スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

_

もうちょっと、自立している子だったら何か違っていたのかなって。良くも、悪くも。君が「良いよ」って言うからって、その言葉に甘えている時点で僕は駄目だったのかもしれない。君は、頑張っているのに。どうして僕は駄目なんだろう。




いっそこのまま





何度思ったかなあ。でも、僕が何を呟いても叫んでも、君には関係ないこと、ちょっと前から気付いていたよ。結局は他人なんだってね。あー、好きだよ。本当に。憎いくらいに、愛しているんだ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年07月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の記事一覧
カテゴリー