ファンドーリンとマサの主従コンビがもっと見たかったなぁ・・・

ロシアの男性作家ボリス・アクーニンの作品です。



ロシアの歴史探偵小説です。




日本人のイメージがwww
こちらには、島津公に仕える武家の三男・青野銀太郎(27歳)が登場します。



話題:ブロマンス


この四冊目からマサが登場します。
モスクワ生まれの美青年、エラスト・ペトローヴィチ・ファンドーリンと、そのファンドーリンの従僕(元ヤクザ)の日本人シバタ・マサヒロの主従コンビです。
優秀だがツメの甘さで一歩か半歩遅れ気味なところのあるファンドーリン・・・横溝正史の金田一耕助が頭をよぎったりもするけど、マサとの掛け合いが面白くて、久しぶりに萌えを感じました。

現在14冊が刊行されているようですが、日本ではそのうちの4冊が翻訳されています。

★堕天使(アザゼル)殺人事件
★トルコ捨駒スパイ事件
★リヴァイアサン号殺人事件
★アキレス将軍暗殺事件

ロシアのほうで、ファンドーリンとマサの出会いが書かれた10冊目になる『Алмазная колесница』(ダイヤモンドの馬車)を題材に、12回からなる連続ドラマが企画されているようです。舞台が日本なので、撮影も日本で行われるようですね。それに合わせて翻訳も出るといいのですが・・・
11冊目にはシャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンも登場する短編が収録されているようなので、それも読んでみたい!
岩波書店さんお願いします。
あと、できれば文庫化もしてほしいです。

かなり久しぶりに『マゲオーテと賢者の猫』を再読しました。


マゲオーテと賢者の猫 (コスモブックス)

エレノア リグビー
コスミック出版

オガストの使い魔であるグッピが可愛いんだよ、グッピが(*≧艸≦*)♪
そして、ハリマとオガストの友情に胸キュンです。


****


さて、こちら、たまたま本屋で見かけて衝動的に買ってしまった運命的な一冊です。

どこにでもいる普通の高校生・17歳のハリマ・ホッタは、ある日突然喋り始めた猫のカンちゃんとともに、イギリスの魔法学校へ留学!
魔法・友情・謎・邪悪が飛び交う本格ファンタジー小説。


ま、一言でいえばハリポタのパクリですな( ・`ω・´) ドヤァ
←ぶっちゃけすぎww

けっして本格ファンタジーというわけではないけど、こてこてな展開が面白くてツボりました(笑)。

小酒井不木が書いた児童向け探偵小説です。


「馬鹿だな、兄さんは!」の大人顔負けの俊夫君が可愛くて可愛くて…
モダ(ノ∀ヽ*)〃∀)モダ
小さなホームズのようでソーンダイク博士のような少年科学探偵・塚原俊夫(12歳)と、その護衛として雇われた大野さんの兄弟のようなコンビが微笑ましくて良かったです♪

創作篇
紅色ダイヤ

暗夜の格闘
※「消えたプラチナ」と題して、古城武司によるコミカライズもされているようです。
(『少年科学探偵 消えたプラチナ』TOMOコミックス)

髭の謎

頭蓋骨の秘密

白痴の知恵

紫外線
※「盗まれたネックレス」と題して、古城武司によるコミカライズもされているようです。
(『少年科学探偵 消えたプラチナ』TOMOコミックス)

塵埃は語る
※「さらわれた少女」と題して、古城武司によるコミカライズもされているようです。
(『少年科学探偵 消えたプラチナ』TOMOコミックス)

玉振時計の秘密

現場の写真

自殺か他殺か

深夜の電話
まったく関係ないけど「近藤つね」という美容術師が出てきます。

墓地の殺人

<参考作品>
不思議の煙
空中殺人団
パクリ疑惑のため?
「不思議の煙」は、ドイツのパウル・ローゼンハインの作品「空中殺人団」に似ていると読者からの指摘を受け打ち切りになってしまった作品のようです。

評論・随筆篇
科学的研究と探偵小説
『少年科学探偵』序
『小酒井不木集』はしがき





↓無料で試し読み!
青空文庫



少年科学探偵 (パール文庫)

小酒井 不木
真珠書院

こちら『少年小説大系 第7巻 少年探偵小説集』を底本にしているということで「紅色ダイヤ」から「玉振時計の秘密」の8編しか収録されていません。
それにしても挿し絵が残念すぎる↓↓orz

怪人二十面相


江戸川乱歩の作品を読んだことがなかったので手始めに「少年探偵」シリーズを読んでみることにしました。
ってか、図書館で借りようと思っていたものがなくて、たまたま「少年探偵」シリーズの『怪人二十面相』を見かけたので手に取ってみたしだいです(*´ω((←←
探偵・明智小五郎と、その助手の小林芳雄のコンビです。
子供向けの易しいトリックなので先の展開がわかってしまうところが少し残念にも思えましたが、それでも面白い!
個人的に明智探偵と小林少年のコンビよりも二十面相のほうが好きですww


☆「少年探偵」シリーズ
├怪人二十面相
├少年探偵団
├妖怪博士
├大金塊
├青銅の魔人
├地底の魔術王
├透明怪人
├怪奇四十面相
├宇宙怪人
├鉄塔王国の恐怖
├灰色の巨人
├海底の魔術師
├黄金豹
├魔法博士
├サーカスの怪人
├魔神ゴング
├魔法人形
├奇面城の秘密
├夜光人間
├塔上の奇術師
├鉄人Q
├仮面の恐怖王
├電人M
├二十面相の呪い
├空飛ぶ二十面相
└黄金の怪獣

テリー・ホワイトの作品がもっと読みたい!

アメリカの女性作家テリー・ホワイトの作品です。





新装版 真夜中の相棒 (文春文庫)

テリー ホワイト
文藝春秋

新装版キター!!!



でも、自分が持っているのはこっちです。


真夜中の相棒 (文春文庫)

テリー・ホワイト
文藝春秋

*真夜中の相棒
*刑事コワルスキーの夏
*リトル・サイゴンの弾痕
*殺し屋マックスと向う見ず野郎
*悪い奴は友を選ぶ
*木曜日の子供


話題:ブロマンス


テリー・ホワイトの作品が大好きです(><)!!!
特に『真夜中の相棒』『殺し屋マックスと向こう見ず野郎』『木曜日の子供』が、お気に入り♪
久しぶりにネット検索をしてみたら『シスターズ・イン・クライム』というアンソロジーに収録されている「殺し屋ザック」のことを知りました。
殺し屋であるザック・キャシディと16才の家出少年・ジェイミーの出会いと交流・・・
『木曜日の子供』を思い起こさせる内容でした。

他にもミステリマガジンなどの雑誌に掲載された「深夜勤務」「妖精と話をした少年」「ランナーと死の配達人」があるらしいのですが、せっかく翻訳されたものがあるのだから一冊にまとめて欲しいです。


天使が隣で眠る夜 [DVD]

ジャン=ルイ・トランティニャン 他..
紀伊國屋書店

『真夜中の相棒』は映画にもなっています。


危険な友情〜マックス&ジェレミー〜 [VHS]

フィリップ・ノワレ 他..
ポニーキャニオン

こちら『殺し屋マックスと向こう見ず野郎』も映画になっています。危険な友情ってww
前の記事へ 次の記事へ