ダーリンの頭ン中




トニーさんと小栗さんが大好きですv

いきなり告白から、失礼しました。頭ン中はいたって異常。優一です。


月に2回くらい校内図書館の中をあてもなくウロウロと夢遊病者のごとく、うろついては目に止まった本を借りるという……

『暇人』を絵に描いたような人間ですが、これでも受験生やってます。

やっぱり飛込んでくるのは英単語やら英文法やら、恋やら、毒やら、劇団ひとりやら(何の共通点も見受けられませんが;もしもし〜;

どうせ家じゃ勉強出来ないんだから、いっその事本を読めば良いじゃないと、マリーアントワネット宜しく、思い切った考えに出ました。現在進行形でトニーさんに癒されてます。はふぅ(´`)vV


読んだ方にしか伝わりませんが、エスケープ(escape:逃げる)の語源を説明するコマのケープ(cape:マント)を被ったトニーさんが可愛くて仕方無いです。うは、溜んね(親父か貴様

今度からてるてる坊主を作る際はモチーフをトニーさんにしようと思います(肖像権だろうか、著作権だろうか…ウムム


他には『陰日向に咲く(劇団ひとり)』


『ネイティブスピーカーの英文法』
なんだか、読み慣れた文章だなと著者を確認してビックリ。大西泰斗先生でした。

去年か一昨年あたりに某国営放送で放送していた『ハートで感じる英文法』の著者でもあります。見てなかったら、誰よ、という話ですがね(笑)

馴染み易い話し方、書き方なので、読みにくさは感じません。文法に飽きたら傍らのトニーさんと小栗さんに癒され、日本語が恋しくなったら劇団ひとりの世界へ飛び立つ……受験に対する無視の程度も甚だしいですね。



恋空(曽良って出ました凄いなこのヲタ携帯)も一緒に借りました。ベンチで読んで即返却。
想像していたのは清いお付き合い。それとは駆け離れていたという事に加えて、漫画や非現実的な世界を舞台にした小説ばかり読んでたもので、現代の男女間で営まれる恋愛の描写に、引いてしまいました。

いきなりベッドシーンて
あらら(/-д-)/


考えが古いと思いますし、そういったお付き合いの中で幸せになっていった方々も大勢いらっしゃる事はわかっているつもりです。


人それぞれの考えや恋愛があるってことで。








知り合いに

「好きな子いるんだけど、処女じゃないんだってさ〜」

と言ってた男がいました。

はっ倒してやろうかとも思いましたが、手を出したら負けだと(ボクサー的思考)思い、『そうか、遍歴を尋ねたのか、このセクハラ野郎』と一発言ってやりました。相手の子が気の毒で仕方がない。



コメント(0)







[新*] [] [旧#]
-エムブロ-