浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つ

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。


まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に自分の損得を考えるのが先決です。


夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。


探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。


まずは大手や中小にこだわらず、地域周辺に限って、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。


ある程度の選別ができたら直接電話で話してみることをお勧めします。


現場の人と話をしてみないことには、良さそうな探偵社かどうかなんて判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。


地図上の場所がわかる機械を用いて、行きつけの場所の情報を探してその近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから不埒な行為を押さえることができるでしょう。


あまり予算が無い場合には、端末などで調べるのもひとつの方法ではあります。


GPS装置がつけられていることが知られてしまう恐れもあります。


探偵に不倫調査をしてもらったあとで、別途、代金を請求されるというケースがあるようです。


その時は、まず契約書を確認しましょう。


そこにはオプション付加条件や料金テーブルが書かれています。


このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。


また、不明なことがあるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが重要ではないでしょうか。


実際に探偵に頼むことで、浮気の証拠を掴む事が可能です。


浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。


けれども、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても自分の行動が相手に見つかってしまう可能性はあるでしょう。


その原因はズバリ、あなたの顔が相手に知られているからです。

不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関す

不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関する情報を安易に知らせたくないと思うのはよくあることです。


最初の見積りのときは個人情報はなくても大丈夫な会社も現在では増えています。


ただ、仕事として依頼する際は契約は必須ですし、必要な個人情報の記入は避けられないでしょう。


せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。


探偵が浮気調査をする場合、100%成功することはあり得ないのです。


失敗した場合の代金についても、依頼をする時にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。


先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、ほとんど病気なみに身についたもののようです。


入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。


終わったものまで糾弾する気は既にありません。


男の人の浮気ってこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。


あんな人と人生の伴侶としてやっていく意味がわからなくなったので、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。


探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、そうでもないです。


老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの決済に対応しています。


明細書の記載に配慮した会社も多いので、カードの使用明細によって調査会社を使ったことが配偶者に気付かれる恐れもありません。


カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、良い業者の目安ということにもなります。


不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、だいたいの相場は知っておいて損はないでしょう。


割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところもあるので、身を守るためでもあります。


また、安価な価格設定で顧客を誘い、諸経費やレンタル料などを請求したり、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、コストテーブルについては事前に、きちんとした説明を求めるようにしましょう。

探偵が気づかれないようにしていても、残

探偵が気づかれないようにしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい調査対象が警戒を強めてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。


たとえ探偵が浮気調査をしても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。


成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査する前に契約書に盛り込むことが必要なのです。


貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を要求しようとするのならまずは相手のことを知らなればなりませんし、複数回に渡る浮気の証拠を突き付けられるようにしないといけません。


しかし調査のプロである探偵に依頼したら、浮気の証拠をキッチリとした形で映像に残して貰えますし、適切な形で裁判にでも通用するように用意してくれるでしょう。


探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で行動調査を行っていることもあります。


行動追尾や張り込みは言うまでもなく、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。


ただ、社内機密といってクライアントでさえ知ることができない調査方法も存在するらしいです。


浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。


それは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


疑問が確信に変わりきらないケースではひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。


不倫相手の存在が確かになれば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。


主にパートナーの尾行を中心として、あるいは張り込んだり等浮気相手の素性を確認するのです。


浮気の証拠をとらえるためには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。


とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。


探偵さんへの浮気調査の依頼には、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所それぞれで料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがいいでしょう。

配偶者が不倫をした場合、交際

配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して慰謝料を求める事ができます。


ただし、配偶者が不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときはあなたは二人に対して慰謝料を請求できません。


慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。


不倫した二人に慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら相手のことはちゃんと知っておかないといけない訳ですし、何回もやっているのであればその都度都度の過ちの証拠を確保しなくてはなりません。


しかし調査のプロである探偵に依頼したら、浮気の証拠をキッチリとした形で貴方に届けてくれますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を届けて貰えるのです。


興信所に調査を依頼するには、とりあえず電話をかけましょう。


それがファーストステップです。


電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、最寄りの営業所まで行きます。


打ち合わせが済んで、依頼するという段取りになったら契約し、本当の調査が始まるのです。


興信所と探偵。


実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容もほぼ同一です。


相手方の不倫を理由に離婚するなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が不可欠です。


もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、その道の専門家に頼んだほうが離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。


それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際にきっと役に立つはずです。


興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、支払い面でのことです。


ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで増減します。


素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円台と考えておくとよいでしょう。


安ければいいというものでもないでしょうから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが一番早い方法だと思います。

相手に全く覚られずに、浮気しているという

相手に全く覚られずに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためにはしっかりした機材と技術が必要になります。


浮気の現場をカメラに収めても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠にならないのは仕方の無いことです。


浮気を探偵に調査してもらうなら、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。


知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても抵抗感があるという人は少なくありません。


相談時に本名を告げることに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれるところも多いですから、とりあえずそこで相談し、信用のおける業者であることがわかってきたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすといいでしょう。


夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。


たとえば、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。


要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


一家の主である彼を第一に考え、外見にも気を遣い、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えています。


よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、結構言い得ているのではないでしょうか。


もともと我が身のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情がいつかはばれるのではと怯えて生きていかなければいけないでしょう。


第一、不倫した相手と入籍するに至っても、いつまた不倫に発展するかと思うとそう落ち着いてもいられないでしょうね。


ふつうの金銭感覚でいうと、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように思う人が多いようです。


そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、肝心の不倫の裏付けができなければ、お金をドブに捨てるようなものです。


大事なのは調査の能力の高さですが、高額な代金を請求するところが優秀で良い探偵社であるかというと、判断に迷うところです。
前の記事へ 次の記事へ