華祭り補足

*24だと流れちゃうので敢えてこっち*


冒頭にあった恒例BGオンリーの銀さん。
「〜なんだよ新八クン」とか言って新八くんにいちいち絡んでて非常に萌えたんですけど、今回やけに新八クン発言多くね?みたいに感じたんですけど(「ぱっつぁんよォ」ってのもあったな)、あいつらは一体何なんですかね。両国まで行っても特に変わらずに銀新だったようですけど、これはまた神楽ちゃんに「このホモ共が(ペッ)」って言われちゃう案件ですよね(それはお前の銀新)

銀魂華祭り(仮)昼の部感想

*簡潔な感想*


今華祭りの帰りです。今回盛り沢山で凄く楽しかった〜!そして一番の個人的MVPがさっちゃん役の小林ゆうさん。太田さんは毎回私のMVPなのでいいとして(私の?)、イベント終わると毎回太田さんと結婚したくなるから山崎とも結婚したいみたいな、そんな私の太田さんなのでいいとして(毎回どんだけ太田さんに心奪われてるのだろうか)、小林さんめっちゃ面白かったよ〜!今回は折笠さんやゆきのさん、甲斐田さんらの銀魂女子声優さんが揃い踏みしてた事もあり(もちろんくぎゅも)、小林さんが途中で皆にインタビュー?女子会と称してトークするコーナーがあったんだけど、そこの小林さんテンパり過ぎててね、ほんと何であんな可愛いのだろうと。小林さんが大好きです。

ユカリは今回一番小林さんが印象に残ってますけども、小林さんのあの残念な美女加減が好きすぎるぅぅぅ!何であんな残念な美女なのだろう。あんな美しいのに、ほんとテンパると何やるか分からない。だがそこがいい、小林さん。そこがむしろ素敵だ、小林さん。お芝居本当に凄いのに、落語心中の小夏さんとか鬼気迫る演技で度肝を抜かされるのに、素の小林さんはえらく可愛い女子。小林さんが可愛過ぎて面白過ぎて、やっぱり可愛過ぎて辛すぎる。

あと昼の部のスペシャルゲストとして、関さんと日野さん来てました。やっぱりお兄ちゃん出ると会場のテンション上がるなあ!と。夜兎の親子喧嘩と兄妹喧嘩の生オフレコは迫力あった。
別口で凄え面白かったのは、鈴村さんが自身のライブと被ってるってんで会場には来られなかったんだけど、その代わりにオープニングアクト?スカイダイビング決めてオープニングやった事は凄い面白かった(映像流れてた)。何でスカイダイビングからのオープニングなんでしょうね、本当に銀魂は何でもやるよね、何でもありなんだよね。そんなところが大好きです銀魂。
別にもう何やられても今更驚かないけども(驚きに慣らされすぎている銀魂ファン)、会場が『またこんなんやってる〜!』的な笑いに包まれてたのが凄く良かったなあと思いましたのです。

あとね!あとね!安定の阪口さんは阪口さんで、もう地元の星!(分かったよ)大好きです。
序盤の万事屋トークで、神楽ちゃん(くぎゅ)に、
「万年八位の不人気キャラに言われたくないアル!」
言われた際、

「不人気じゃねーよ!僕のファンはサイレントマジョリティーなの!」

って逆ギレかましてたのがキュンとした。本日一番キュンとした。分かってんなあ新八くん&阪口さん!

そうなの!

そうなのですよ、新八くんファンって皆して楚々としてるから、私を除き皆して控え目なので、決して声はデカくないの。人気投票は律儀に一人一票を守ってるの、何十票も何百票も入れるなんてことはしないの。新八くんを影からそっと見守る、それでいいの。新八くんの活躍を心から応援する、それでいい。そして新八くんと銀さんがいちゃついてるところを見守る(え?)、柱の影から血眼で凝視する、あわよくば万事屋の柱になりたい、ソファでも可、銀新の身近にあるものになりたい、私は本当にそれだけ、それだけでいいの(それだけじゃねえよ)
そんなサイレントマジョリティーなんだよね、新八くん(はぁと)

とにかく見所多過ぎてまとめにくいったらないのですけど、本当に楽しかった!親子で来られてる人もたくさんいらっしゃいましたね。小学生くらいの息子さん(娘さん)とパパさんママさんとか、もはやファミリー?銀魂イベントはもうファミリーイベントなのか?みたいなご一家も。アニメ十年以上ってそういうレベルなのですね。

とにかく楽しかったイベントでした!

いつまでもお幸せに(万事屋さん)


神楽ちゃんが林檎を食べたい場合:


神楽ちゃん「銀ちゃん林檎むいて!私の分はウサギにして欲しいアル!(キラキラ)」
銀さん「ったく仕方ねーな、まあこんなん新八はできねェしな(サクサク)」
神楽ちゃん「そうアル、新八が剥くと何故かウサギの耳がボロボロになっちゃうネ。ダメガネかつ不器用メガネアルな、新八は(ふう)」
銀さん「ほんとだよ、どんだけだよアイツは。いらねーフックだけ満載してんじゃねーよ(ふう)」

新八くん「やめてくんない、人の不器用さを二人で語らってんのやめてくんない!?」



銀さんも林檎を食べたい場合:


銀さん「つー訳で俺の分はお前が剥け。ちゃんとウサギにしろよ(真顔)」
新八くん「いや何で僕だよ、自分で剥いてくださいよ。銀さんの方が器用なんだから」




しかしツッコミつつ、ちゃんと銀さんの分は剥いてあげる新八くんなのであった(いい子か)
ポイントは銀さんが作った方が全然綺麗なのに、敢えて新八くんのを食べたがるところ(愛か)

くちばしにチェリー(銀新)

だからこういう銀さん(銀新)


原作にしてかぶき町四天王篇以前までの銀さん:


新八くん「銀さん銀さん」
銀さん「何だよ新八」
新八くん「銀さんの考える将来の幸せって何ですか?」
銀さん「ああ?藪から棒に何ですかお前は。宗教なら間に合ってまーす。こちとら毎週月曜にはきっかりお布施しなきゃいられねえ熱心な信者です」(ぺらり)(ジャンプ捲りつつ)
新八くん「いや宗教じゃなくて、ジャンプ教徒の話でもなくて。今テレビつけたら多幸感がどうたらって特集やってて……でもどうせアレですよね?銀さんの事だから、幸せは甘味絡みなんですよね?(ふふっ)」
銀さん「んー。まあアレ、俺の未来の幸せっつーかさァ。とりあえずお前と神楽と定春が居て、てめーらが元気で楽しくやってんならそれでいいや」(まだジャンプ読んでる)
新八くん「……はっ?」
銀さん「いやだから、てめーらが」
新八くん「ちょっ、ふ、ふざけんなァァァァァァ!!(ガタタッ)僕と神楽ちゃんと定春だけが居たってダメなんですよ!?僕らの幸せには銀さんが必要不可欠なんですよ、そこんとこ分かってんのかアンタは!」
銀さん「え?あ、うん」(←押され気味)
新八くん「ほんとに分かってんのかよ!スルーしないでくださいね、神楽ちゃんだってあんなに憎まれ口叩くけど銀さんの事が大好きなんですよ。ぼ、僕だって……(ぐすっ)」
銀さん「あれ?お前泣いてる。何で?」
新八くん「銀さんがバカだからですよ!ばかばか!僕らの気持ち思い知れバカヤロー!!(ぽかぽか)」
銀さん「ああハイハイ、つーか分かったって。そんな泣くほど愛されてんなら、とりあえず長生きしてみてもいーかな」




銀さんのこういうとこは大好きだったけど、こんな銀さんのことを少しずつ変えたのは新八くんなのですよ。愛か(愛です)


前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年03月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31