スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

それはもう、恋のように


ケータイをスマホに換えて、LINEをダウンロードしました。
非i phoneのにとっては、便利な機能ですね。

さて、本日驚くことがありました。
電話番号だけ知っていた高校の先生から、LINEで連絡が
昔から大好きだったんです。

たいして用事がなかったのかもしれませんが…
え、どうしようどうしようとうろうろしたり、
返信…早すぎたかな? とかドキドキ考えたりすることは、まるで恋する相手からのメールの返信を待っているよう。

まだ返信待ちです〜☆

話題:憧れの人

頭痛について


きっと世の中の頭痛持ちの方からしたら私なんて軽症のほうなんだろうけれど、私のQOLを著しく下げているものの一つには、間違いなく偏頭痛が挙げられます。
どこかでちらりと耳にした話ですが、鬱とか偏頭痛は、実は何兆円(?)だったかの経済損益になっているそうです。
どういう計算をしているかは私には想像もつきませんが、つまりは大きな社会問題だということ。
働きに出られないことも珍しくない病気ですし、とてもポピュラーな病気なのでなんとなくわかるような気がします。

頭痛についての情報は様々なサイトで述べられていますので素人がどうこういうのは省きますが、個人的に協調したい点を2つ。
@肩こり頭痛=緊張性頭痛ではない!
実は肩こりから来る頭痛の半分以上は偏頭痛なんですよね。
もちろん肩こりから来る頭痛なわけで、肩こり解消が予防につながることは間違いないでしょうけど。
ちなみに私の症状を検証したところ、偏頭痛の原因は、肩こりから来るものと自律神経から来るもの等いろいろでした。
なんとなく吐きそうだったりするのが、あれが緊張性頭痛なんだろうかと。
偏頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛と分けられていますが、かくのごとく頭痛とはややこしいものですね。

A偏頭痛には予防薬がある!
偏頭痛が怖くて毎日のように薬を飲んでいる人もいるはず。そんな人には予防薬がお勧めです。
月に10回以上飲む、だったかな? 詳しい基準は知りませんが、それくらいの頻度ならば予防薬を処方してもらえると聞きました。

私も熱が出たり頭痛がしたり生理痛だったりするとすぐにNSAIDsに頼ってしまうので、割と薬を飲む頻度が多いような気がします。
ロキソニンは強いので、なんとなく、解熱剤と、頭痛にOTCが使えない場合にのみ使うようにしていますが…

痛みどめが癖になるよく言うけど、どういう意味だろう?
ちょっと怖い気もしていますが、正直素人話以上のレベルで聞いたことないんですが…

話題:頭痛

坂道のアポロン

『1996年初夏、船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校に転校してきた男子高校生・西見薫。

転校初日、バンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。

更に、薫は千太郎の幼馴染・迎律子に、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香にと、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。』

Wikipediaによると、以上のような説明になります。


うーん、私のアニメセレクション10に入れたいくらいの良アニメ!
内容に関して詳しくは書きませんが、青春を見事に描き表した作品でした。

彼らはよく考えたら兄と同い年です。
私よりちょっと年上。
思えば、私の高校時代はすでに携帯がないと連絡を嫌がられる世代だった…
それで私も、母の携帯を使わせてもらっていたものです。
それまでは、家の電話で親を通すか、直接会いに行ってたんですよね。

携帯の出現によって失われたもの、というわけでは決してないのですが、少しずつ失われていったもの。
少しずつ機会が減っていったもの。
人と人との触れ合いを無くして語れないものって確かにあるのかな、と思いました。

あんなすばらしい青春を送った三人が、少しだけうらやましい。
多分私は千太郎と出会う前のつまらない薫に一番近くて、千太郎みたいな友達を心のどこかで望んでたから。
私自身の青春は大切だけれど、だからないものねだりかもしれませんね。


アニメとしての感想:
まず、オープニングから惹かれました。
オープニングが素晴らしいと思ったアニメは押し並べて良作品が多いように思います。
この作品もそのひとつ。
懐かしの風景。夏の清々しい空が、ひと夏の青春を思わせます。
はじめは気付かなかったけど、YUKIの歌と菅野よう子さんの音楽なんですよね。
特にいいのはサビに行く前の盛り上がり。あまりドラムに興味なしの私でしたが、あそこだけはドラムがなければ!と強く思った部分でした。
歌詞もストーリーと合っていたので調べてみたところ、YUKIが坂道のアポロンのために書き下ろしたみたいですね。その名も「坂道のメロディ」
歌詞を見てみましたが、全体的にはとてもYUKIらしい歌詞ででした。
音は言わずもがなの素敵さ。菅野よう子さんの音楽はマクロスFの時から素敵だと思っていましたが、今回はさらにさらにやられました…
菅野さんはストーリー彩るのが本当に上手ですね。
監督さんは知らなかったのですが、渡辺信一郎×菅野よう子は「COWBOY BEBOP」を手がけた名コンビらしく、放送前から期待されていた作品のようです。
声優さんは知っている人はいなかったけれど、本当に素敵な作品でした。
監督の重要性がわかるってもんですね。
みなさん本当に素敵な作品をありがとう!
うーん、原作が読みたい…

話題:坂道のアポロン

恋愛には向かないけど、結婚向き


という言葉、みなさんだったら褒め言葉と捉えるでしょうか。貶し言葉と捉えるでしょうか。

ある男性が「これ、言われてうれしくないっていうのがわからないのか?」とある投稿サイトで発言していました。

恋愛には向かないけど、結婚向き。

確かに、男性に対して使用すると、「魅力はそこそこだけど、収入安定しているからいいかなー」って女のホンネになってしまうかもしれません。
そういう意味で使用している女性も少なくないとは思います。

でも、もうひとつの意味もあるんですよ。

確かに、あまり気は利かないし、女の子の喜ぶようなことはあまりしてくれない。
でも、質素でお財布の紐はそこそこ硬くて、金銭感覚が一緒。
マメで、地に足がついた生活ができる。
地道に努力していて、あぁ、この人なら私の人生預けられるかも、と思うことは、とても難しいと思うのです。

一生をともにする伴侶として、選ぶ。尊敬ものがある。
私にとっての「恋愛には向かないけど、結婚向き」というのは、ただ好きという以上に、もっと大切な意味を含んでいます。

だから、女の子の魅力はちょっと弱いかもしれないけど、この人だったら一生過ごしてもいいかな、と選んでもらえることは、かわいい、ともてはやされることよりも私は嬉しい。

と思うのですが、ひとそれぞれの価値観でしょうか。
でも、心から燃える恋をして、尊敬できる!一生一緒にいたい!それ以外はダメ!
なんていうのは、傲慢だとも思えてしまうこのごろです。

泌尿器科

泌尿器科…それは、陰部全般と腎臓外科を受け持っている診療科です。
とても大切な科であることに間違いはないのですが、 なんといっても話題に出しにくい臓器の話です。
具体的な話はあまり聞いたことはないのでしょうか。

とはいえ、泌尿器科を学ぶ私たちは、具体的な例も考えなければなりません。
俗語は使わず専門用語で話をするので、想像されるほどのこともありませんが。
むしろ淡々と会話をしすぎておもしろみもありません。
ただ、やはり時折は下ネタに走ることもあります。
女の子なのに…

午前中に泌尿器科のテストがありました。
その後、ランチに行きました。
恐ろしいもので、ランチ直前まで 泌尿器科の話題で持ち切り。
難しかっただけなんです、ハイ。 

解剖実習の後や手術の後に平気で焼き肉が食べられる感覚になっちゃった、という話はネット上でよく見かけます。
でも正直それよりも切実なのは、一般の方と食事をしているときにも、話題がかすめたら何の疑問も持たずに会話をつづけてしまうことです。

以前介護職の友人とランチをしていたとき、彼女は話題をかすめたときに「食事中にごめんね」と断りを入れてくれました。 
こういう配慮を忘れてはならないと、その時も思ったものです。
私自身は全く気にならないのですが、以前医療と全く関係ない職に就いている姉にもっと配慮するべきだと叱られました…。 
普通の感覚なのですよね。気をつけねば!


そういえば…
実習中の思い出をば。
学生は実習と称して見学をさせてもらえるのですが、泌尿器科にもたまに二十歳前後の若い男の子とかが来ます。
ソコらへんの異常で受診しているので、診察のためにはズボンを下ろしてもらわねばなりません。
患者さんがおじさんとかだったら、ごめんなさい、ということで心おきなく見学させてもらうのですが、さすがに同じ年くらいですと気が引けます。
私の時は奥様同伴で、奥様は室外で待つよう言われました。勉強のためとはいえ、自分が患者の立場と思うと、なんだか申し訳ない…
私は部屋へ入るのをためらったのですが、「何してるの、早く入って」と担当医に 言われて、真面目に見学させていただくことになりました。

本来はどうしても嫌な時はは断ってもらっていいのですが、断りにくいですよね。
けれどもそのおかげで、私はとても貴重な見学をさせていただきました。もう忘れないでしょう(同じものをみれば診断につながります、ということ)。
本当、学生というのはいつもお世話になってばかりです。
もちろん面と向かってお礼なんて言えませんでしたが、心の中では深々と頭を下げた私なのでした。