子豚な王子様43



「・・・ふう」

どんよりと重い目頭を押さえて、プラムは無意識にため息をつきました。

「休憩なさいますか」

側近のオクがすぐに気づき、お茶の手配をさせます。
ティカルがいなくなってしまった元の世界でも、数ヶ月の時が流れていました。
ティカルの首飾りを作った魔法使いに会い、ティカルがおそらく生きているということに、とても安堵したプラムでしたが、それでも確証のある話ではありませんし、こちらに帰ってくる方法もまだわかっていません。
ですのでプラムは王としての仕事を続けるかたわらで、夜の女王のことや呪いだとかの古い文献を読んだり、詳しい人に話をきいたりしていたのでした。

「なかなか、手がかりはありませんね」

「あぁ、ニータの力は魔の者特有の術なのかもしれないな…」

そうなると魔の者しかティカルを連れ戻せないのかもしれません。しかしそれは先代の王が、強い軍隊と引き換えに夜の女王と結婚すると約束したことと同じことを繰り返すということです。
大きな見返りを求められた時にどうするか。そもそも魔の者がどこにいるかもわからない状況ではあまり有効な手立てではありませんでした。

焦る気持ちを抑えるように、ゆっくりとお茶を飲んだプラムは、仕事に戻ろうと腰を上げました。

「王、手紙が届いています」

「あぁ、先に読む」

まだ目がしょぼしょぼしますが、政務の書類よりは手紙の字のほうが大きい気がしたので手紙を読むことにしました。いままで座っていたソファにまた座りなおし、丁寧に封を切ります。

いくつか手紙の中に、ファファからの手紙が入っていました。ティカルの弟である彼は、魔法使いのおじいさんと一緒に国に帰りましたが、彼なりにティカルを助けたいと思っているらしく、定期的に手紙を送ってくるのです。
今回の手紙は、なんとティカルに子豚になる呪いをかけた張本人、森の奥でひっそりと薬を作っている女の人に頼み込んで、占いをしてもらったとの内容でした。

この世界にはいないティカルの未来を占うのはむずかしかったため、プラムのことを占ってもらったそうです。

「田舎が吉、か・・・」

ぼそりと呟くと、あまり興味なさそうに次の手紙に手をつけました。呪いで散々な目にあっている彼ですが、実のところ占いはあまり信じていなかったのです。
しかし次の手紙を読んで、プラムは「むむ」と唸りました。

その手紙は、プラムの古い知り合いで、小さい頃に見聞を広めるために、しばらく滞在していた農家の人からでした。
大事な人を突然失って、失意の中でも気丈にがんばっていると噂の王様を心配して、「たまには遊びにおいで」と手紙をくれたのです。そしてその人の家はとても田舎なのでした。

手紙を持つ手が、じんと暖かくなったことで、いままで手が冷たかったのだとプラムは気づき、苦笑しました。

「王様?」

手紙を読んでクスクス笑っているプラムを、不思議そうにオクが見ます。子豚を神様の使い、もしくは天使として崇める信仰の彼も、率先してティカルを呼び戻す策を手伝ってくれています。つまり二人ともずっと働き詰めでした。

「行ってみるか」


*****

子豚な王子様42


「空豚、ちょっと歩いてみるか?」

「ぴい・・・」

ハルとカイの家を出て、しばらく歩いた頃、夕焼けを見ながらエンがそういいました。
これまでの経験から、ティカルの足元が違う世界の入り口になっているようだと気づいたのです。

ティカルにもエンのその考えがなんとなくわかって、恐る恐る歩いてみます。
そのまま近くにある村に向かって歩いてみましたが、違う世界に行くかもしれないと思いながら歩くと不思議と何も起こらないのでした。

「何も起こらないな…」

「ぶひぃ」

なんだか自分のせいなような気がしてしょんぼりしてしまうティカルです。
耳が垂れてしまったのを見て、エンは吹き出してクスクス笑います。

「しかたない。ヲーンとかいう虫に気をつけながら歩こう」

エンとティカルはキョロキョロしながら歩いたのでした。

***


「しまったなぁ。本当に何も起こらずに夜になってしまったぞ」

夜空を見上げて、エンは頭を掻きました。
今のところヲーンは出てきていませんが、さすがに野宿をするのは怖すぎます。村はまだ先のようです。

焦りそうになる心を落ち着かせようとエンは大きく息を吸って、「あれ?」という顔をしました。不思議そうな顔をするエンを見上げて、ティカルは首を傾げます。

しばらく考え込んでいたエンは、ようやく合点がいった顔をして「夜が違うんだなぁ」と言いました。

「ピぎ?」

「どうやらこの世界には、魔王という存在自体がない。

俺は魔王はいなくても魔族のいる世界で生まれたから、夜になると魔の雰囲気を無意識に感じていたんだろうな」

なんだか変な感じだ。と呟くエンの横で、ティカルは「夜」「魔」と聞いて、夜の女王ニータのことを思い出していました。そして自然とプラムのことも。

「ぴぃ…」

プラムはどうしているのでしょう。元気にしているのでしょうか?
もう夜が嫌いでなくなっているといいなと、ティカルは思いました。


そのときです。あのブニっとした感触がティカルの足を襲いました。

「ブヒー!!」

「うぉ!来たか!」

三回目ともなると、エンは無理にティカルを引っ張ろうとせず、ティカルのお腹をしっかり握ってはぐれないようにします。
沼のようになった地面に吸い込まれながら、やはり本能的に小さな4本の足をジタバタさせながら、ティカルはぼんやり思いました。

プラムのことを考えると違う世界にいくのかな?
少しずつ、近づいているといいな。と。


*****

子豚な王子様41



「もう行っちゃうんですか?」

堂々としているのか、照れ屋なのかわからない二人は、その後エンとティカルを食事に誘ってくれました。
なんでも頂き物のおいしいシチューがあるのだそうです。
たしかにとてもおいしくて、ティカルは言葉が話せたらおかわりしていただろうなと思うほどでした。

そしてエンは、服が乾くとティカルを肩に乗せて二人に別れのあいさつを言いました。

「村までは時間がかかるぞ。暗くなればヲーンも危険も高まるし。
明日の朝に出発したらどうだろう」

服が乾くまでといった張本人のハルも心配そうです。
しかしエンは首を横に振りました。エンがそう言うならティカルもいっしょに首を振って見せます。

「当てのない旅だけど、空豚と遭ってからは何かに不思議な力に引っ張られているような気がするんです。

どこに行くつくかは、わからないけれど…」

少し不安げな顔をしたエンですが、すぐに笑顔にもどりました。



カイは車椅子に乗り換えて、ハルとともに庭先まで見送りにきてくれます。

「エンさん、空豚くん」

ではさようなら、と背を向けようとしたエンたちをカイが呼び止めます。
彼は身を乗り出して、今にも立ち上がりそうになりながら、言いました。

「二人が行きたいところに、たどり着けるよ!いつか、きっと!」

「・・・」

いままでカイの印象は「ほんわかした青年、ハルの庇護者」だったエンですが、その印象がガラリと変わるほど力強い声でした。
ポカンとしてしまったエンたちに、カイはポポポと顔を赤らめます。

「あ、あの、ごめんなさい…。なんだか、口が勝手に動いちゃって」

そう言って恥ずかしそうに口を押さえるカイの肩を、微笑みながらハルがポンポンと叩きます。
二人の姿を見て、エンとティカルは、彼らは行きたいところにたどり着いたんだなと感じました。

「はい。たどりついてみせます!いつかきっと!」

「ピキぃ!」

そう言って今度こそ、森の中の小さな家に背を向けて、一人と一匹は歩き始めたのでした。



*****

ちょっと短いですが、書ける時に書いていこうと思います〜

子豚な王子様40

皆様台風大丈夫でしたか?こちらは何事もなく通り過ぎました。

お久しぶりです!やっと暑い盛りもすぎたようですね。
とりあえず、しばらくは子豚を進めます!よろしくお願いします〜。

*****


「ぴき、ブヒぃ」

家に入る許可をもらったエンは、はじめに刃物を向けてきた男の人のものらしき服を借りて、服を干しました。
そしてティカルは、家の中にいたもう一人の男の人に大きな布で体を拭いてもらいます。

「もう大丈夫かな。寒くない?」

「ぶひっ」

返事をするように一鳴きしたティカルを見て、彼はにっこりします。
椅子に腰掛けている彼の膝の上に乗せてもらったので、懸命に上を見上げます。

「ふふ、ねぇハルさん。この子豚さん、僕の言葉をわかってるみたいだよ」

「あぁ、なかなか賢そうな子豚だ。大きくなったらやっかいかもな」

最初の男の人は、エンを威嚇していたときとは大変な変わり様でもう一人に優しく接します。
この人はもともとはこちらのほうが素なのかなとティカルは思いました。

「すみません。服までありがとうございます」

「ああ。天気がいいから、すぐに乾くだろう。しかしどうしてあんな場所で溺れるんだ?子供の膝ほどもないんだぞ」

すべって転んだと男の人は思っているのでしょう。また、説明しようと思ってもエンたちですらよくわかっていないので、エンはあいまいに「はぁ、よそ見してて…」ともにょもにょ誤魔化すのでした。

「それにあんな場所に、堀があるなんて思わなかったので」

よそ見と言ったときには笑っていた二人でしたが、エンが何の気なしにそう言うとぎょっとした顔をしました。

「ヲーン対策を知らないの?」

「ブヒ?」

聞き慣れない言葉に、ティカルとエンは同じように首を傾げました。
男の人はため息をついて、「どこから来たのかわからんが、この近辺を歩くならそのくらいは知っておきなさい」と話し始めます。

このあたりには、ヲーンという猛毒を持つ虫がいて、ただ触れただけで皮膚が爛れたようになり、毒が血流に乗ってしまえば、ほとんどの者が死んでしまうのだそうです。
しかも暖かいものを好む習性があり、森に入る人間の足にくっつこうとするため、専用の靴を履くなど、きちんと対策をしなければいけないのです。

毒にあたってしまえば、生存はほぼ不可能といわれていたヲーンですが、ようやく近年、弱点が見つかったのでした。

彼らは水が嫌いでした。

体内に入った毒すらも、数秒、水に潜るだけで無効化できました。
そして家のまわりに小さな堀を作るだけで、侵入も防げるのです。

そう言われて見てみると、なるほど玄関の横に大きな水甕がありました。

「そうなんですか。やっかいそうですね。足が悪ければ、さぞ大変でしょう」

「あ、いや…僕は…」

他意はなかったエンですが、困った顔をする青年に、言ってはいけないことを言ってしまったのだなと直感します。

「すみません」

咄嗟に謝罪が口から出てきて、エンはペコっと頭を下げました。彼は相変わらず困った様子で、代わりにハルさんと呼ばれていた男の人が「いや、気にしないでくれ」と返します。

ティカルはその間、ずっとうつむいていた彼を見上げていました。
その目はとても何かに対して申し訳なさそうにしています。

「ぴぃ」

ティカルが「大丈夫?」と声をかけます。残念ながら子豚の鳴き声にしかなりませんでしたが、どうやら彼にはなんとなく伝わったようです。
ティカルと目を合わせると、そっと微笑みました。

「・・・僕は、平気なんだ。ヲーンに触っても」

「カイ?」

驚いた声を出すハルに、カイと呼ばれた青年は「ちょっと、話していいかな?」と伺いを立てます。
ハルは困りながらも、エンをちらりと見て、「まぁ、彼なら…」と頷きました。

「僕は生まれつき、ヲーンの毒が効かなくて、それでとてもひどい目にあったんだ。
今でもちゃんと歩けないのはそのせいなんだけど。

でも、僕は…ヲーンを嫌いではないんだよ?」

「え、でもひどい目にあったんでしょう?」

エンの言葉に対して、大きく頷きながら、それでも彼は「嫌いじゃないよ」と繰り返しました。

「ヲーンはね。きっと寒がりなんだ。だから、あたたかいものに惹かれてしまう。
そうやって、小さいからだで、一生懸命這って、近寄りたがっているのかなって思うと、僕はそれを嫌いだとは思えないんだ。

・・・ごめんねハルさん」

話している途中から涙声になったことに、いち早く気づいたハルは、すでにカイの後ろに立って、細い肩に両手を置いています。

「謝らなくていい。そういう気持ちごと、君だからね」

「ハルさん・・・っ」

エンが「えっ」と思う間もなく、二人は感極まったのかカイの肩越しにキスをしました。
間近で見ていたティカルは小さい目をまん丸に開いて、思わず飛び上がってしまい、カイの膝から転げ落ちてしまいます。

「ブヒッ」

「あ!ごめん子豚さん!!」

お客さんがいたことをやっと思い出したらしい二人は、赤い顔をして、ハルがまたカイの膝に置いて、誤魔化すように二人してティカルをナデナデしました。


*****


更新遅くなります!

お久しぶりです。
ここ一ヶ月くらい更新できていない状態なんですが、もう少し更新まで時間がかかりそうです。私生活が忙しいのと、子竜がなかなか難産なのが原因です。なんとも不甲斐ないことですが。
ちょっとこれは落ちついた時間と思考が必要そうなので、少しお休みをします。期限は考えていませんが、寒くなる前には再開したいと思います。

楽しみにしてくださっている方には本当に申し訳ないですが、どうぞよろしくお願い致します。

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール