道化師の毛繕い

取り残された私は、取り残される人たちに文章を遺す。


『冷たい熱帯魚』をみた。私は「きれいだ」とただただうっとり。なにかを奪われた跡に、なにかを移植されたみたい。


「記憶の国の王女」。私が大学1年の時に書いたものと世界が一緒。久しぶりに再会できてしみじみ。

上記の本もそうだが、最近会社宛に購入した本が届くようにしている。ちょっと派手なニットを毎日羽織っているのも、珈琲やハーブティーを自前のコップて飲んでいるのも、本を送っているのも、「いまある風景から逃げたい」サイン。


誰も読みとってはくれない、孤独の闘い。


そう、私は風前の灯

焼け野はらを照らす刺と嘘つきの首飾り

率直に書くと、僕はとてつもなく死にたい。


それはネガティブな感情では、決してない。ただただ死にたい。

「生きてりゃ楽しいことがある」「死ぬだなんて失礼だ」


そういう次元じゃない。無の状態であっても死んでいたい。そういう時は誰にでもあるですって?一緒にしないでほしい。


身勝手なくだらない文章かもしれない。でも、わたしたちは本当は身勝手で、くだらない。いつからだろう。脚色や嘘を覚えたのは。


キレイゴトもザレゴトもない。あるのは自分の言葉だけ。


だから貪るほどに、自分を愛しなさい。自惚れなさい。そうして、痛みを知り、自分を知るのです。

だから、もうくだらないものは選別して廃棄して。ライムジュースがあなたの喉を毒す前に。


終わらないレクイエムを口ずさみ、消えない愛を虚空で抱きしめて。

手のひらに残る、足音と吐息。

いつまでも見つめていたら、きっと眠ることができる。


嗚呼。絶対零度。

私を、焦がさないで。

差し込む光に貫かれたわたしの心臓

仰ぐ。叫ぶ。泣いてみる。


信じても捨てられる。だからといって嘘をついていい理由にはならない。


もう時効だと思うので、少し告白をしておく。


快楽。そして、嘘と少量の狂気。そのあたりを配合したのが当時の私。

つなぎ止めるために取り繕い、口からは嘘と綺麗な言葉ばかり。

結局、事実だけに満足し、浸り、本質など興味すらなかった。

まだ続くのかの確認をする日々。


そんな日々なんて、真っ黒な偽りでしかない。

最初に止めていたら。そう悔もうとするのは表向きの顔。

あとは墓場まで。


個人個人には独自の世界がある。

僕はもう、その世界にはいない。いたくもないし、いてはいけない。なにより、もう取り繕うのは疲れたから。

またどこかで…といったうっすら存在しているような気配、匂いすら残したくない。

透明になる。そんなとききっと光は私を貫通していくだろう。

さようなら1つの私。


12/4
前の記事へ 次の記事へ