愛おしいひと

あいにくの雨。

紅葉デートは叶わなかった(´・_・`)



私があまりにも雨女だから

『ぷくぷくさん、
干ばつで困ってる所に行けば喜ばれるよ(^^)』


なんてイジられて…



まずは、ランチから。

友達とよく利用する、お魚の美味しい和定食のお店を教えてあげたら
Nさんはとても気に入って、

今度 晩ご飯に行くことにした。




お腹もいっぱいになったところで

『さて、どこに行く?』



『先生、宿題してきませんでした!
だから決めてよ。
お任せします(*^^*)』


すると指を絡めてきて


『オレに任せたら、休憩する所に行っちゃうぞ。』


『いいよ。』


本当は、心の中でガッツポーズした(笑)




でも、
若干の不満はある。




お風呂に誘われたから照明を落として入った。


初めて Nさんと一緒に入るお風呂。


当然、
イチャイチャしてくれるもんだと思ったら、

浴室のテレビを少し見て、
先に上がっちゃうし(´-ω-`)



気を遣ってたのかしら。
それにしても、
私に触れることなく上がっちゃうなんて…



老夫婦ですか?




少し
温度差を感じるけれど、

そこは慣れてかなきゃならないんだろうなぁ。





そっちの回数も全然減っちゃったし、
スタイルもまったく違うけど、

愛されてるって実感はある。







『ぷくぷくさんは
ほんと元気だね(^◇^;)』





(はい、
20代の彼と付き合ってましたから…)




『そんなことないよ。
私ももうバテバテなの。
頑張ってくれてありがとうね(^^)』



Nさんの頭をギュウっと抱きしめた。



今一番 愛おしいのはこの人だもの。















やっと…

連れてきてもらいましたよ。




Nさん、

イビキかいて爆睡中(^^)



んじゃ、 またね!

不機嫌な、食べ頃過ぎた果実

紅葉を見に行く約束なのに、

なに? この天気(´-ω-`)



そしてNさんも…

『雨だったら、どこ行こうか〜』





雨でお出かけ出来なくなったら

二人きりになれる場所でのんびりしようね!




そう言ったのは貴方よ。





『どこに行くかは、宿題ね(^^)』





宿題って、 どういうことよ(´・_・`)



私に言わそうとしてるわけ?




それとも、

オバさんとは そういう気にならないの?

(出た! ヒガミ…笑)





今日は、
ダンマリしてようかな。



不機嫌な顔して…


前の記事へ 次の記事へ