里帰りや同窓会など、再会のシーズ

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。


不倫に走るきっかけになることも大いにありえます。


かつて好きだった人と気軽に喋れたり、級友同士ということで異性であることをあまり意識しないため、気持ちが通じやすくなるのです。


クラス会が終わってから、パートナーの挙動に不審を感じたら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。


どのような行動をしているか記録することで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。


普通は、人間の一日一日の行動には習慣ができます。


ところが、浮気をしてしまっていると行動のパターンが変わります。


変わった曜日や時間帯を見つけることができたら一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気を実証できる希望が高まります。


もし配偶者が浮気していた場合、慰謝料の支払いを求めることができます。


とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、意地の張り合いになり、話がややこしくなりがちです。


裁判で決着をつけなければならない場合もあるため、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、無難なところでまとめあげてもらう方が良いかもしれません。


日々、相手の生活の様子を観察するのは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がトラブルなく、確実に結果が得られます。


そして探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらずに、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる!という付加価値もあるのです。


私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、一番多いのは浮気の調査ですね。


もちろん、その証拠を集めるにはそれなりのワザとカンを不可欠です。


その上、突発的な事態に対し、速やかに対処する判断力も大事です。


対象となる人物に調査案件が知れてしまえばクライアントの利益を損なうことに繋がるため、用心に用心を重ねるのは常識です。


対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、考えなしに探

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、そのような業者が行う無料相談を利用するのも手です。


浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、見知らぬところに個人情報を伝えて調査してもらうのは、どうしたって不安なものです。


そのような不安を少しでも減らすために、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。


探偵や興信所といった調査業を始めるときは、とくに決まった資格や免許等は求められません。


ただ、平成19年の探偵業法の施行により、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許可を取り付ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。


これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。


懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、不倫に走るきっかけになるケースが多いことが知られています。


以前ときめいた相手と距離が近づいたり、学生時代のノリでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、距離が一気に縮まります。


クラス会が終わってから、パートナーの挙動に不審を感じたら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。


浮気調査といえども見ず知らずの探偵に簡単に個人情報を開示するのはイヤという人も少なくないでしょう。


依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。


でも、仕事として発注する場合は契約は必須ですし、そこで必要な個人情報の開示は不可避です。


相手が全然知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。


浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にならないのは仕方の無いことです。


浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型のカメラを用意するなどして相手が気づかないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。

一般に知られている通り、同窓会での再会

一般に知られている通り、同窓会での再会は、不倫に走るきっかけになるケースが多いことが知られています。


なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。


もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに相手の様子がおかしければ、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。


浮気の証拠は携帯からもつかむことが可能です。


なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うことは当然考えられます。


最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をする事も多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたくなる時もあるでしょう。


そのため、何気なく電話することは否定できないのです。


たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。


ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、ちょっと手間でも何社かに見積りしてもらうことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。


あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。


相手に全く覚られずに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむにはしっかりした機材と技術が必要になります。


せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。


探偵なら浮気調査をする場合、超小型の機材を使い相手にバレないように十分証拠となる写真を撮ることができます。


ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。


とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。


ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、対象地域に営業所があるかどうかインターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。


そこそこ絞り込みができたら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、依頼したい旨を伝えてみましょう。


とにかく話を聞いてみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないですからね。

不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずに

不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずに頼むことはできないので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで予期しなかったトラブルや金銭問題になった例もゼロとは言えません。


失敗しないよう、あらかじめ情報集めをして、変な業者はふるい落としておくことが大事です。


不倫された事実に気づいたときは、誰だって頭の中が混乱するものです。


しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。


そもそも不倫は、道義上許されない行為です。


あなたの胸の内では本当の解消には至らないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。


以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。


3社ほど問合せして、こちらの気持ちをよく理解してくれた会社に調査してもらいました。


いくら浮気を疑っていても、証拠を見てしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。


ほんとに離婚してもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。


けれども1人で踏み込むと、揉める元なので止めるようお願いします。


信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。


信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。


探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、時間もコストも削減できます。


何もかも調査員にやらせようとすると、ゼロからの積み上げで調査する分、ムダな時間を要するのです。


隣にいれば自然と気付くことも少なくないでしょうし、何気ない風を装いながら判ったことを記録していくと良い結果が出やすいでしょう。

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目安

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目安です。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均の期間です。


浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。


逆に、浮気する可能性の高い日が調査の前に分かっていれば、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。


パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気相手との逢引現場に向かうのはするべきではありません。


浮気が発覚したことで、妻または夫の頭に血が上って居直ってしまって元の関係に戻ることができなくなってしまうこともあります。


その上、浮気相手との会話によって精神的に耐え難い苦痛を味わうこともあります。


探偵の場合には、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、まず身分を明かしておいて公然と調査を行うことが多いです。


目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると考えることができます。


興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。


ウェブを利用することで、探偵社の評価や得意分野等を見ることができると思います。


土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評判の良い会社を選び、話をすれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。


パートナーが浮気をしている気配があって探偵に調べてもらう際は、一律いくらとか安価なところは魅力的です。


しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。


やはり安かろう悪かろうという場合もあるので、お金を払って依頼するなら、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。
前の記事へ 次の記事へ