0110

花が好きな母に似て私も花が好き

ピンクが好きな母に似て私もピンクが好き

なんで世界はこんなに矛盾するんだろう

どうして失くしてからじゃないと

気付けないことばかりなんだろう

私はどこから間違えてたのかな


1221

もっと話してあげていたら良かった
何か支えになれる事を
私は後悔ないくらい精一杯できただろうか
きっとできてない
もっとやれる事があったはずだった

わからないと逃げていたのは私で
辛さも苦しみも
何も解決してあげられなかった

優しくする事さえできなかった
今ならわかるのに
病気になって倒れてしまった時に
こんなに弱い母親なんだから
これからは支えになってあげようと
気付けた所だったのに

何もできないまま
ただ苦しい苦しいともがいているのを
隣で見るだけしかできない

死の恐怖に怯える気持ちに
大丈夫、すぐに良くなるよと
根拠のない嘘を言い続けるだけだった

何も大丈夫じゃなかった

そう思いたかっただけだった
よくあるドラマの話みたいに
お母さんは死んだりしない
こんな事で死んだりするような人じゃない

言い聞かせないと
どうやって笑ってあげたらいいのか
その為に必死に働いた自分を
どうやって慰めたらいいのか
わからなかった

私の事を偉いねと褒めてくれた
最後の言葉と顔がどうしても忘れられない

まるで、宜しくねって
言われたような気がした

頼まれるには私なんてまだまだ未熟で
毎日食事を作り、掃除をして、バイトをして、
自分の好きな時間もあり、それがない時もあり、
一息ついた時には寝る時間になっていたり、

こんな時はどうするの?
どうやってやってたの?
またこんな事があって

当たり前に聞けた事が
もう二度と聞けない

愚痴をこぼしたら
自分が崩れそうになるから
頑張っている意味がわからなくなって
なんで自分だけって思ってしまいそうだから
毎日毎日耐えて耐えて

家族思いのしっかりした私になって
お母さんのいない隙間を
私が埋める役割になって

でも別に褒められたいわけじゃない
凄いなって言われたって
そんなのわかってるし

どうしたいのか
何を言ってほしいのか
自分でも自分がわからない




1216

楽しい事と幸せな事をたくさん
考えられるようになったらいいのに

寂しいなんて気持ちはなくなればいいのに

楽しい嬉しいし幸せだとばかり
思って貰えるようになったらいいのに

どうして私はこんななのか
どうして不快に思わせる事ばっかり

ごめんね、ばっかり

yellow

あなたと言葉を交わす 端々で愛してるか確認する
不器用じゃない ただ臆病なだけ
真っ直ぐに言えないのは お互い様だから少し安心する
あなたも同じ気持でいるの?

もう別れたのに

妄想飛ぶ夢の先まで 届くまで届くまで 飛ばして
そこでもあなたが笑っていたら
少し優しくあたしも笑おう

あなたの後ろを歩く つかず離れずの距離が今は良い
あなたも同じ気持でいるの?

もう忘れられない

すぐにでも帰れそうだから 好きだから怖いから迷うの
耳の奥で願い呟いた 明日の空が曇らぬ様に

別れたのに

気付いてない訳じゃない 昔の声で話す二人に
胸の奥が熱く焼けそうな あの時を思い出してしまう
あの時を思い出してしまう

1205

言わなくていい事を言ってしまったり
考えなくていい事を考えたり

我が儘も自惚れも自己満足も
きちんと立場を考えないと
いけなかったのに
前の記事へ 次の記事へ