夕方斎場から帰ってきました。


お昼までは姿が見えていたのに、今は小さな骨壺に。






正直
危篤の時から食欲もなく、睡眠もしにくく
頭が空白状態です。


でも
自分には、これから看病や介護ではなく
供養と言う重要な仕事が一生あります。


もう
いつまでもくよくよしてメソメソする訳にはいきません。


ただただ一生懸命がむしゃらに働いて、仏間のある家を買ってみたいとか思っています。

姉が
「猫の面倒くらい見るから、お遍路でも行ったら?」とか言葉かけてくれています。



帰ってから
メグとミヤギ、ぴちこ、ポッポの様子がおかしい。

きっと姿見えないけど帰って来てるんでしようね。



皆様には、折れそうな気持ちほんま支えて頂きました。

メールや拍手、ミニメ、コメント、それに記事にまでして頂きました。
全て読ませて頂いております。

本当にありがとうございます、これほど有り難い事はありませんでした。


文章でも人は支えられるんですね。


今日は無理でも、明日からしっかり食べて気持ち切り替えます。


自分には供養が残ってるんですから。


皆様
この度は、丁重なお悔やみ、励まし本当にありがとうございました。


一生忘れません。