Character

山田大蛇

■山田大蛇(やまだのおろち)
ヤマタノオロチをヤマダノオロチの聞き間違えたことから始まってしまった物語。

■主要人物
山田 家(やまだ-け)




巴(ともえ)永遠の10才。身長140cmの女の子。
ゲテモノや爬虫類は平気だが、おばけが苦手。

江本(えもと)24才。自称・150cm。巴の従姉で、コミュ障。
光明(ぐぁんみん)の娘なのだが、巴と巴の母・暗(あん)に酷似した容姿をしている。
目元に隈があるのが特徴。

接子(はぎこ)全長140cmの継ぎ接ぎ人形。グロ担当のマスコットで、無性別。
目玉と耳が無くても、情報の伝達を行う脳みそはあるので音も色も理解出来る。
両足と両腕が無くとも胴体があるので体感は出来るので、毎日楽しいと思ってる人形。

琴巳(ことみ)10才。177cm(人型時)の青年。自称・白蛇の化身。愛称は、こーちゃん。
自身がヘタレだということは自覚しており、ヘタレの部分を必死に隠そうとツンケンしてるつもりらしい。
こんちゅ様宅のロッタさんとお付き合い中。

にょたこ 10才。170cmの少女。琴巳の妹で、兄同様に半裸。
うるしの従者になる予定の白蛇。

加々知(かがち)阿僧祇(あそうぎ)。152cm。巴と江本のじいじ。八岐大蛇の子孫で、大蛇兄弟を育てた父。
同じ大蛇の血筋を受継いだ琴巳とにょたこを寵愛している。

楓(かえで)那由他(なゆた)。2-3m程の大蛇で、人型時は178cm。
巴と江本のばあばで、大蛇兄弟を育てた母。
八岐大蛇を倒す時に、須佐之男命(すさのおのみこと)が持っていた剣の刃先から溢れ落ちた血から生まれた水神様。
今は幼い蛇の育成を行っている。

大蛇兄弟
大蛇三姉妹
崖淵子(がけ ふちこ(ぷちこ))170cm。一垓才。巴と江本の叔母で、双子の弟がいる。
三姉妹の長女であり四兄弟の姉でもある。あまり外出しないため、やや世間知らず。
七人もいる兄弟の一番上ゆえに存在感がなく、弟達にはシカトされ、天真爛漫な妹と無関心な妹に振り回されている。

光明(ぐぁんみん)一京才。174cm。天真爛漫な大蛇。
珍しい物とお酒が大好きな大蛇で、暗(あん)の姉に当たる。
江本の母親だが、わざとなのか本気なのか自身の娘の名前が覚えられない。

暗(あん)一兆才。176cm。巴の母親で、無駄な体力は省きたい傍観者。
喧しい姉二人に囲まれて育ってきたすえに、省エネモードを獲得した大蛇。
省エネモードは150cm程しかない。

四兄弟
淵雄(ふちお)一垓才。176cmと公言している172cm。四兄弟の長男で淵子の双子の弟。
姉と妹達のことはどうでもいいが、自身の弟達と妹の娘達を溺愛している。

光(ぐぁん)一京才。188cm。四兄弟の二番目で光明(ぐぁんみん)の片割れ。
双子なので兄でも弟でもどっちでもいいと思ってる次男。
良くも悪くもマイペースなので、あまり起こることはないが怒ると毛先が蛇の頭に変化するらしい。

本江(もとえ)サバを限界まで読みまくる24才(本当は2400才)。150cm。
四兄弟の三番目。江本の男版だが、蛇やゲテモノがわりと平気。
兄弟や姉たちに見下されるのも嫌だが、見上げるのは首が疲れるのでもっと嫌だと思っている。

江(こう)成長しすぎた10才児。177cm。四兄弟の末っ子。
一つ上の兄を見下ろすのは苦でもないが、同年代の友達と会話するときに首が疲れるというのが最近の悩み。
外見は青年のようだが、中身は子供という逆○ナン。

五月病家(めいわくら-け)

五月病五美(めいわくら-うみ)山田家のお隣さん。愛称は、ゴミさん。
いつみの父で、趣味は動画作り。
成人男性とは思えない華奢な身体付きと女顔が相まって、ネット界隈ではオネェ疑惑が浮上している。
須佐之男命(すさのおのみこと)の子孫だからなのか、山田家の大人たちに嫌われている。

五月病さん(めいわくら-さん)五美(うみ)の妻で、いつみの母。
娘を迎えに保育園へ行ったっきり帰ってきていない。

迷惑さん(めいわく-さん)光明(グァンミン)が生み出した、五月病(めいわくら)さんの新しいあだ名。


■山田家
山田家が住む一軒家。一応、日本家屋のつもり。




構図が怪しい事になっていますが、
スルーでお願いしますm(_ _)m


■用語解説

八岐大蛇(やまたのおろち)
かの有名な日本神話。
本作では山田家の祖先として登場している。

須佐之男命(すさのおのみこと)
ヤマタノオロチを倒した英雄。
本作では、五月病五美(めいわくらうみ)の祖先として登場。

櫛名田比売(くしなだひめ)
八岐大蛇(やまたのおろち)の生贄に出された娘。
本作では、五月病五美(めいわくらうみ)の妻の祖先として登場。

大蛇三姉妹(おろち-さんしまい)
淵子(ふちこ)・光明(グァンミン/江本の母)・暗(アン/巴の母)の三人を示す。

四兄弟(よんきょうだい)
マイコンの男化による産物。
淵子の男版・淵雄、光明(グァンミン)の男版・光(グァン)、江本の男版・本江(もとえ)・巴の男版・江(こう)の四人を示す。
因みに暗(アン)の男版・うるしは、淵雄の息子として登場。

大蛇兄弟(おろち-きょうだい)
大蛇三姉妹と四兄弟を合わせた四男三女の七人兄弟を示す。

巴琴(みこと)
愛称か俗称か。
初代デザインの頃に暗(アン)・巴(ともえ)・琴巳(ことみ)の三人を示す総称として、
作者が勢いとノリで付けたグループ名。

白蛇兄妹(しろへび-きょうだい)
白蛇の化身である琴巳(兄)と、にょたこ(妹)を示す。

初恋のあの子
光明(グァンミン)の初恋の相手。
何千何万回と転生を繰り返した末に漸く結ばれ、江本の父親になった。

じじばばと大蛇兄弟の年齢
一、十、百、千、万、…兆などなど。
世の中には様々な数の数え方がありますが、
「長生きってどのくらいなんだろう」という些細な疑問から、
かず子が無い知恵を絞ってググってみました。

10の60乗を那由他(なゆた)、
10の56乗を阿僧祇(あそうぎ)、
10の20乗を垓(がい)、
10の16乗を京(けい)、
10の12乗を兆(ちょう)と呼ぶらしいです。

この流れで行くと三男・本江の24才は実は、二千四百才かもしれないという。
そんな結論に至った、いわゆる後付け設定でございました。