不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うん

不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。


つまり、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。


それには証拠固めが不可欠ですが、きちんと裏をとっておけば、後はとことん相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。


私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。


転職や家庭崩壊など、ろくな結果にはならないでしょう。


興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫関連の調査です。


とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを解説します。


一番多い手法としては、依頼者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。


対象に気づかれては元も子もないので、ここぞという日時に限定して追跡し、不倫の証拠写真を撮影したりします。


探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか心が乱れますよね。


まずは落ち着いて、探偵事務所に調査を依頼するよりも先によく考えておくことが賢明です。


夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。


本人たちにとっては遊びのつもりでも、自らがした不倫の償いは、おそらく高くつくでしょう。


配偶者の出方次第でも変わるでしょう。


しかし、単純に離婚されるだけではなく、慰藉料を請求されることだってあります。


不貞行為が明るみに出れば、相応の代償を払って償わなければいけないのです。


いくら成功報酬制を採用していると言っても、仮に浮気調査について依頼した場合には調査期間が3日間だったとして、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功として扱われてしまいます。


実際のところは不明確であっても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら浮気とは分からないまま、調査期間を終えてしまい成功報酬としての料金を請求されます。

浮気している人の嘘ってけっこうわかる

浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。


それには遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


嘘をつく人間というのは妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。


だから質問は簡単なほうが良いのです。


また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。


隠し事があればあるほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。


目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。


一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているケースも見られます。


高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、実際はかなりあいまいです。


成果があればこその対価であるのに、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなどということにならないために、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておきましょう。


時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が安い料金で行うことができます。


よって探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動を調べ上げることが重要です。


最も疑いのある時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからずお互いのメリットとなります。


探偵も企業である以上、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。


それに、依頼する調査の内容次第で見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。


尾行調査だって、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。


どのくらいの期間を要するかでも料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、費用も多く見込まなければいけません。


持ち歩いていて何かと便利なスマホ。


しかしそれが元で浮気がバレたというパターンが少なくありません。


スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインなどのSNSやメールにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されているかもしれません。


ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけといっても良いのではないでしょうか。

事前に成功報酬と言われていても、例えば浮気

事前に成功報酬と言われていても、例えば浮気調査を依頼したケースでは調査期間が3日間だったとして、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功となってしまうのです。


実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ浮気の証拠がつかめないまま、専門的な調査は完了となり事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。


探偵社には調査報告書というものがありますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。


もし裁判等で使う際は、やはり証拠として認められるよう、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと困りますよね。


そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、目的に合った事業者を選定しなければなりません。


探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。


どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。


広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。


また、大規模な業者では調査員はもちろん内勤の相談員などの育成に時間と費用を充分にかけていて、そういう点が調査成果や報告書の精度に大きく影響してくるのではないでしょうか。


不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を望むのであれば敵の情報は必要ですし、不倫関係が継続している事を形として確保しなくてはなりません。


それには探偵の浮気調査が有用で、個人には手の届かない高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判で闘う上での武器には困らないように整えて貰えます。


配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。


しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は慰謝料を請求することができません。


慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、あなたの年齢、結婚歴等いろいろな事を鑑みて裁判官の決定を待つことになります。

世間的には離婚した際、浮気経験のある親というのは

世間的には離婚した際、浮気経験のある親というのは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。


でもそれは、絶対的なものではないのです。


子供の親権というものは、裁判では日常的に子と生活を共にしているかとか、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかといった点がチェックされます。


つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかを重視して判定するのです。


ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。


理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使うのが当たり前だからです。


近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも増えていますが、好意を持つ相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。


そのため、何気なく電話することは十分ありえるのです。


SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこでポロリと不倫が発覚したといったケースが増えています。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えていいでしょう。


SNSに対する不審な行動があるかどうかは浮気の有無を見出すきっかけにもなるのです。


不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。


つまり、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。


それには証拠固めが不可欠ですが、きちんとした裏付けさえとれれば、もう、思う存分、締めあげてやるまでです。


私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。


転職や家庭崩壊など、碌なことにならないですよ。


それを分かってて不倫するほうが悪いんです。


知らない探偵社に個人的に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。


もし最初から実名で相談するのが不安なら、名前を明かさずに相談できる会社もあるので、最初に匿名で話をさせてもらい、手応えが良い感じであれば、個人情報を明かすというふうにもできます。

ハイテクが日常生活に浸透している現代

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見できるようになったのは有難いことです。


GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使用させることにより、相手の現在位置がわかるのです。


マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSが役立つかもしれません。


一般的に不倫調査で探偵を利用するコストはけして安いものではありません。


そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、損失は金銭的なものに留まらないですよね。


理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、すごい料金をとっていても必ずしも調査能力が高いわけではないのが難しいところです。


ダンナの不倫や隠し子などの調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもそんなに珍しいものではありません。


話に出てくる探偵というのは単純で、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。


しかし、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡したり写真を撮影することは、初心者には到底無理です。


相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。


不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦しいかもしれません。


なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないこともあるからです。


「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。


そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。


証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは不本意ですよね。


ですから、信頼できる調査結果を入手することをおすすめします。


不倫の行き着く先って色々ありますよね。


配偶者や職場に浮気がバレた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになることだってあります。


また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。


どういうルートを辿ろうと、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてありません。
前の記事へ 次の記事へ