もっともっと

待ち合わせ場所に行くと、

Nさんは既に運転席にスタンバっていた。



『おはよう!
今日からまた宜しくお願いします(*^^*)』



Nさんと、

そして初めましての車にご挨拶をして
助手席に腰掛けた。


『なんか、座るの勿体ないわ(^^;)』



『ぷくぷくさんに座ってもらうつもりで、
助手席は誰にも触れさせなかったんだから。』





Nさんが
ずっとずっと欲しいと言っていたレヴォーグは、

ちょい悪オヤジのNさんにはピッタリだわ。




『じゃ、行くね。』



Nさんは
車を走らせながら、

たくさん付いてる装備を説明してくれた。



『これがアイサイト。

でもオレ、今イチ信用してないんだよね(^^;)』





郊外の道を走りながら、

加速の具合や足回りを確かめる。


少年の顔をしてるNさん。




『あんまり車にのめり込むと、
隣のオバさんがヤキモチ妬いちゃうわよ。』



『大丈夫。
絶対離さないから(^-^)』



Nさんは、
つないでた手にギュッと力をこめた。




『いい買い物をしたわね。
とっても似合ってる。』




『ありがとう(^^)
また色んな所に付き合ってもらうよ。』




車は変わっても、


ふたりは変わらない?





ううん、 変わるよ。





もっともっと、 好きになるから。

スペシャルシート

Nさんから画像が送られてきた。



『やっと車が仕上がった(*^^*)』


Nさんらしくてカッコいい車。



今日は仕事が半日だったらしく、
午後に車を引き取ってきたNさん。





Nさんの会社は
車好きが集まってて、

みんな車を買い替えると
すぐにお披露目するのが慣習みたくなってる。



『オレも乗せて!』
と、入れ替わり立ち替わり
助手席に乗り込んできて、

近所を一周走ってくる。



変な会社だけど、
みんな仲良しなの。




そんな感じだから、

新しい車で会社に寄ったりなんかしたら、
私が助手席一番じゃなくなっちゃう。




なのでNさんは、

誰にも見つからないようにまっすぐ家に帰って、
引きこもっていたらしい(^^;)



気を遣わせちゃった…





明日は初乗り。


きっと高速道路で加速を体感したいんだと思うけど、
残念ながら明日は雨。





本当は、
軽自動車の方が
二人の距離が近くていいんだけどなぁ(^-^)





どんなシートが用意されているのか、

とっても楽しみ。




前の記事へ 次の記事へ