家族がひとり

前回、「今年は上向きになるといいな」と更新しましたが、その翌日。お義父さんが亡くなりました。
4日に、処方されてた薬がそろそろなくなるし、血尿が出て貧血起こしてるみたいだからと病院に行って、案の定輸血が必要で、でも病院側からは入院してもしなくてもどちらでもいいというニュアンスで言われ、一応入院させたらば。
その翌朝。6時過ぎに、「呼吸が止まった」と家に電話がかかってきました。
電話は旦那が受けたのですが、お義母さんはもちろん私も息子も飛び起きて、洗顔と着替えだけしてみんなで病院に駆けつけました。
頭の中は、「なんで?なんで?」ばかり。
お義父さんは、目を開けたまま、心臓マッサージを受けてました。
その姿は衝撃的でした。
家族みんなで呼びかけたけど、かれこれ1時間近く心臓マッサージしてるとのことで、旦那が「もう、楽にしてあげよう…」と、先生にマッサージをやめてもらいました。
お義母さんは泣き崩れ、あまりに急なお義父さんの死に納得できず、先生にすがりついていました。

そもそもお義父さんの病気は少し特殊なもので、病院側もこの死の原因や今後の対策に備えるべく病理解剖をしたいとのことで、こちらも了承しました。
おそらく先生も、この死に納得できないのだと思います。
結果的に納得できる結果は出ましたが、やはり急だったので未だ信じられない状況です。

年末年始は亡くなる方が多いようで、一週間経つ今でも葬儀ができていません。
一通りの儀が終われば、それから実感するのかもしれませんが…。
入院してた時期も何度かあったので、お義母さんも「まだ入院してるんじゃないかな、って気がしてねぇ」と実感がわかないようです。
今週末、葬儀です。
義両親は、決して仲のいい夫婦とは言えない感じだったけど、お義母さんの辛さや寂しさは想像できます。
今後は、私たちがお義母さんを見守っていかないと…と思っています。


話題:家族

今年は

新年あけました。今年もよろしくお願いします。
去年もいろいろあって、ある意味充実した日々を送ってました。
息子は相変わらずへたっぴなりにバスケを頑張ってます。
ちょっと心配なのは同居してる義父で、最近は立ち上がることも難しくなり、家の中でも車椅子を使うようになりました。
病気は数年前から患っていたのですが、症状が徐々に悪くなり、去年は入退院を繰り返してました。
日常の介助は義母がやってますが、なんせ老々介護のため、私もできるだけ手伝うようにしてます。
義父の治療のことで義母と旦那が未だ収拾つかないくらいもめていたりもして、決していいことばかりの年ではなかったので、昨日初詣で破魔矢を買いました。
まぁ去年も買いましたけど笑
今年は少しは上向きになるといいなぁなんて思ってます。

宇宙センター

10月に筑波宇宙センターでイベントがあり、それに旦那と息子が二人で参加してきました。
(私はお留守番〜)
息子は宇宙に興味を持っているので、施設見学はもちろん、油井宇宙飛行士の講演や実験など、色々と楽しめたみたいです(^^)
旦那が、スタッフとして現場にいた若田光一さん(宇宙飛行士)を見つけて、息子と若田さんの二人で写真を撮らせてもらったらしくて、私が興奮しちゃいました笑
それが本当によく撮れていて、
「すごいじゃん!そこらの芸能人と写真撮るより、よっぽどすごいよ!!」と興奮し、今はその写真が携帯の待ち受けになってます笑
息子の夢は宇宙飛行士ではないみたいだけど、色々と興味をもついい経験になったみたいです。

貴重な経験

少し前ですが、旦那が仕事の功績を認められ、表彰されました。
社員数は数万人なのですが、その中から毎年十数名が表彰に選ばれるみたいです。
今年は有難いことに旦那が選ばれ、ホテルでの表彰式パーティー?に妻である私も呼ばれました。
入学式くらいしか着ないフォーマルを着て、行きましたよー。パンプスを履いて、コツコツと。
場が場なだけに粗相はできず、緊張しました(ーー;)
旦那の名前が呼ばれて夫婦で表彰台に立つというのも、今思えばあれが最初で最後だったかもしれません…。
それから社長とも少し談笑し、めったにいただかないコース料理を食べて、なんというか贅沢な気持ちと緊張とで疲れました(^^;
でも表彰式では大金もいただけました。
いやーありがたや〜!m(__)m
それと記念品?が選べて、バッグやカメラなどあったのですが、我が家はルンバにしました。
私がバイトに行ってる間に、ルンバちゃん週に2度ほど働いてくれてます。なかなかかわいいです笑

これだけ働いてくれてる旦那には、本当に感謝です。
時々、超〜ムカつくことも多いけど、体だけは大事にしてもらわねば。

こんなことって、あるんだね。

なんかこの二ヶ月、色々あってなかなか更新できませんでした。
どこから書こう?

とりあえず思い出した所から。
9月の初旬、母方の祖父と祖母が立て続けに亡くなりました。
一日違いで。
2人とも、同じ病院に仲良く?入院してました。
病棟は違いましたけどね。
実家からも私の家からも近かったので、何度かお見舞いに行ってたんですが…最初に祖父、次の日に祖母が逝きました。
母はもちろん、母の実家は大慌て。
祖父の葬儀準備を整えているときに祖母も…ですから。
私は「おじいちゃん、おばあちゃんまで連れて行かなくてもいいのにな…」と思いましたが、後で母から話を聞いてビックリしました。

実は祖父は生前元気なとき、何度も祖母に「オレより一日あとに来い」と話していたそうです。
つまり、「オレより先に逝くな、一日でも長生きしてくれ」という事ですよね。
そして祖父が亡くなり、そのときは祖母もベッドで意識があったりなかったり…な状況を彷徨っていたため、家族はもちろん、病院関係者もあえて祖母に祖父が逝ったことは伝えませんでした。
でも…祖母は生死の狭間を彷徨っていたとき、祖父が先に逝ったのがわかったんでしょうか。
本当に祖父の一日後に旅立ちました。
私は祖母の葬儀後、思いました。
きっと、祖母には祖父の背中が見えていたはず。あっちの世界にいっても、一日しか違わなかったんだもん。きっと、すぐに逢えたよね。
「じいちゃん、約束守ったよ」なんて言って。
こっちでも、向こうでも、2人は一緒なんだなと思いました。

それが、先月の一番大きな出来事でした。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31