スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

一歩の距離

「どうして?」

吐き出された言葉は、自分でも驚くほど、二人きりの執務室によく響いた。
何も感じていなかったと言えば嘘になるけれど、それほど感情的になっているつもりはなかったのに。

目の前の部下は、俺より一回りも二回りも小さな肩を更に縮めて、恐らく見えないように拳を握り締めているのだろうけれど、微かに震える彼の腕に気づかない訳がなくて、俺は心の中で一つため息を吐いた。


数日前からだったからか。
特に何かがあった訳でもないのに、彼が俺を避けるようになった。
と言っても、俺から逃げるように立ち回っていた訳ではなくて。


俺は今にも泣き出しそうにうなだれている頭を撫でようとして、しかしその手が彼の金糸に触れることはなかった。

この、距離だ。
彼と自分との間にある、微妙な距離。
手を伸ばせば届く距離。
でも、その存在に気づくと手の動きを止めてしまう距離。

たった一歩、踏み出せばいいことはわかっているのだけれど、彼が意図して生み出したこの距離を無視することはできなかった。


「どうして?」

今度は優しく問いかければ、彼はゆっくりと息を吐き出して、言葉を紡いだ。


「先日、士官学校時代の同級生に偶然会って、少し話したんですけど、少佐と付き合ってるのかって訊かれて…」

話の雰囲気から何があったのかは大体予想できた。
どうして相談してくれなかったのかという思考は自分勝手な考えであって、本来ならば恋人の葛藤に気づくべきは自分であったはずだ。

俺が続きを促すように「うん」と言うと、消え入りそうな声が続いた。

「彼は冗談のつもりで言ったんだと思うんです。でも、上司と部下の関係で、しかも男同士なんだから、近すぎてはいけない、と、私は、思ってしまったんです」

次第に揺れる声には、確かに困惑と迷いが入り混じっていて。
頭を抱えて悩んでいたことも、実際口にしてみれば案外簡単に答えが出ることもあるもので。

ハッと見上げた彼の方へ俺は一歩踏み出す。
こちらを見つめる二つの琥珀に二つの真紅が映っていることに満足して、口を開く。


「俺はね、コナツが好きだよ。コナツは?」

目を丸くして、顔を赤らめて、下を向いてしまう彼はいつもの彼で、俺は胸の奥が温かくなるのを感じた。

「俺もです」

僅かな言葉遣いの変化に口元を弧にしながら俺は続ける。

「なら、それでいいじゃない」

彼は少し躊躇してから俺の左腕の袖を小さく掴む。
俺の前でしか見せない子供めいた姿は俺への信用の証で、そんなことを考えると口元が弛緩しきってしまう。

「俺はコナツを嫌ったりしないから」

臆病で意地っ張りなとこも、全てが可愛く思えて、愛おしい。
どんなに頑張ったって、嫌えやしない。

目の前の彼は俯いたまま小さく頷いた。





「あ、」

隣で小さく声を漏らした彼の視線の先を追えば、廊下の向こうから彼と同じ年頃の青年がこちらに歩いてくる。

彼が俺から逃げるように距離を取ろうとするものだから、俺は彼の腕を引っ張って引き寄せ、俺の腕の中に収める。

ちら、と青年を窺えば、顔を歪めて舌打ちすると憤慨したように靴音を響かせながら通り過ぎて行く。

やっぱり。
予想通りの流れに満足していると、顎に強い衝撃が襲ってきた。

「こ、コナツ…!?」

「このセクハラ上司!」

仮にも上司である彼に対して本気のアッパーを繰り出したと思いきやそう叫んで暴れ出す。
今振り回している釘バットはいくらなんでもツンツンしすぎだとか、そもそもどこから取り出したのかとか、ツッコミどころは色々とあるけれど、それは見慣れたいつもの風景であって、そんな些細な幸せも全て守り続けると、怒る彼の顔に灯った僅かな笑みに誓う、そんな昼下がり。


*****

なんか未だに文体が定まりません(´・ω・`)
そして、更新亀すぎてすみません!
あとアンケートの投票&コメントありがとうございます!とても励みになります(*´▽`*)
では、更新頑張ります!!

雪の心を溶かす君


ある日の昼下がり。
温かい陽射しは暗雲の向こうに隠れてしまい、氷の欠片が宙を舞って、視界を白く染めて行く。
窓の向こうに見える景色は、いつもと違う色で描かれていた。


上司は執務室の窓からそんな外の様子を見て、満面の笑みを浮かべている。

しかし、俺は、彼のように雪を楽しむ気分にはならなかった。

もとより、興味がない。
雪が降ったからと言って何がある訳でもないし、むしろ、歩きづらくて不便なだけではないか。


こんなことを考えてしまう自分は、随分と面白くない人間なのだと思う。


思考を止めて窓に映る自分の姿を見ると、ぼんやりとしていてよくわからなかったが、きっとつまらなさそうな顔をしているに違いない。

しかし、いつのまに移動したのか、隣にいたはずの男を己の背後に見つけた。

男の腕の中に身体がすっぽりと収められ、背中越しに相手の温もりが伝わる。


「雪って、いいよね」


ぽつりと呟かれた言葉に、どこか後ろめたい気持ちにさせられた。

彼は雪が好きだ。
でも、自分は雪が好きではない。好きになる気すら起きない。

どうして、自分も好きになれないのだろう。
好きな人が好きなものに、何故興味を抱けないのだろうか。


そんな悶々とした考えを知ってか知らずか、この男は嬉しそうに言う。


「だってさ、雪が降ったら、コナツといる時間をもっと楽しくできるでしょ」



どきりと、胸が高鳴る。

笑顔と共に向けられた言葉には、確かに自分への想いが込もっていて。

そうか。
彼は、雪が雪だから好きな訳ではないのだ。

俺は、己の考えの愚かさに苦笑を禁じ得なかった。


振り返って、いつもみたいに悪態の一つでもついてやろうかと思ったが、今日は止めておこう。

そう、全ては雪がいけないのだ。
こんなにも温かい、背に感じる重みから離れるのが惜しいなどと馬鹿げたことを考えてしまうのは。



「さて、そろそろ外に出ようか」

「…へ?」


唐突に告げられた言葉に、思わず間抜けな声が出てしまった。

背に感じていた温もりが消え、寒さが身に染みる。


「ん?雪と言ったら雪合戦でしょ?」


飄々と言う上司に、拳を震わせるのもなんだか虚しくて、代わりにため息を一つ。
子供なのか大人なのか、わかったものではない。


「じゃあ、私が勝ったら大量に溜まった書類、片付けてくださいね」

「負けたら地獄だね」


外を見れば雪は止んでいて、積もった雪は雲の隙間から漏れる僅かな陽射しに照らされ、白銀の光を放っている。


俺は整理していた書類はそのままに、鼻歌混じりで先に部屋を出て行った男の背中を追い掛けた。



***

お久しぶりです。
久しぶりすぎて文体が定まりません(笑)
こんな感じですがよろしくお願いしますm(__)m

時を刻む薄紅



「いやぁー、春だね!」

「桜も散っちゃいましたけどね」

隣で黙々と仕事をしていたベグライターがやっと口を開いたかと思えば、それはそれはすっぱりと上司の言葉を一刀両断。

幸せだ、とばかりに両腕を広げていたヒュウガはぶー、と頬を膨らませた。


「だから可愛くないです」


そんなコナツの鋭いツッコミを最後に、二人しかいなかった執務室には静寂が訪れた。




花見を飾っていた桜ももう散り際で、今日の風は強いとか明日は雨が降るとか聞くし今日で桜も見納めだろう、
そう思って、コナツは書類の上を滑っていた手を止めて換気のために開いていた窓の外を見やる。

そこから見えるのは、どこか意図的に作られたような青空だった。
人工的で、機械的で、握り潰したら粉々に砕けてしまいそうな儚い現実。
その時確実に、世界は変わったのだ、と感じたのだ。

小さい頃に窓から見た景色は、どことなく輝いていて。まるで神の手によって洗練されたかのように神聖で、神秘的に見えていた。


自分が今見る世界とは異なる、別の世界。
本当は夢だったんじゃないかと思うほど美しく、手の届かない世界。

そして、今も。


そんなことをぼう、と考えながら窓の外を見つめていると、びゅ、と一際強い風が吹いて来たと同時に薄紅色の欠片が舞い落ちてきた。



「桜…」


「…ねぇ、」

珍しく静かに作業に徹していたヒュウガが視線を動かさずに口を開いた。


「時は、流れていくんだよ。桜が散って、また同じ所に咲くまでの間にも、時は流れていくんだ。桜自身はそこから動けないし同じ景色しか見えない。
…それでもね、世界は動いてる。
確実に、変化している。
それってさ、やっぱりすごいよね」

ヒュウガが顔を上げてにっこりと笑った。

あぁ、この人はきっとわかってるんだ、なんてノロケみたいなことを考えながら、手の動きを止めた上司に制裁の一発をぶち込んだ。


*****

季節外れとか知らn(爆)
深い意味を持たせようと思って撃沈しました…
シンプルだけど深い文章書ける人って尊敬する!!

嘘のつき方


「これと、これと……」

「えー、そんなに書類あるのー?」


目の前に積み上げられる書類のあまりの量に拗ねるヒュウガ。

「そんなこと言ってる暇があるならさっさとやってくださいよ。あと、キモい」

「酷いよ、コナツ…俺はコナツをそんなふうに育てた覚えないよ!!」

「少佐に育てられた覚えもないですがね」


ああ言えばこう言う、お互いに引かない二人にカツラギは苦い笑いを溢しながらお茶を差し出した。

ありがとうございます、とコナツが湯呑みを受け取り一口すすると、うつ向いていたヒュウガがふふふ…と怪しく笑いながら顔をあげた。

「コナツは知らないかもしれないけど、俺は小さい頃にコナツに逢ってたんだよ」

「へぇ……どこでですか?」

胡散臭い、とばかりに呆れながら適当に答えるコナツ。

「よくぞ聞いてくれました!コナツの家の庭って外に面してるでしょ?偶然通りかかった俺はコナツが飛ばしてしまったボールを…」

「へぇ」

相も変わらず呆れた顔で答えるコナツに、ヒュウガはう…と泣きそうな顔になる。
後ろで、やーい、とクロユリが囃したてているのを聞きながら。


「あ、そうだ、ヒュウガ少佐」

突然思い出した、とばかりに声を上げたコナツを見ると、やけに嬉しそうに笑っていた。


「明後日から、少佐のベグライター辞めますから」


「え……?」

「だから、明日からベグライター辞めます」


ニッコリと笑むコナツとは裏腹に、ヒュウガの顔はどんどん青ざめていく。

なんで?どうして?

様々な疑問が頭の中でぐるぐると巡る。







そんなヒュウガの顔を見て、コナツは笑いを堪え切れなくなったようにどっと笑い始めた。

「少佐、嘘ですよ、嘘」

「……あ。ホントかと思って焦ったー。酷いよ、コナツー」

「先に嘘をついたのは少佐じゃないですか。…少佐、嘘っていうのはこうやってつくんですよ」


してやったり、と意地の悪い笑みを見せるコナツに、ヒュウガは子供のようにぷー、と頬を膨らませる。

悔しいなぁ。いつもは俺がコナツを振り回してるのに。

成長したんだな、と寂しいような嬉しいような気持ちになるヒュウガに、突き刺さるコナツの言葉。

「だから、それキモいだけですってば」

…成長、しすぎじゃない…?


20分後、部屋の隅でしゃがみ込んで「の」の字を書き続けるヒュウガを「いい加減にせいっ!」とファイルの角で殴るのも、当然のことだった。



***

Xデーとゆーことで「嘘」をお題に書いてみました。だってXデーらしい企画思いつかなかったんだもん…(´・ω・`)
最近コナツが暴力的(笑)
ファイルの角は痛かろう。
ヒュウガのツッコミが「それ、痛いから!」から「それ、ドメスティックなバイオレンスだから!」に変わるのも時間の問題かと。

夕日色の日常


あれからと言うもの、ちょくちょくコナツの部屋に行くようになった。

今日も、例外ではなくて。


「コナツ、お仕事お疲れ様♪」

「…ヒュウガさん!」


宿屋に向かう途中で、コナツの後ろ姿を見かけて合流した。

久しぶりに二人で歩く街並み…と言っても表通りほど華やかではないのだけれど。
しかし、この道は住人達が育てている草花に囲まれていて、ひょっとすると表通りよりも心地よいところかもしれない。

二人はしばらく他愛もない話をしながら歩を進め、やがて宿屋に着く。

そのままコナツの部屋に入って、部屋の窓際にあるオレンジ色のソファに腰掛けた。



しばらく二人は無言だった。

別段特に話すことがある訳ではないから当然と言えば当然なのだが、その沈黙にはそれ以外の何かが原因にある。

それはなんだ、と言われれば、よくわからない、と言うのが本音だ。ただ、口を開くことが憚られるような、何かが確実にそこにはあった。



日が沈み始め、光の加減でヒュウガの輪郭が淡いオレンジ色に見える。いつもならその頃になると、ヒュウガは、それじゃあ、と言って部屋を去って行った。


…だからだろう。
ヒュウガが、あのさ、と声を開いただけであるのに身体をびくりと震わせてしまったのは。


「何ですか…?」


恐る恐る口を開くが、ヒュウガはまた黙ってしまった。
言おうか言うまいか迷っているような、そんな顔。


コナツが軽く首を傾げると、ヒュウガはふぅ、と一つ息を吐いていつもの笑顔に戻った。


「今度、俺の仕事場に来ない?同僚に紹介したいし」

コナツは大きく目を見開いて、驚いているようだった。


「いいんですか?」

「もちろん」


一度城内を見てみたいと思っていたコナツは嬉々として喜んだ。


ヒュウガは安堵の笑みを浮かべると、時間と場所を伝えて、それじゃ、と言って出ていった。


コナツは、窓から入り込む風をどこか新鮮に感じながら、夕日色に染まる町並みを見つめた。



<続く>

******

いつになっても終わりが見えないこのシリーズ 笑
本当にこれは終わるんだろうか ←
つか段々とキャラを忘れ初めています(おま
夕日歌姫の同僚三人組が地味に好きです。前々回の事件の話、結構気に入ってるんですよね♪
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年08月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31