ダンナの不倫や隠し子などの探偵事務所を訪れるというドラ

ダンナの不倫や隠し子などの探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、結構ありますね。


素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には相手や周囲に気取られないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、経験が物を言う仕事です。


先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。


主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、これは浮気しているなと思いました。


相手が誰かだけでも知りたくて、携帯の履歴を見ようとしたのですが、なんと、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。


泥沼は嫌なので、これは探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、ためらっているところです。


中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。


比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。


証拠を押さえるためにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も要求されます。


それに、思いがけない展開でも、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。


対象となる人物に調査案件が知れてしまえばクライアントの利益を損なうことに繋がるため、最大限の用心をしつつ調査につくのは言うまでもありません。


依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で行動調査を行っていることもあります。


尾行や張り込みはもちろん、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行うことがあります。


また、社外秘ということで公表されていない調査手法などもないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。


レシートとかクレジットカードを見ると、浮気の証拠をみつけることもできるでしょう。


最初に、普段立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に習慣的に何度も行っていることになるのです。


その場所でずっと見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査する相

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査する相手と親しいほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。


その道の専門家である探偵なら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに証拠を集めることができるのです。


パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが有効です。


一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、あまり深く考えていないという実態もあります。


配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるというわけです。


浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。


それには遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


嘘をつく人間というのは快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。


それに、ちょっと聞いただけで懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。


隠し事があればあるほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。


落ち着かず目を泳がせるので、見ていてよく分かりますよ。


配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており追加の料金設定がなされていないような探偵事務所がオススメです。


そして、業者として届け出をしっかり行っているのかお調べください。


法外な調査をしているところには委託しない方がよいでしょう。


探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては抵抗感があるという人は少なくありません。


話を聞いてもらうときに本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、名前を明かさずに相談できる探偵業者も最近は増えましたから、そういったシステムを利用し、信頼できそうなところだと感じたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすといいでしょう。

探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればい

探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。


難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので並大抵のことではないのです。


相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。


絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。


探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。


実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるでしょう。


時間給は、人数×時間で費用を算出します。


調査にかかる期間が短くて済めば支払いも安くすみます。


パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。


向こうが証拠を押さえていたら、逃げおおせることはできないでしょう。


だいたいの支払額ですが、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、かなりの違いがあります。


支払いがつらければ、現実的な支払額になるよう相談するのも良いでしょう。


完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、明確な浮気の証拠をつかみ、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。


一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、あまり深く考えていないというパターンが多いです。


慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるというわけです。


不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。


実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。


また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。


第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないこと

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。


それは不倫の証拠集めで追尾対象の行動的にシロだったという事例です。


とはいっても、探偵の調査が浅かったために証拠をあげられないというケースもないわけではなく、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめ確かめてから契約することはとても大事なことです。


それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。


日頃、相手の行動の様子を観察するのは自分ひとりでも可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方がトラブルなく、確実に結果が得られます。


そして探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験から様々な助言をもらえるということも貴重なのです。


探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域の専門性で選ぶのも手です。


相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者の中から探しましょう。


土地勘がある調査員がいるほうが詳細な調査ができますし、高精度な報告ができるでしょう。


それに依頼する内容や諸条件によって得意なこととそうでないこととがありますし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由かそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。


不倫関係を精算したきっかけで圧倒的多数を占めるのは、浮気の事実が露見したから、ですね。


ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しく、気分的にも良いものではありません。


結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せるのが効果も高いうえ確実です。


しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、自分でやらなければいけません。


浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。


それには証拠固めが不可欠ですが、それさえあれば、心ゆくまで「報い」を受けてもらうことができます。


ときには浮気の相手方の職場やPTA、親族などに密告する人もいるようです。


噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。


まあ、碌なことにならないですよ。


それを分かってて不倫するほうが悪いんです。

探偵を頼んで調査してもらうと

探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能ということはありません。


老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの支払いに対応しています。


もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多いので、調査をしたことがパートナーにバレる心配も要らないでしょう。


クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。


立ち寄る場所がわかる機械を利用して、毎週のように行っている所を検索してその近所をウロウロしていれば、いつかは来るはずですから、その実態を把握することは可能です。


懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのもやってみて損はないと思われます。


ただし、その装置を仕込んだことがバレてしまい、追及される種になることもあります。


今までと違った格好をするようになったら、怪しい兆候です。


浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。


突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを選択するようになってきたら非常に危険です。


その中でもお洒落なインナーを、着るようになってきた時は浮気の可能性もかなり高いです。


探偵社への依頼の仕方は、まずは先に電話をかけてみましょう。


電話でスタッフと話してみて、細かく相談したいと思ったら、営業所に行きます。


相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約を締結し、そこでようやく、実地での調査が始まるでしょう。


探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。


まずは大手や中小にこだわらず、地域を頭の隅に置いて、ネットで調べてみれば一目瞭然です。


ある程度の選別ができたら電話で相談員に相談しましょう。


いくら悩んだところで実際に話してみなければ、信頼できる探偵社かどうかわからないですからね。
前の記事へ 次の記事へ