紫稲荷大祭

立町にあるお稲荷さん、芸者置き屋や検番、料亭の町だった頃油揚げと卵を供えてお詣りする方が多かったんですよ…それがノラ猫、カラス対策でお供物は駄目となり1人ぼっちになってしまったが、年に一度駐車場に舞台を作り芸者さんの夏の踊り、雀踊りにフラダンス、ベリーダンスと怪しくなりニューハーフショーとなる頃には町内会ならぬ遠くからの客であふれます。立町はニューハーフのお姉さん方が住んでます、地元愛で大サービス、踊りながらパンツをプレゼントに脱いで投げる、拾いに行く小学生私に「パンツ何枚も履いてるから大丈夫!」素晴らしさ教育、将来安心だわと子供に未来を託した瞬間でした。

ベランダ園芸涼しいかも!

朝水やりするたびトマトつまんでます。胡瓜がぶら下がってるのをみると嬉しい。ピーマンもゴツゴツと太って行くニラ、ネギ、ハーブ、紫蘇は使う分だけ摘まみます。ノーゼンカツラ花咲き始めました。葉の茂りが壁一面に這い出し葦簀を硝子戸にかけていた去年より涼しい感じがします。いろんな虫が上がってきます。蜂や大きなカナブンも見学に来る。ベランダの手すりに可愛いい鳥もひょいと顔だす。緑を目にしてると幸せです。昨日お客様がブータンに研修生採用に行ってどこに行っても穏やかな対応で幸せを感じた…と、行ってみたいな〜近々研修生を連れて来てくれる、ブータンの若者に会える!生食しないお国柄だが赤い刺身大好きとか、マグロ刺身ご馳走しょう!

学会で全国から侘び助へ

看護婦さんの学会?奥の部屋は大阪、表は東京、横浜、栃木、日立、兵庫、から…「芹鍋無くてもクレソン鍋美味しい!とアップしてあるし来て見たかったのよ、テレビより若いわ!と誉めらてチーズ焼きのオーダーに向かいのローソンからバターロール買って来てチーズ付けて食べてねとか豆腐アイスクリームサービスしたり、東北の酒よろこんでもらいました。奥の部屋では「これ旨いワーほんまやな〜!」ほんまやな連発に快い響きと感じた。テレビでさんまさん連発してたが「生ほんまやな〜」は気持ちの良い響きでした。大阪は美味しい酒出す所無いよと婦長さんおっしゃる。是非「山三」ミナミにあるのでと昔侘び助に来てくれた控え目で優しいご夫婦ですよ。早速検索「仕事場から近いわ〜ほんまやな〜」予約するらしい。私も一度は行きたいと思ってます。

ミシュランガイド宮城県版

ミシュランの方が偽名で予約して来てくれたのが11月3回断られやっとはいれたと若い男性が一人でいらっしゃいました。満席状態のカウンターの端でいい?ごめんねと…刺身と日本語、芹鍋一人前、トントンと出してこんな感じで煮すぎないで食べてねと放置…びっしりのお客様にバタバタ…大丈夫?一人で出来る?などと最悪な対応です。その人がミシュランガイドの調査員でした。3日後営業時間やいろいろ聞きたいのでと営業前に来てくれました。何故か名取の芹農家のご苦労と芹をいかに大事にしてるかを喋った!載るかどうかは出版されての発表とか…発表会場への招待状が届き今日ホテルへあの白いタイヤマンと記念撮影し、シャンパンいただいて発表を待ちます。侘び助さんね行きましたよと次々に招待されたが挨拶してくれる、顔見るとあ〜奥の個室に来た人、カウンターに来た人、芹鍋評判で予約して行ってますよと…同業者さんかなり来てくれてるんだ、サア発表!載りました!もちろん星関係ない紹介店です。宮城県何万軒とある中あのミシュランガイドの本に載せてもらったのです。名取の市長さん捕まえて名刺交換しました。芹鍋のおかげで載せてもらいました!と握手!

水沢周辺吟行へ

現代俳句の仲間と一泊2日の楽しい旅です。近場と言う事で水沢市へ…平泉がふるさとの私は見る所何かある?薬師堂温泉でゆっくりすっぺがななどすっかり物見遊山のつもりが夜中1時までの俳句地獄のたこ部屋の旅でした。「黒石寺」蘇民祭(黒毛和牛風な男達の戦い)地方の彫り師の仏像は足腰が大きく小顔なんです。正法寺の巨大な茅葺きの屋根にあっとうされた。「筧の輪ミズスマシの輪まほろばわ」水沢は三賢人、高野長英、後藤新平、斎藤實の生家があり武家屋敷の通りも整備されてる。銅像のある水沢公園を散策「白日傘キャッチボールの弧の中を」…宿での兼題「長机」で特選取った!「長机スイカの種の届く距離」ケンカした二人端に座っても種飛ばせそう…列車で帰りました「水沢の駅にコンテナずらり梅雨」…お付き合いありがとうございました。豚菜と地縛りの花の違い、掃き溜め菊、種付け花など収穫大いい吟行でした。阿弖流為の地陸奥は今も我慢民族の力強く優しい土地で今も同じ風が吹いていました。
前の記事へ 次の記事へ