火葬された木霊

トロイメライを聴きながら渋谷を通過する。


ツウカギレイ。いつでも、朝を想起させるメロディだと思う。


いつまでもきれいだった、夜空はおわりがきて、


霊魂は頭上を走り回り、


祈るようにわたしに溶けていく。


深海の線路には蛇が眠る

地下鉄に乗ると白い光に包まれることがある。そのたびに、「マリンスノーだ」と呟く。


蜘蛛の糸。海の底。水を渇望する砂漠。


落ちてくるのかこないのか。悠久の時間が過ぎて、自分が落下していく。


気がつくと、空が赤く燃えていて、ギラギラと反射した涙が川面に咲く。全てが凝縮したその蜜に、蜜蜂は近づけない。ごめんね、掟なの。


ありもしない計算式を書きなぐり、定理として降伏させる。


高笑いをしている君の脇腹をチクリ。針が刺さって永遠の愛の話が始まるんだ。その冒頭、あなたは本能的に死んでしまう。蜜蜂なんかに生まれたからだよ。


でも、僕は蜜蜂でよかったと思う。君もあなたも蜜蜂にはなれないからね。



落下。落ちる。菊。虹。


心無しか、横切った水滴は、黄色だった。

Rin Oikawa

ピンときたあなたはビレバン人間。

2、3年前にビレバンで買った。


ジブリの歌などを英語でカバーしてる人。声だけではなく、演奏も魅力的な歌が多い。


おすすめは、テルーの唄。


「映画をみるときはきっと君は光っている。反射している」


「水面になびく日射は深海の魚を照らす。」


「空を見上げて、空を探して」

偽造されたわたし

朝起きると、オレンジに触れたくて、気がついたらウイスキーを飲んでいた。


自意識に八つ裂きにされたい。欲をいえば串刺しにされたい。


もう嘘ばかり。自分が悪者になるのも飽きた。エゴの塊をローストしたらわたしの出来上がり。


炭に溺れて、網をつかみ、ひっくり返る。


転んだ先には薔薇の茎。


二階堂奥歯が、人が死ぬのは20メートル以上つまりマンション7階〜8階の高さが必要だと言っていた。時間は2秒。

たった2秒。刹那。煌めき。紫。


4階だからきっと1秒だ。そんなことを考えながら紅茶を飲んでいる。アッサムの熱さが限界の自己を保ち、荒れ狂わなくて済む。

僕は生きていることには向いていないのかもしれない。


コップを額に押し当て、一抹の生を噛み締めながら。

美しい泥

愛に撃ち抜かれて飛び出た血がきれいなのは、空が青いから。

僕たちは瑠璃色に恋をする。

緑柱石に嫉妬する。


飲みほしたウイスキーが体を半周したころ、ほしたちはため息をはく。


銀と澱みを虚空に灯して。キスをして。
前の記事へ 次の記事へ