舌打ち

今日は朝から、元シュートメを病院に連れてきている。

今、調剤薬局で順番待ち。
まだ時間がかかりそうだ。



夫だった人とはもう会うこともないんだけれど、

彼の両親は何かと私をアテにして連絡してくる。


病院に行きたい、
買い物に行きたい、
役所に行きたい…



全ての願いを聞いてあげることは不可能だし、
そこまでの義務はないと思ってるからやらないけど、

子供が三人いるにも関わらず、
この夫婦が今の状況に至ってる理由は、


ひと言で言うと

『自業自得』だろう。




私も、

ただのお人好しではないし、
慈悲深いわけでもボランティア精神を持ち合わせてるわけでもない。





以前、
傲慢なシュートメのことを
『クソババア』
と言ったら、



『確かにクソババアね。笑

でも、私にとってはおばあちゃんなの。』


そう言った娘の言葉と、




実母の
『あなたを頼ってきてるんだから、力になってあげなさい』



その言葉だけで行動している。




心の中では舌打ちしながらね。
これっぽっちも思いやりなんか持ってません。




そして今も…


これからNさんとデートだというのに、

薬局でイライラしながら待ってる。笑




女子会

仲良し三人組で集まった。

たまにブログに登場する、私の恋愛事情を全て知る親友たち。


バツイチと、未亡人の集まりだ。



みんなそれぞれ彼がいるけれど、
私以外のふたりの彼は、まるでストーカー。


いつも羨ましがられる。




『結局いつもぷくぷくちゃん幸せだもん。
天罰下ればいいのに( ̄∇ ̄)』

と、茶化される。



そんなこと言いながらも、
二人ともそこそこ幸せなんだと思う。





三人集まると、開けっぴろげな会話。



彼と行った どこそこのお店が美味しかったとか、
温泉旅館がよかったとか、

どこのラブホがいいとか…笑





明日は、

以前この二人に教えてもらったラブホに行く予定。



でもその前に、

シュートメだった人のワガママを聞いてあげなきゃならない。




相変わらず、傲慢な人だ。




せっかくのデートの約束がパアにならないよう、
さっさと用事を終わらせよう。
前の記事へ 次の記事へ