スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

珈琲中毒

静かな心を誘う香りとは裏腹な
苦味で目を覚ます

心臓がドクドクと早まって
何でもできるような気にさせるのに
指先は痺れて震えて動かない

温かいものを飲んだはずが
お腹の奥から冷えていく感覚

自分には似合わないと分かっていても
手を出さずにはいられなくて

酷くなってきた頭痛を抱えたまま
静かに目を閉じた

ほっといて

遥か遠い遠い空の向こうで生まれた雪が
はらりはらりと舞って
コンクリートの上で影を残して
消えた。

そんなものなのだ
人の生き死になんて


小さな冒険

ただ一人になりたくて
ただ自分を取り戻したくて



車のガソリンを満タンにするついでに
鶏肉と卵の挟まったパンと
はちみつの入ったコーヒーを買った

真っ直ぐな川沿いの土手を
太陽の方へ向かって走る

視界には空と前へ進む道だけ。

陽に照らされて
白く縁取られた青い雲が
空を埋め尽くしている
薄暗いのに
少し濡れたコンクリートが
隙間から漏れた光を反射して
お天気雨の日のように
キラキラと世界を照らしていた

時折舞う風花が
外の寒さと風の強さを語るけれど
音楽と暖かさとコーヒーの香りに満たされた
この車内では異国の映像のようで。

誰も受け入れず
風さえも拒んで
小さな小さな空間に
閉じこもった

救いがあるとするならば
このどうしようもない逃避行の終点が
どこでもない海だということ。

ただ、それだけ。

バタバタ

気付けばあっという間に過ぎている大人の時間軸ってこれかぁ!っていう毎日です。

1年振りのブログ更新。

この一年かぁ…夫がやっと精神的に安定してきたと思ったら母が指定難病に罹るという状況でして…まぁなるようになるかぁー…という境地です。


大変ではあるけれども、不幸だとは思わない。
不運かもしれないけど、幸せではあるかなぁ。

という…いつかのお返事。


とりあえず元気にやっています。
ここ数年あんまり人と会っていないけど、
みんな元気かなぁ。。。

焦燥感

ずっとお腹を壊し続けている。
でももうそれにも慣れて
普通がなんだったか分からなくなってきた。

とにかく何かしなければと思うのに
何かで埋めたいと思うのに
それが何か全然分からなくて
ただただ逃げ惑ってばかり。

これが思春期の少女であれば良かったのだけど
私はもう三十代も半ばで…
いつまでこれと付き合えばいいんだかと
頭を抱えることしかできない。

楽しいこととか気持ちいいこととかに
逃げても逃げても
それは本当に一瞬で
ドラッグのように
手放せなくなってきて
ドロドロの生活になりそうなのを
ギリギリのところで保っているような
そんな感じ。

でも
なんで保っているのかも
分からなくなってきたなぁ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2021年06月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
てみ+さんのプロフィール
性 別 女性