肉じゃがに空豆

霧。雨が務める役割は流すこと。雨だってコンクリートに当たると痛い。フラスコで受け止めて。


Green Bird/フジファブリック


立ち尽くす音楽は少ないのです。



書くことにこだわりつつ、現実をしっかり見ていたい。

ハローいま君に素晴らしい世界が見えますか

はろーで市川由衣はブログを始めてたなと懐かしい。


峯田の歌詞は一冊の本のよう。あなたの曲はページ。めくっても終わってほしくない。あらがって。でも率直で。おそろしくやさしい響きは、きっと光って見えるはず。こころの岸辺へと打ち寄せる濤声は、僕のなかに聴こえるかぎり、消えていかない。ありがとうほんとうにありがとう。



泣くことは還ること。そんな場所があるなんてしあわせなこと。荒波を越えて、かの場所へとビンは流れ着く。



大事に。

雨、コーヒー

といえば江國香織のエッセイ。

雨だったね。



傘持ってきておらず、無言で相合い傘。言葉がないからこそ、ぽかぽかするものがある。綾波。



Coccoの樹海の糸。やさしい歌はやさしい匂いがするのです。あたりまえをあたりまえに浴びる。言葉のシャワーはあたたかいほうがいい。



言葉はいつもこころにたりない。ザムド懐かしいな

無糖

ノンシュガーっていい響き


友人とバー。


相席した、自分の倍の年の人に「若いっていいな」って。でも「いまも楽しいよ」って。未来に希望をみせてくれる大人は好き。




久しぶりにいい空間。時計の短針に嫉妬するくらい。


朝は電気がいらない。光を窓の外から引き入れる。

黄色帰路そして岐路にたつ

銀座線黄色すぎない?イエロー。



目に向けた注意をそらして、突っ込んでくる人。暴走事故。胸に刺さる言葉をかわしていきていく。


公共機関。ホームと電車の中は別世界。でも、同じように振る舞って、あなたのカバンが僕に当たる。痛くはないけれど、いいたくはないけれど、他人にやられて嫌なことを平気ですると、なにかに嫌われるんじゃないかなと思う。耐えてもなにも生まれないという指摘。冗談交えで詩的なリズムで返す。反射。照り返す悪意は井戸の底へと吸い込まれて地下を照らす。



気づけば、春の息づかい。
前の記事へ 次の記事へ