時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が費用が少なくなります。


したがって尾行依頼を探偵にするとすれば、相手の日々の行動を調べておくことが重要です。


その中で、最も怪しい時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ双方にとって利益があります。


配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。


もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、それさえあれば、後はとことん相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。


中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。


家族関係の悪化や失職するなど、それなりの報いを受けるわけです。


浮気が判明したら、代償として慰謝料を求める権利があります。


ただ、当人たちだけで話し合うと、権利争いや感情面での言い合いになって、横道にずれたり頓挫することも多いです。


時には裁判を起こさなければいけないでしょうし、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、なるべく円満な解決を目指すというのも手です。


いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。


よくあるのは、浮気の素行調査等で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。


とはいっても、探偵の調査が浅かったために成果が得られないことも考えられるので、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておく必要があるでしょう。


あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することも納得の秘訣だと思います。


世間的には離婚した際、浮気経験のある親というのは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。


一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。


裁判上の親権の判定では、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子育てに対する積極性といった点がチェックされます。


要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを重視して判定するのです。

浮気調査をプロの探偵に依頼し

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても、離婚の必要性については考えるべきでしょう。


特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。


請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。


反対にそれが男性の場合でもまた同様で、仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。


結婚している相方が、浮気しているときでも離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやめるべきです。


パートナーを裏切ったことがバレた途端に、パートナーの感情を逆なでしてしまい別れなければいけなくなってしまうこともあります。


加えて、浮気相手と話をしたことによって大きなストレスになってしまうのです。


探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。


実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。


また、時間給は調査員の人数×調査時間で費用を算出します。


短い期間で浮気調査を終えると請求金額も少ないです。


浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。


浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあるのです。


一方で、浮気するだろうという日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。


法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不倫といいます。


すなわち法律の上では、肉体関係を持っていなれば一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。


個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

日頃、相手の行動の様子を注意しながらみることは自分ひと

日頃、相手の行動の様子を注意しながらみることは自分ひとりでも可能ですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全安心です。


それに探偵にお願いすれば、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。


浮気調査などで探偵社に依頼する前に標準的な料金を理解していないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。


おおむね1時間1万円からと計算しておくと確実です。


一般的に言えば「高い」と感じますよね。


仮に尾行の日数を増やそうものなら、支払いにはねかえってきますから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。


探偵社による浮気の追跡調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。


こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで一見するとオトクに感じますが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースではお断りというパターンもあるようです。


それに、浮気の裏付けがとれたときに意外な高額請求になる場合もあるので注意してください。


不倫する人というのは明るそうに見えても、鬱状態に陥りやすいようです。


理由は、恒常的なストレスがあげられます。


既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。


その一方で、不倫された配偶者の方も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。


そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。


当初の見積りのほか、諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、あわてて契約の解除をしようにも、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。


契約書にサインする前にチェックは入念にするのは不可欠なのではないでしょうか。


料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、違う業者を当たったほうが良いでしょう。

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、そ

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。


このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、料金面での不安はなくなりました。


もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、むこうの事務所の代わりに、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで顔合わせするという手段もあります。


意図しない契約を結ばされるといったトラブルの防止につながるからです。


大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、料金の発生しない無料相談を活用するのも手です。


家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、見知らぬところに個人情報を伝えて調査してもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。


安心のために探偵を雇うのですから、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。


探偵業を営むには資格や免許はこれといって不要です。


ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を取り付けることだけは省略できません。


営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。


探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、均一価格でOKという会社も増えているようです。


ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあり、あとになって料金が割高になることもあるので、調査を依頼する前に、納得できるまで説明を聞き、請求トラブルにならないよう気をつけるようにしましょう。


興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても言い切れます。


双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな仕事内容は類似しています。


ただし、あえて言うと興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人は探偵に頼るようです。

興信所や探偵社に不倫調査を依頼す

興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、気にするなというほうが無理でしょう。


最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、見積もりなしに契約することはないので安心です。


強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、人の出入りが多いファミレスやカフェで打ち合わせさせてもらうのも手です。


不本意な契約を避けることができます。


配偶者の不倫を疑い、探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。


ときには「素人探偵」が活躍したりもして、自分でもできるような気がしてしまいますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。


調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、プロに任せるのが一番安心です。


先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。


時効といって、不倫相手を特定してから3年間、でなければ不倫行為から20年以内でも構わないそうです。


ただ、時効間際といっても諦めないでください。


提訴すれば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。


不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。


時間がなければ訴訟する手を使うほうがいいでしょう。


同じ電話番号の人から何度も繰り返しまた定期的に、電話番号があるとしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。


その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。


ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。


浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。


もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、逆にいうとそれさえあれば、あとはもう好きなように向こうを追い詰めることができるというものです。


面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や親族などに密告する人もいるようです。


転職や家庭崩壊など、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。
前の記事へ 次の記事へ