嵐並みの突風!

店の前の侘び助の植木、骨董品の甕に入れてましたが道路まで転がり割れてしまった!人も車も通らないので怪我や事故にならないのが良かったが、骨董屋を巡りやっと見つけた甕、古い長家に合う良い雰囲気だったのが…。知り合いの植木屋さん駆けつけてくれて取りあえずポリの植木鉢に収めてくれた。初春から甕さがしに郡部の骨董屋まわりましょうかね…新しい楽しみが増えたような年末です、トイレの鍵も取り替えたし、イライラ焦らなくなったのは毎朝飲むグリーンスムージーのおかげかな、林檎人参小松菜豆乳蜂蜜入りだもの!穏やかな師走です。

街はすっかりクリスマス!

クリスマスソングが流れ一番町は買い物の袋を抱えてる方増えました。銀行や花や文房具など細々歩き「エビアン」でコーヒータイムが楽しみです。老舗なので商店街の旦那衆、クラブのママだったと思うお洒落な年配美人…皆様の人生ドラマ想像しながらコーヒーすする…。定禅寺通りを家路に着きます。夜は光のページェントの会場です。一つだけ赤い電球あるとか…勾当台公園はスケートが出来、こちらにはピンクのハートの電球があるらしい…。24日休みなので探して見ようかなワンカップ片手にね…。

お詫びの侘び助です…。

芹鍋セット発送がかなり続いてますが…「今夜食べるつもりで待ってたが届かない!」とヤマト運輸の遅配なんですがお客様は侘び助との約束ですもの大憤慨!今から食材買いに行けないし、単身赴任の旦那様が今日しか居ないのよ!」おっしゃる通りですm(_ _)m楽しみにしてた食事の時間を台無しにしてしまったのだから!とんでもない事をしてしまった!のです…。それからは芹発送用携帯にメールが入る度にドキドキ!ノイローゼになってしまった…迷惑かけるなら発送止めるかなと落ち込んでしまった…。……………。毎日発送のノート確認指差し確認で発送準備して集荷に来たヤマト運輸に確実に届けてね、遅配にならないよう1日早く出せば良い?などと話すが「大丈夫必ずとどけます」と、拝むように芹鍋セット発送してます。

無名塾の芝居

年に一回円地晶子さんの芝居を見に上京します。仲代劇堂は昔の無名塾の稽古場です。役所広司、益岡徹、若村麻由美さんが汗と涙を流した場所。そこでの芝居にマニアが集まり、すぐ券が完売となる。円地晶子さんが新人の頃仙台で「森は生きている」の公演があり、出来の甘い芝居で唯一いいのが主役の姉くらいね!と友人の無名塾の役者と話してたら、連れ来てた女の子が彼女だった!のだ!そんなご縁で東京の友人誘い10名で通い続けてます。用賀なので渋谷で乗り換える時見た交差点は小さい!ハチ公と写真撮るかと思ったら外国人の長蛇の列であきらめた、どんどん演技力が増しいろんな賞をとり円熟してきた彼女に絶賛の拍手!満喫して飲み会へと…。「夕映えの仲代劇堂残花かな」

初雪の日に街中吟行です

俳句教室の先生と生徒の勉強会は西公園のこけし塔から源吾茶屋周り青葉通りの晩翠草堂や芭蕉の辻と我が家のご近所コースです。こけし塔のあたりには詩人で画家の尾形亀之助の豪邸があったとか宮澤賢治や高村光太郎と知り合い草野心平が友人だった…。こけし塔の作者の事や浜夢助の石碑(川柳作者で河北新報社の選者)や句碑などいろいろ文化的なものや彫刻が沢山ありました。全然気がつかないで散歩してたのである。無知とはなんともったいない日々を過ごしていることか…。芭蕉の辻には芭蕉と言う虚無僧が住んでたとか、彼はスパイだったとも…。寒い1日でしたがその当時の人々が嬉しそうに闊歩してる風景が浮かんできました。また賢くなってしまった女将さんなのですイヒヒヒ。