スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

↓妄想現パロ続き

彼は前を見ずに歩いていたのか、前から来た人にぶつかって転んだらしい。なるほど、ぶつかり負けするほど華奢だ。
その時に落とした大きめのトートの中から、紙が何枚かバラけて落ちていた。彼はそれを必死にかき集めているようだ。
俺は考えるより先に、彼の元へ駆け寄っていた。

「大丈夫?」

「は、はい…!すみません…」

恥ずかしそうに下を向いたまま答え、必死で紙をかき集めている。

…ん?これって…

「…あれ?君、もしかしてデザイナーなの?」

その紙に描かれていたものは、トータルコーディネートされた男女だった。

じっくり見てみると、今まで見たことのないような、流行に捕われない斬新なスタイルばかりだ。

「そ、そうなんですけど…まだ、認めてもらえないんですよね…」

下を向いたままで答えた彼は、ちょっと残念そうにそう言った。


予感が確信に変わった。この声、やっぱり間違いない。

「…君、もしかしてさっき●▲ってアパレルメーカーにいなかった?」

「え!?ど、どうして知ってるんですか!?」

そう言って驚き、彼はこちらに顔を上げた。



大きな碧色の瞳は、そのまま俺の目を見つめたまま固まっているようだ。

何だか時が止まったような、そんな錯覚さえした。


朝、名古屋のカフェで偶然見かけた子が、今東京のこの場所で、俺と目を合わせている。

しかもデザイナーだって?
こんな偶然ってあるか?


これは…



運命。


これをそう呼ばずして、何が運命というのか。


「…君、今朝名古屋にいたよね?」

「えっ!!?そ、そうですけど…」

「俺も今日は出張で来てるんだ。俺、名古屋にあるアパレルメーカーで企画やってるこういうもんなんだけど」

そう言って、俺は名刺を渡した。

「…ガイラルディアさん?」

「ガイでいいよ。…あのさ、君さえよければ、俺の会社まで来ない?今、丁度デザイナー探してたんだよ。」

「えっ…!?ほ、本当ですか!?」


彼のデザインは、粗削りだが目を見張るものがある。
ちゃんと磨けば、絶対にトップデザイナーになれるはずだ。
…いや、俺がしてみせる。
何故か、根拠も無くそう思えた。

彼はルーク。今年芸大を卒業したばっかりだという。
こんないいタマゴが見つかるなんて、本当に今日はツイてる。
彼を誘った理由は、それだけだ。
それだけなんだ。


この時は、そう思っていた。いや、思い込もうとしていた。

あの時、確実に芽生えた想いを掻き消すかのように。





-----------


今帰りの新幹線です〜。

いやー、今日もハードだった。今日は初めて横浜に行きました。といっても観光も何も出来ませんけどね、仕事だしね(T_T)
でも、今日偶然乗り換えの駅が浅草だったので浅草寺も初めて行きました。まあ、時間がなかったので賽銭投げてきただけですけど。そのくらいの特権は許して下さい(笑)

今回の現パロ妄想もまた微妙に続きそうな感じですが続きません(多分)
あと、毎度ガイが名古屋の人でアパレル関係なのは見逃して下さい。自分と一緒の方が妄想しやすくて描きやすいんです(^-^;

びゅわーんびゅわーんは・し・るー

青い光の超特急〜

ってのが私の子供の頃の新幹線の歌でしたけどね。
今はのぞみだし東海道以外にもいっぱい新幹線出来たし今日日の新幹線の歌はどんなんなんだろうとふと思いました。

それでは東京出張の恒例、「のぞみの車窓から〜ガイルク妄想小説〜」をお送りしたいと思います☆
※毎度完全な思いつきなのであまり期待しないで下さいね


----------------


今日は久々の東京出張。いつも姉さんに駅まで車で送ってもらうのだが、今日は生憎用事があるらしい。仕方無しに、バスと電車に揺られながら名駅までやってきた。
当然、うまく指定をとった新幹線の出発時刻と噛み合う訳はないので、余った時間、駅にあるカフェで朝食を摂ることにした。

適当にパンと飲み物を買って、窓側の席に座る。

俺は、窓から見える風景が好きだ。人々の往来は、見ていて飽きないものだ。
全く、色んな人がいるもんだ。ビッシリキメたスーツのビジネスマンに、制服を来たOL、学生。あの人はどこに行くんだろう、とか考えてると時間の経つのも忘れてしまう。
そして、ふと目に留まった赤い髪。
大きなバッグにジーパンにシャツを着崩しした感じで、ラフな恰好だ。学生かな?急いでるようだけど……。

あ!


…危ない、と思った時には、彼は足を躓いて転んでしまった。

大丈夫かな?と考える間もなく、彼は立ち上がり、辺りをキョロキョロとしながら早歩きで去って行った。

…こんな公衆の面前で派手に転ぶ人を、始めて見てしまった。
顔は良く見えなかったけど、恥ずかしがる仕種や鮮やかな赤い髪が印象的で、俺の目に焼き付いた。
彼には悪いが、朝から癒された気分だ。
そろそろ新幹線が到着する。俺はカフェを出てホームに向かった。


俺はアパレル商社に勤めている。職種は企画。
デザイナーを探して契約し、自社ブランドを立ち上げる。今日の東京出張は、そのデザイナーの発掘が目的だ。メーカーを周り、原案を見ながら次回シーズンの流行を考える。そのメーカーにいいデザイナーがいればヘッドハンティングも考えているところだ。


東京に到着。
渋谷の千駄ヶ谷や青山といった、メーカー密集地を見て回るが、正直これといった収穫はない。俺の目にはどれも平凡で、斬新さが無い。
5件目を回って、ちょっと疲れが出はじめた時だった。

「すみません、お役に立てなかったみたいで…。」

「いや、とんでもありません。私どもの方も、次こそは納得していただける企画をしておきますので…」

挨拶を交わし、商談していた部屋を出たとき。

「お願いします!今回は自信作なんです!」

隣の部屋から少し、切羽詰まったように嘆願する男の声が聞こえた。

何だろう、と思ったが、時間がなかったので次の当てに急いだ。



…とは言ったものの。

不発が続いてちょっと精神的に疲れた。
スタバでコーヒーを買って、公園で休憩することにした。

東京は意外に緑が多い。
公園も整備されていて、景観がとても綺麗だ。木陰のベンチに座り、少し目を閉じていた。

…と、その時だった。

ガシャン!と派手な音がして、どこかで聞いたような声が聞こえてきた。

「うわっ…!す、すみません!」

驚いて目を開けると、目の前にいたのは…


朝、カフェの窓から見た、赤い髪の少年だった。




------------

今回ちょっと長くなりそうなので後半に続きます!
もうすぐ東京に到着なので帰りに続き書きます☆

↓罰ゲーム小説

かなさま、どうぞ罰ゲームお持ち帰り下さい。

--------------

寝ぐるしい夜だった。

気圧が高く湿気の少ない快適な気候にあるバチカルの屋敷では考えられないくらいに暑い。こんな経験はなかった。

ルークはあまりの暑さに目が覚め、汗ばむ体をどうにかしようと、ベランダに出ようと起き上がった。
…が。

「あれ?…ガイ?」

隣のベッドで寝ている筈のガイの姿がない。
きょろきょろとあたりを見渡してみると、視界を窓のカーテンがふわっと揺らめき、同時に風が入ってくるのを感じた。

(窓開いてる…?)

ルークはベッドから起き上がり、涼しい空気を運んでくるベランダへと近づいて行った。
そうして案の定、そこに居たのは。

「…ガイ。おい、ガイ!こんなところで寝てたら風邪ひくぜ?」

ベランダに用意された椅子に腰かけたままうたたねしていたガイの肩を揺さぶると、ん、と唸りながら目を覚ました。

「あれ…俺、寝ちゃってたのか?」

自分を起こしてくれたルークの方に目を向けると、少し呆れ顔で見下ろしている。
いつも反対の立場である故に、慣れない光景だった。

「ったく。お前も暑くて眠れずに来たんだろ?」

「ああ…まあな。外の風は結構涼しいぜ。しばらくここに居れば体も冷めるだろ。」

「ああ〜もう、ほんとあっちー。蒸し暑いってこう言うことだったんだな。体中汗ばんできやがるし。」

「ん?どれ?」

そう言うとガイはおもむろにルークの腕を掴み、もう片方の手で上下に撫でた。

「うっ…おい!!あちーっつってんだろ〜!」

「はは。俺の手とどっちが熱いか比べようと思って。」

「そんなん比べなくていいっつーの!!」

「まあまあ。そんなに怒ってると余計に暑くなるぜ?」

「だれのせーだ誰の!」

この時ばかりは不快な長髪を手で束ねながらくすくすと笑うガイの横にどかっと座ると、少しむくれた顔でそっぽを向いた。

「そっか、そんなに暑いなら俺は戻るとするか。近くに人がいちゃ余計暑いだろ?」

「え?」

予想外のガイの言葉に、ルークは思わず素っ頓狂な声を出した。
確かに人が隣にいるといないとでは体感温度は違う。
だが、ガイが隣にいる事について自分はなんの抵抗も感じていなかったし、暑くても隣にいるのが当たり前だと思っていた。
このガイの言動に、何故か動揺している自分がいる。


「あ…あのさ」

「ん?」

立ち去ろうとしたガイはご主人さまに呼ばれて足を止め、振り返った。


「べ、別にお前は行かなくていいから!」

「?ルーク…?」

暑い触るなと言っていたわりに手を伸ばし、自分の腕を掴むルーク。

(ったく、素直じゃないな…)

そんなところも可愛いと思ってしまうのは親バカだろうかと、ガイはふう、と軽く息を突くと、腰かけていた椅子に座りなおした。


「…暑いんじゃないのか?」

「い、いいんだよ!別に!ここに居ろ!命令だ!」

暑いだけにしては紅潮しすぎともいえるその頬が何を物語っているか、この時のルークにはまだ分からなかった。


----------

こういうくっつく前みたいなノリが大好きです。趣味丸出しですみません〜。

コンタクト妄想

少し前から視力の低下を感じていた。

今日はボーナスが出たこともあって、思いきってコンタクトを作りに来ている。
目のカーブやらなんやらを計るために眼科で検査しなきゃならないんだってさ。
飛び込みで行ったから、40分待ちらしい。


看護師に渡された問診表に簡単に記入を済ませて、適当に雑誌を取って暇つぶしに読んでいると、俺の番が回ってきたようで、名前を呼ばれた。


「ルークさん。検査室へどうぞ」

「は、はい!」

予想外に、俺を呼んだ声は男だった。

こんな検査なんて初めててで、ちょっと緊張する。


検査室に入ると、さっきの声の主だと思われる男が立っていた。

白衣に包まれた金髪の美形だった。

(うわ…!なんだこの人…!)

自分よりも随分と背が高く、余裕で見おろされている。

彼の誘導に従って、色々と検査を始めた。

俺は妙な緊張のあまりガチガチになって、終始ぎこちない動きだった。
そしていよいよ、コンタクトを着けてもらうことになった。

前も下も鏡だらけの机。
この金髪の看護師の顔がいろんな角度から映って、まるでこの人に囲まれてるような錯覚に陥る。

「じゃあ装着するので、まっすぐ前見ててくださいね。」「は、はい!」

初めての装着と、俺の顔に触れる彼の手に緊張しまくり、情けないことに少し震えてきた。
一面の鏡の中の彼が、俺を舐めるように見ている気さえする。


まだかまだかと待ち構えていると、肩にポン、と手を置かれた。


「…ルークさん。初めてで緊張するのは分かりますけど、もうちょっと力抜いてください。」

彼はくすくすと優しく微笑みながら、そのまま肩に置いた手で俺の肩をマッサージし始めた。


「は、はい…すみません」

恥ずかしくて赤面して俯いたら、下にある鏡に俺の顔がもろ映りだった。
焦って照れて、ひどい顔をしてる。
もちろん、鏡越しに俺の顔は彼にもモロ見えだろう。

「いいんですよ。みんな初めは怖いですから。…あなたはちょっと特別みたいですね。」


超イケメンフェイスでそう言われ、ますます照れたけど嫌な気はしなかった。

…ていうか、俺がこんなにも緊張するのはあんたのせいなんだけどな…。


やっとの思いではめ終った。
少し様子を見て、違和感があるようなら来てくれとの事だった。


俺は確実に違和感を訴えに行くと思う。


心に残ったこの感情を訴えに。

ガイルク妄想in新幹線

恒例・新幹線の車窓から。
今静岡でお茶畑を横目に見ながら通過中。
先週の大阪、雨降るかもと思って傘持って行ったら全然で地方の人丸出しという大失態をかましたので今日は傘持ってないんだけど降りそうな気配…どーよこれ。

あ、どうやら今焼津にいるみたいですね。

焼津に海鮮市場みたいなところがあって、魚介が安く食べられるんですけど、そこのマグロが安くておいしいんです!量も多いし超お得ですよ〜。

今日は曇ってるので富士山は見えないだろーな…。

ところで車内の売り子さん、たまに男の人がいるんですけどルークにしてみたらそのままガイルク妄想になった。

--------------
名古屋から品川までの区間。
月に一度のペースで行き来するこの空間が、こんな出会いの場所になるとは思わなかった。

俺は今名古屋にある商社に勤めている。東京にある支店で行われる定例会議に出席するためにいつも利用している8時発の新幹線。いつものように指定を取り、乗り込んだ。今日は少し寝坊して、朝飯を食いそびれた。席に座り、売り子が来るのを待っていた。

しばらくすると前方の自動ドアが開き、ワゴンを持った売り子が現れる。ゆっくりとこちらへ進んで来るその子は、珍しく男だった。朱い髪が印象的な、少し幼顔の男の子だった。

俺はすみません、と声を掛けて彼を呼び止めた。
パンとコーヒーをもらい、お金を渡した時だ。

新幹線がカーブに差し掛かり、彼はバランスを崩してこちらに倒れかかった。

「あっ…!すみません、お客様…!」

「危なかったね、大丈夫かい?」

咄嗟に俺が立ち上がって支えたため、転倒は免れたが、俺に抱きしめられた形になった。
制服の下のその体は想像よりも華奢だった。

「すみません!俺なんか緊張しちゃって…!」

顔を真っ赤にして慌てるその姿を、不覚にも可愛らしいと思ってしまう。
新幹線は高速で移動するため、揺れのないように設計されている。普通にしていれば転倒なんてありえないはずなのに、彼は緊張のあまり転倒しそうになったというのか。
彼を抱く手を解いて、再び席に座った。

「君、もしかして新人さんなのかい?」

「は、はい…やっと研修が終わったところで、まだ慣れてなくて。すみません、恥ずかしいところをおみせしました…」

なんて微笑ましいのか。この初々しさが本当に可愛くて、彼との関係を販売員と乗客というありふれたもので終わらせたくなくなった。

「君、東京駅まで行くんだよね?俺、品川で降りちゃうんだ。」

そう言うと彼は少し残念そうな顔になった。

「そうなんですか…。」

直感で思った。

彼もきっと、俺と同じ事を考えている。

こんなナンパみたいな事を男の子にするなんて、自分が信じられなくて一瞬躊躇したが、それでも自分の感情に素直になることにした。

「俺、ガイっていうんだ。…また、会える?」

「えっ…は、はい…!お、俺、ルークです!よろしくお願いします…!」

俺はさりげなく携帯番号まで書かれた名刺を彼に渡した。

名刺を受け取りながら、またもや赤く染まってゆく彼の顔を見て踊る心臓に、これは、と確信を持った。

 

品川に到着。

彼を乗せて東京駅に向かう新幹線を、見えなくなるまで見送った。
今日の会議は身が入らないだろう。会社には申し訳ないが、俺の心の中は彼からの連絡を待ち望む期待で溢れていて、他事を考える余裕などない。


---------------

なんて馬鹿妄想でした〜☆
ルクたんみたいな売り子いたら絶対呼び止めるのにな〜。
いい感じに品川に到着しました。仕事行ってきます…

前の記事へ 次の記事へ
「P」とは?
Passion、Positive。情熱を語り明かしたい自己中の現れです。
カレンダー
<< 2021年10月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーページリスト
プロフィール
くろのゆうきさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 12月21日
血液型 AB型