健全な変態


昨日は遅い出勤だったので、
昼間の5時間くらいをけんちゃんと過ごすことができた。



貴重な時間なのに、
また私は けんちゃんにマッサージしてもらいながら寝てしまった。

ん〜…(-ω-;)





昔のブログに書いたことがあるけど、
私はけんちゃんの香りを嗅ぐと癒やされる。

けんちゃんもまた、私の香りで安心すると言う。
彼はいつも私のこと クンクンしてるんだけど(^^;)



けんちゃんが帰省する時とか、
学会で留守にする時

離れてもお互いを感じられるように、
私たちは衣服を貸し借りする。



今回も3週間会えないから
私は自分のモノに いつも使ってる香水をふって、
けんちゃんに貸してあげた。



彼は、ブ○ジャーがいい!
って言ってたけど、
そんなものご家族に見つかったら大変だし( ̄∇ ̄)




『けんちゃんてば、
JKの下着集めてる人と そう変わらないよ(^◇^;)』



『違いますよ!

僕は、健全な変態ですから(゜ロ゜)』



結局、やらしくないインナーを渡した。




しかし…


香りが消えないようにと、
ジップロックに大切そうにそれをしまう姿は

やはり変態( ̄。 ̄;)





けんちゃん、

いつかその変態ぶりを写真に撮って、
キャンパスの掲示板に貼ってあげる(・∀・)




けんちゃんの出発まで

あと3日。

世界にふたつだけの。

一昨年前だったか、
ホワイトデーを過ぎた頃

けんちゃんは 私にプレゼントをくれた。


『これ、遅れちゃいましたけど、ホワイトデーの…』


一冊の本だった。


表紙の写真は、
見たことあるような景色。



折り目がつかないよう そーっと開くと
写真集だった。



『あっ!

これは(゜o゜;』



『はい、製本してみました(^◇^;)』





けんちゃんは、趣味で写真を撮っている。
研究のために、いいカメラを買ったのだけれど、
そのうち風景も撮るようになって。


二人で出掛ける時も
花を撮ったり、川や橋を撮ったり。


片目をぎゅっと閉じて、一生懸命シャッターを押しては確認して…

撮ってる時は私のことなんてそっちのけだから、

じっとけんちゃんの横顔を眺めてる。





私は写真に関して素人だけど、

けんちゃんの撮る写真は美しくて、色んな表情があって…
とてもステキだと思う。




彼は、撮りためた写真を、
オリジナルの写真集にしていた。




もらった写真集は
『四季』がテーマになっていて


夕焼けでオレンジがかった桜の花。


今にも水がはねてきそうな水面。


燃えるような紅葉や、
金色のイチョウと青空とのコントラスト。




いつも見慣れてるはずのこの街の

春・夏・秋の風景が、
とてもお洒落に切り取られて…



でも、
ここは雪がめったに降らないところ。

冬の景色は?




次のページを開くと、一面の銀世界。

『ぅわ〜!  これって…』


『実家に帰った時に撮ったんですよ。
ここは雪が積もらないし。

これでやっと、四つの季節が揃いました!』





『これに、カメラマンさんのサインを頂きたいわ(^^)』



『サインて…(^◇^;)


これ、ねーさんと僕しか持ってないんですよ!』





世界にふたつしかない写真集を、
けんちゃんと私が持ってるって…


二人だけのもの…?




その写真集は ベッドの隙間に置いてあって、
時々寝る前に開いて見ている。


嫌なことがあった日も、
とても優しい気持ちになれるから。



これは、私の宝物なの。






ぁ…、

カメラマンさんのサイン、


まだ頂いてなかったわ。




どこへ…?

けんちゃんが卒業するまでの、
それまでの心のより所。


それでいいと思ってた。



彼の
『真剣に考えてる』

の言葉に、



私は どう応えればいいだろう。



タイトルの
ずっと一緒にいられたら…は、

私の願いではあるけれど、


縛りつけるわけにはいかない。



私たちは、


どこに向かっているのかな…

思いがけない……

私は
聞き違えたと思って、
『えっ?』  と、彼にもう一度聞いた。



『赤ちゃん出来てても、
それはそれでかまわないって言ったんですよ。』




『(。・・)

…やあね、けんちゃん!
私がけんちゃんの赤ちゃん産むってこと?』




『そうですよ。
僕は産めませんから(^◇^;)』






『や…やだ、けんちゃんたら( ̄∇ ̄;)
変なこと言って!』






『何が変なんですか?

僕は…それくらい真剣に、ねーさんとのこと考えてるってことですよ(゜ロ゜)』





『ん?(。・・)??』





『それくらい好きってことですよ!

あーーっ!
なんか伝わってないみたいだから
ビシバシお仕置きですね〜( ̄。 ̄;)』







真剣に考えてる。   とは?

真剣に考えてる?






ぁ、

これもきっと聞き違ってる……

勘違い

更年期もそこまで来てるというのに、
恥ずかしながら、先日妊娠を疑ってしまった。


けんちゃんと会った数日後
まだ時期ではないのに基礎体温が上がった。


しかも、高い体温は長く続いて いっこうに下がらない。


じゅうぶん気をつけてはいるけど、もしかして…


けんちゃんも、微熱が続く私を心配してくれたので、
つい喋ってしまった。


きっとこういう時、男性はオロオロしたり 本音が出たりするんだろうけど、

けんちゃんはいたって冷静で、
少し様子みて調子悪かったら病院に行ってください。

それだけだった。






昨日、ちゃんと来るモノが来て(^^;)

今思えば、体調不良での微熱だったのかもしれない。


それをけんちゃんに報告した。



『けんちゃん、ちゃんと来ました!
赤ちゃんじゃなくて よかったね(^^;)
心配かけてごめんなさい。』




『ぁ、そうなんですか!

でも〜
僕は赤ちゃんでもよかったんですけど…(^^)』