自信たっぷりな彼の前では、いくら強がっても無駄だ。
そしてきっと、俺が気付くより先に、俺の気持ちに気付いていたんだろう。

俺は泣き崩れた。

高3にもなって、こんな人前で。

そして、こんなダサい俺も全て受け入れてくれた、ギンジさん。


携帯まで捨てて、自分の地位も捨てて、スーツも泥だらけにして。
俺が欲しいと言ってくる。
こんな、馬鹿な俺を。


そして、優しく微笑まれて…まるでスローモーションのようにキスされた。

R.B.M 番外 渇望

最近、テレビの特番とか、ドラマとかでも取り上げられることが多い。
だから、奴らがどんな事をして、何が目的なのか、多少の知識はある。
俺の個人的な主観もあるかもしれないし、俺の意見が世間のそれと合致しないのは分かっている。
でも、はっきり言ってあいつらは最低だ。
…ホストってやつは。

自分に集る女をくいもんにして、金を巻き上げてるようにしか見えない。

俺は住む世界が違うから、やつらがどんなことをしようと、どんな人間かさえも関係ないと思っていた。


なのに。



俺は無我夢中で走っていた。

土砂降りの雨の中、傘も忘れて。


一体、自分がどこに向かっているのかわからなかった。
自分自身も、俺の気持ちも。




走り着いた先は、学校だった。

いつも通いなれた道を、無意識に走ってきたらしい。

俺は部長だから、マウンドに入れる鍵を預かっていた。幸い、大切なものだからなくさないように財布に入れてある事を思い出し、いつも球を握っているグラウンドに入った。



俺は野球一筋だった筈だ。

高校生活は、野球を謳歌して終わろうと決めていた。

なのに、俺の弱い意思がその道を脱線した。

これは、その罰なんだ。

…そうだ。そうだよ。

最初から、俺には野球しか無いんだ。


変に恋愛なんて夢見るから、こんな事になったんだ…!!



俺を癒してくれるのは、いつも手の中に納まっているボールだけだ。
その感触を確かめたら、また元の俺に戻れるかもしれない。


俺は倉庫の鍵を開け、ボールの入った籠を取り出し、マウンドに立った。




全てを振り払うために。




全部、俺が悪い。



ギンジさんがホストをやってたって、それは彼の勝手だ。

彼に踊らされるような弱い精神の、俺が悪いんだ…!!




一球、二球。



受け取られることのない球が、フェンスにぶつかっては下に落ちる。

何球投げれば、俺は吹っ切れるんだろう。

分からない。

ただ、分かるのは、吹っ切れるまで投げればいいって事だけだ。


そして、何球か投げた頃。



「アッシューーーー!!!」



聞きなれた弟の声。

俺を懸命に引きとめようと声を張り上げ、近寄ろうとしてきた。


「来るな!!!」


俺は二人を引きとめ、続けた。


どんな言葉を掛けられようと、俺にはこうするしかない。

きっとあいつらは、俺を何とか慰めようと甘い言葉をかけてくるだろう。

だが、そんな言葉は要らない。
もう、終わりにするんだから。

そう、思ってたのに。





心の底で求めていた。

きっと、ここに来てくれると、どこかで思っていた。

あの人の声が聞こえた。


「よー、クソガキ。」


深く、深く響いたその声の主が、まるで眩い光を纏ったように眼前に現れた。

R.B.M番外  闇の雨

ルークの部屋を出て、自分の部屋のベッドに身を埋めながら、また考えの渦にハマっていった。

独りで悩むのがこんなにつらい事だったなんて。


やっぱり俺はギンジさんが好きだ。
それはもうさっき確定してしまった。

問題は、ギンジさんが俺に本気じゃないかもしれないってところだ。

考えれば考えるほど、最悪の結果しか浮かんで来ない。



しばらくして、雨が降り出した。

急に降り出した雨音にびっくりして、時計を見ればもう9時。

…もう、そんなに経つんだ…。

そういえば梅雨に入るとかニュースで言ってたっけ。

何てタイミングのいい梅雨入りだ。俺の心も梅雨入りだ、何て考えてたら、玄関から声が聞こえてきた。

何を話しているんだろう、と思ったが、夕メシに呼ばれて解った。

ガイさんが傘を忘れて、その流れで家に泊まることになったらしい。
ルークにとっちゃラッキーなのか拷問なのか…。
ルークとガイさんの顔を交互に見てみると、お互いに平常を装ってるのバレバレの顔。

二人とも両想いなのに…気持ちを知ってるだけ歯がゆくなってくる。とっととどっちかが告っちまえばいいってのに。
…っていうか、ルークのやつ、さっきの話喋ってねーよな!?


食事が終って、みんなで俺の部屋でカードゲームすることになった。

ゲームになると妙に強いルークに、何故かいつも負け続ける俺。
だから面白くねーんだよな…。ルークのやつハシャぎやがって。俺の気も知らないで…。

まあ何も聞かれないし、この様子だと俺がギンジさんのこと好きになっちまったって事は喋ってないようだ。
ちょっと安心した。


何をしていたって、ギンジさんの事が頭から離れない。
いつの間にか、ギンジさんはこんなにも俺の中で大きな存在になっていたんだ。
今、嫌ってほど思い知らされてる。

ああ…俺がこんな気分だってのに幸せそうにしやがって…。
はっきり言ってお前らイチャついてるようにしか見えねーっつーの!

知らずにはあ、と大きくため息をついていたみたいで、ガイさんに顔をのぞかれた。

…そして、今一番聞かれたくない事を聞かれた。

ギンジさんの事、どう思ってるのかって。



これ、ガイさんにしゃべってもいいのかな?変に思われないかな?
でも、少しでも楽になりたくて、少し迷ったけどガイさんに正直に悩みを言う事にした。

ギンジさんは俺といる時も女から電話がかかってきたりして、俺は遊ばれてるんじゃないかって。

ガイさんの答えは、もちろんNOだった。彼女なんて絶対にいないからって。

でも、次の瞬間、どん底に落とされることになる。



タイミングよく掛ってきたギンジさんからの電話。

ガイさんがギンジさんに投げかけた言葉が、俺の心の奥底でマグマの様にうねる。

まさか、そんな。

でも、それならつじつまが合う。



ギンジさん、

…ホストなんてやってたんだ…!!




俺は、気がついたら家を飛び出していた。


ショック?絶望?

良く分からない、ぐちゃぐちゃな気持ちで、目の前が真っ暗だった。

前の記事へ 次の記事へ
「P」とは?
Passion、Positive。情熱を語り明かしたい自己中の現れです。
カレンダー
<< 2021年07月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーページリスト
プロフィール
くろのゆうきさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 12月21日
血液型 AB型