以前、右足の親指の写真を投稿した。
出血した爪の下に、新しい爪が生えて来てる画像。

割と早くに用済みの上の方は、取れるものだと思ってた。
さにあらず。
徐々に伸びて来る爪。
外気に触れて伸びて来る部分はしっかり爪だ。
しかし、前の爪の下に生えて来てる新しい爪は、おそらく柔らかいまま。

なので、死んでしまってる古い爪は、新しい爪が延びきるまで剥がれない。

こんな所でも人体の不思議を感じる。

人間は、生きてく為に、いろんな不思議を体内に内蔵してるのだろう。
この広い宇宙の中で、生物って不思議な存在だ。

部品交換を時間がかかっても自分でやってしまう。