スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

坐骨神経痛、脊柱管狭窄にも細胞活性ストレッチ

坐骨神経痛は、病気の名前ではありません。

腰痛等の患者に対して、医者が命名する症状等に対する便宜上の名前、症状です。

医師の診察では、実は85%の腰痛の原因は不明なのです。

あなたを診察をした医師が
「きっと坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛だろう」
と判断した場合に坐骨神経痛と判断されます。

別の医師の場合、坐骨神経痛や腰痛症、すべり症などと判断する場合もあります。

外科で判断に使用するMRIやレントゲンでは筋肉の異常は判断できないのです。
医師のカリキュラムに筋肉のバランスについては入っていないのです。


脊柱管狭窄の治療として、いろいろな局所治療が行われています。
しかし、本当の原因もわからないのに痛みを軽減するだけの治療が多いとのことです。

本質的な治療にはならない可能性が高いのではないでしょうか?

細胞活性ストレッチは、全身に600以上あると言われる筋肉群のバランスを取り、本来の機能を取り戻します。

その結果として、バランスが崩れたことが原因の坐骨神経痛が改善されます。
人気の腰痛改善法・腰痛治療法でも共通している部分もあります。


体活性化ストレッチについて
前の記事へ 次の記事へ