猫ヶ原2巻感想

来月三巻出るらしいのでまだ書いてなかった二巻感想。
一巻感想で置いてる本屋探すの大変だったとか書いてますが、一巻置いてた本屋で二巻も入荷してたのでよかったです。


まずはやっぱり表紙や冒頭のカラー絵綺麗でいいな、という印象。
でも一巻冒頭のが好きです。あれは好みど真ん中すぎていつ見ても目が幸せです。
前巻ラストに出てきた黒猫のムクロさん、セクシーかつ意外と初心っぽくて嫌いじゃないけど、体格が妙に人間みたいですね…
体真っ黒じゃなくてトーンか白だったら猫耳と尻尾生えた人間キャラに見間違えそうです。黒いからそうでもなかったんですけど。
登場時に黒ネコが闇夜に立つんじゃねえとノラ千代がビビってますが、夜に黒猫みると闇に紛れすぎて一瞬ビビるのよくわかります……(たまに近所で見かける)

そしてこの巻も下ネタの飛ばしっぷりがすごかったです。
武井さんの下ネタって基本小学生のような幼いネタにさらっと生々しいの混ぜたり混ぜなかったりってイメージなのですが、今回は生々しさ強めな印象でした。
木に腰振ってるのは端から見ててアウトじゃないですか(?)
それに「刀は抜かないけど別のモン抜いてもらう」だの、ショー斗とやりあったときの決め手が金的だの……
金的シーンに見開き使い、倒れるまでにもう2ページ使う豪快なページ配分が武井さんらしい感じします。
しかし最近は読んでて時々『そこに大ゴマや見開き使う必要あるのか…?』と首ひねるところもあったりしてちょっと残念です。
というか、ネコの世界だから読者目線では裸見ても恥ずかしくないはずなのに、みんな着物着てるからかこの巻ほぼ素っ裸だったノラ千代見てて、人間キャラの素っ裸見てるような恥ずかしさがありました。
擬人化されて二足歩行してるからでしょうかね?回想で四足歩行してるのは気になりませんでしたし。
まあ、でも人間のオッサンの裸は別に見たくないのでノラ千代が猫で良かったです(?)

二巻では一巻よりショー斗がかっこよかったです。意外とやるなこいつ…
出てくるなり「こいつ本当に生きてやがった」「しかも元気に木い使ってるとかいきなり軽く想像を絶するぜ」といいツッコミかましてるのが好きです。
しかも殺したい相手に「シュミはネコそれぞれ」なんてフォローしてて、良い奴だ……笑
まさかのノラ千代との因縁も明らかになり、これからどんどん話に食い込んでいきそうな気配がしてきました。
父の利寛がなんだかヤバそうなネコを多数従えているのもわかって、なんだかきな臭い雰囲気に。
それと獅子若さんはこれからどうするんでしょうか。
妙に小物っぽいところが面白いのであっさり死亡退場されたら悲しいですが、頭は回るタイプでしょうし簡単には消えないと思ってますがどうなるやら。
ショー斗に話を戻すと、ノラ千代に噛まれて息も絶え絶えな姿がエグくて、一巻感想で密かに恐れてた通りこのまま死ぬんじゃ…と覚悟決めてたらそこからなんやかんやで復活して逆にノラ千代倒したのですげえと思いました。
ショー斗自身の本来の武器は剣玉だったんですね。
紐の先に何かついてるような武器操って「先っちょのが本体だと思うだろうが紐が本体だ」ってパターンどこかで見たような…と記憶探ってたらマンキンのリゼルグだったことに気づきました。マンキンなら連想しても仕方ないですね。
オチの引き見ててしばらくショー斗の退場ないかもなって思えてきたのでそこは安心。

番外の『憂さ晴らし、噂噺家』はテンポとギャグノリが武井さんらしくて気楽に読めました。
ノラ千代さん、強盗ヤ○中変態さらにはクセエと散々な言われよう…でも「タマにはフロでも入りに行くか!!!」と妙に爽やかなオチ。
『のぶニャがの野望』コラボはそっちのゲームにも日本史にも疎いのでなんとなく雰囲気だけ受け取っておきます。
歴史科目は疎いとか通り越してガチで苦手だったのでね……


BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU感想



あけましておめでとうございます。
新年早々今更な話ですが、恋次・ルキア結婚おめでとうございます!
この二人が好きな人間として、二人の祝言の話だと知って購入しない手はありませんでした。
正月休みのお供に購入して読んだので感想です。


最初に、表紙のルキア美人さんですね。
色鉛筆使って柔らかい雰囲気にしてるのがすごくいいなと感じました。
ピンナップとか中に挟み込まれてたカード(栞?)の表がルキア、裏が恋次の恋ルキ仕様になってたのが嬉しいです。
絵はこの本の表紙絵と単行本73巻表紙の使い回しでしたが、今まで恋次とルキアは作中で行動を共にすることは多くてもこういうのでセット扱いされることはあまりなかった印象なので嬉しくなりました。
(BLEACHは全編通してリアルタイムで追ったわけではないので実際のところどうなのかはわかりませんが)
題字の配色が淡い青と濃い赤という恋次とルキアを連想させられる色合いというところも好きです。
赤字になってる『knot』には結ぶという意味があり、結婚というテーマによく合ってるのでお祝いらしさを思わせていいですね。

内容は、二人の結婚式を巡ってみんながわいわいしてる話でした。
時間軸としては最終決戦から三年後、復興頑張ろうとする尸魂界の様子が丁寧に描かれてて、思ったより多くのキャラが出てました。
大変な時期だから恋次ルキアとしては籍だけの形にしたい→周囲は大変な時期だからこそめでたいことはお祝いしたいと説得→じゃあ式挙げよう、の流れは読む前からなんとなく予想してました。
でも実際読んでみると思った以上に皆が全力で祝いたがってて、しかも白哉兄様が率先して式挙げたがってて、胸が暖かくなりました。
率先といいますか、入籍手続きが大変なのを知ってるから結婚式の準備はこっちで全部やっておくという兄様の心遣いには心打たれました。当人達置いてけぼりでしたけど。
ファンの中には「妹さんを下さい」「ならぬ」のお約束問答を期待してる方もいましたが、個人的に兄様は断らずむしろ応援しそうなイメージだったので、本当にそんな感じで嬉しかったです。

知り合いに結婚報告する恋次の「おっほん」が面白かったです。そして挿絵の二人が可愛すぎてニヤニヤします。
というか約一名を除いて結婚報告にさほど驚いてなかったことから、結婚しても何ら不思議でない仲だと周囲に認識されてた事実にもニヤニヤさせられます。
恋ルキはすれ違い期間中のギスギスした空気は何だったのかってくらい和解後は親しげでしたけど、恋ルキ好きの贔屓目ではなかったんだなぁと。
それと花太郎の言葉に同意したいです。
最終回で結婚して子ども出来たと知ったとき『ありがとう』って言いたい気分になったのです。ありがとうお二人さん。
そしてお祝い下手な兄様が微笑ましいですね…
日番谷が一時的に成長したあの姿の名称について大喜利始まったのは笑いました。というか檜佐木が本当に公募企画実行したら大喜利コーナーになりそうな予感です。
乱菊・弓親・清音と一緒になって恋ルキの出会いから求婚までを根掘り葉掘り聞きたいです。
いや出会いは本編でやってますけど、お付き合い始めた時期とか求婚とかそのあたりをですね…まぁ明かされないというのもこれはこれで妄想膨らんで楽しいですけどね。
檜佐木さん瀞霊廷通信の阿散井・朽木両副隊長御成婚特集号一部下さい。
……そういえばネットでの噂によると、ジャンプの公式イベントで本当にそういう雰囲気の新聞出したらしいですね。地方住みで該当イベント行ってないので所持してませんが。
一部書店でこの小説の発売を祝して招待状配布したとの情報も見ましたが私は入手できてないのでよくわかりません…

ここであとがきのネタに触れると、小説の作家さんは告白及びプロポーズは原作者が漫画で描くべきだと考え、敢えて告白や求婚の描写省いたらしいんですよね。
私個人としても、そのあたりは原作者に描く気がないならいっそ何も描写せずに読者の胸の中で自由に思い描く形のほうが楽しいと思ってるので有り難い措置でした。
まぁそうなので、もし告白・睦み合い・プロポーズなど恋次とルキアの直接的な恋愛描写を求めて読んだら期待はずれだと思われます。
私は恋次とルキアが原作終盤くらいの距離感で仲良くやってれば恋ルキだと捉えてしまう思考回路してるので充分恋ルキだなって思いました。

長いので以下追記。
続きを読む

2016ボカロ曲10選

今年はあまり聞かなかったからやめようか悩みつつもやっぱりやることにします。


【GUMI】絵空事スパイラル【オリジナル】
女神なんかじゃないの 美しさなどどこにもない
アニメ見てからミカグラに興味持ったので新曲嬉しい。カッコよくて可愛くていい。

【初音ミク】妄想感傷代償連盟【オリジナル曲】
愛を悪んで守った位相が 正しく歪み始めるの
今年はたくさん曲発表しててどれも良かったけど「愛や厭」とか言葉遊びが面白かったこれを。

[MV] 脱獄 / Neru feat. 鏡音リン
この檻の先には 温もりと愛がきっとあるんだ
曲もPVもドラマチックで好き。この人の作品のカッコよさってどうも青いというか反骨的な感じ。

【MAYU】揺籠×Infection【オリジナルMV】
いつまでも猫と綾取りしたいな
「な」を「にゃー」と言ってるのが可愛いのと跳ねるようなメロディが癖になる。

【MEIKO V3】Falling...【オリジナルMV】
till the end of nightmare…
MEIKOさんの声ハキハキしてて良い。サビで盛り上がって「till〜」にいく流れが好き。

【初音ミク】「月を探して」【オリジナル】
夜明けにはまだ早い 空に月を探してる
イントロの音からお洒落でカッコよくて癖になる。気がついたら何度もリピートしてた。

【Lily】デツアーツアー【オリジナル曲】
ブラインドの隙間から 愛が差し込んで
曲調も歌詞も前向きでいいのと相変わらず映像凝っててすごいなと感心してしまう。音符のところ好き。

【男ボカロ6人】Last Answer【オリジナル曲】
あの日の僕はなんて無力で子供でバカだったの
いかにも男性アイドルっぽい雰囲気の曲や歌詞とZOLA・がくぽ・VY2・Fukaseの声合ってていい。

【巡音ルカ】Beautiful Nightmare【オリジナル】
王子様のキスに憧れて 魔法にかかった罰なの?
お洒落で聞いてて心地よくてお気に入り。イントロのピアノと間奏のあたり好き。

【MEIKO】Arch Of Light / Glint Of Sound【追悼】
導く光を見失わないように
ユニット『Glint Of Sound』のひとりが今年他界されたことでの追悼歌。
この人達の曲は好きなもの多いのでいつまでも聞き続けたいです。

猫ヶ原1巻感想

そういえば最近二巻出たのに一巻の感想まだ書いてなかったなと。
武井さん、ここ数年は色んな雑誌で描くようになったなって印象です。
マイナー誌で描くのはいいんですが、田舎住みとしてはその辺の本屋で単行本見つけにくいのが難点です。
一巻探すのもちょっと大変でした…
なので二巻は一巻置いてた本屋になかったら諦めてネット通販しようかなぁとぼんやり考えてます。


まず、とにかくカラーが綺麗です。
武井さんのカラー絵は明暗のグラデ柔らかい場所とハッキリしてる場所のメリハリとかすごく好きです。
中身の冒頭数ページはカラーなのですが、そこで影の部分に青や緑混ざってて、こういう色使い好みなのでいくらでも見ていられます。
おそらくカラーも中のモノクロ原稿もデジタルだと思うのですが、アナログ風な処理してて作画に手が込んでるなぁという印象です。

内容的には、ノラ千代という名前は可愛いけど超渋いオッサン猫がさすらいながら色々斬ったり斬らなかったりする感じですかね。
正直、こういう動物を擬人化したような作品を普段好んで読まないので肌に合うか不安でしたが、読んでみると好きな作家だからかすんなり受け入れられました。
武井さんは元々デフォルメ強い絵柄なので、むしろ擬人化と相性いいのかもしれません。
全体的に作画に気合入ってて、筆ノッてそうだという印象受けました。
基本は時代劇のノリを猫社会にスライドさせててまさしく擬人化のように見えましたが、ところどころに垣間見える猫要素が面白かったです。
マタタビをシャブ扱いや厠に猫砂、猫相書き(にゃんそうがき)など、つい笑いました。

ノラ千代は一話の時点だと渋い伊達猫って雰囲気でしたが、回が進むにつれてヤク中(※マタタビ)だったり目的のためには手段を選ばなかったり、様々な面を見せてました。
吼えたり死にかけたりといった極限状態での顔がすごいことに。
みっともない面も見せまくってるのに、どこか筋通っててカッコよく見えました。
単純に野良と言われたら自由で無法でだからこその不便も多いってイメージですが、生きてやりたいことをやるためには悪行働くし無様も晒すしやれることは自分でやるよみたいなのがこの猫の意地ってところでしょうか。
それにしても半死半生で道端に倒れ、ツバや排泄物かけられた上に厠の猫砂に身を潜め多くのキャラに「クセエ」と扱われる主人公って……
クセエで思い出したんですけど、この話いつにもまして下ネタかっとばしてるように見えたのは気のせいですかね…

他のキャラではショー斗のクソガキらしさ好きです。バカっぽくて可愛い。
ノラ千代の刀奪ってそれで斬ってやる→刀が長すぎて抜けない、の流れには笑いました。
読み進めながらノラ千代に斬られて死亡退場したら残念だな…と思ったけどそうでもなくて良かったです(こんなこと言って二巻であっさり死んでたらどうしよう)
雨村ショー斗で父は利寛(りかん)なので、アメリカンショートヘアから名前取ってそうですね。柄もそれっぽい感じでしたし。
ここまで書いて、よく考えたら一話のおミケも三毛猫?と検索したらそれっぽい感じでした。おミケ可愛かった。
獅子若さんはイケ猫ですね。そしてモフモフ。
あの綺麗な顔でえげつない事やって最終的にほられてるのが哀れというかただの自業自得というか。

全体的に斬ったり斬られたりで殺伐感ありましたが笑える要素もほどほどに混ざってて、テンション下がりすぎることもなく読めました。
ノラ千代が米粒掲げる→「見ろ!すずめが米を!」→ページめくったら焼き鳥のテンポがお気に入りです。


折原臨也と、喝采を感想

野球観戦に来た臨也がきな臭い事件の匂いを嗅ぎ取り、首突っ込んで好き勝手引っ掻き回すみたいな話でした。
今回の臨也はいけしゃあしゃあという言葉が似合いすぎてどうしようかと思いました。楽しそうで可愛かったです。
舞台を野球スタジアムにして章タイトルを野球系の単語にしたのは、豚骨コラボ意識でしょうか。
直接名前出してないだけで榎田は出てましたし。博多の背番号24番とか。
最後にはコラボ読んだ人向けの余章付きでした。


まず、臨也が左利きな上に野球よくわかってないことが判明して驚きました。
野球知らないのに野球賭博の元締めやってたとか、野球を愚弄しすぎじゃないですかね貴方…
作中でも野球をおちょくりまくった発言してましたし。
そんな臨也を的確に論破する坐さんがかっこよかったです。
利き手と打席の向きの関係は経験者や熱心な野球好きなら確実に知ってて、詳しくなければわからないであろう絶妙な質問だと感じました(そういう自分は昔漫画で仕入れた)
坐さんは腕っぷしだけでなく頭もキレるとか万能ですね。
臨也は何でも知ってますって顔するし何でも知ってる人だと思い込んでたけど、意外とそうでもないんですかね。

新キャラでは彩葉ちゃん可愛いです。
過去どんな性格してたかはともかく、これで殺し屋が務まるんだろうかと思うくらいにはいい子に見えました。
いやまぁ、臼原とやりあえるくらいですから技術的にはかなり優れてますけどね。
というかこの子の親殺したのは豚骨の『にわか侍』みたいですし、デュラというより豚骨ラーメンズキャラと仲良くなれそうな雰囲気に見えました。
豚骨ラーメンズのキャラは殺し屋などの裏稼業多いんですが、割と気さくな性格の人珍しくない印象受けたんですよね。
(こっちより先にコラボの方読んでて頭に残ってるのもありますが)
まあ結果的に臼原+ユウキとほのぼのしたトリオにまとまったなという印象です。
池袋行きたいとか言ってましたけど、臼原が静雄か八尋あたりとエンカウントしたら大変なことにならないか不安です。
逆に意気投合する可能性もあるんでしょうか?
それと彩葉が静雄見たら坐さんの時と同等かそれ以上に怖がりそう。いつぞやのルリちゃんみたいな感じで。
ユウキさんはなんだか独特の空気で可愛いです。
妖精みたいって形容されてましたが、そういうマスコット系の可愛さあります。
でも不思議な心の強さがあって臼原の手綱取ってるのがいいですね。
なんとなく乙野辺さんの母みたいな人だなぁと思ったら、本当に知り合いらしくてほっこりしました(オツベルネタは拾うスタイル)
というかやっぱり乙野辺さんは臨也を知ってる風ですね。
臼原はあの顔で下の名前アユミってギャップに驚きました。
裏の世界から『球場潰しの青鯨』なんて渾名付けられたというのに。
ユウキさんにアユミちゃん呼びされてるの面白すぎる。
あの人は身近に手綱取ってくれる相手いたほうが良さそうな空気あるので、そういう人いてくれてよかったですね。

瀧岡は頭おかしすぎて大丈夫かこいつって考えることすら諦めました。
そのペースに合わせて会話しながら、順調にスケールでかくしていく臨也節が面白すぎました。
演出家気取りを相手に天地創造って貴方…
氷浦や瀧岡と臨也の会話見てて、臨也の『よく知らない話にそれっぽく合わせる』能力の高さは凄いなって思いました。
褒めてるわけでも貶してるわけでもなくただの感想として。
凡人が知ったかぶりで乗っかってもあっさりボロ出ること珍しくないし、臨也本人も野球話ではボロボロだったというのに、面白事件絡みだとここまでやりますか。
なんというか臨也がやってることって別に良いことでも悪いことでもなくて、良いとか悪いとかは受け取る側が判断してるだけなのかなと改めて思いました。
デュラ本編では諸々の枷があった都合で黒幕のような立ち位置に収まってましたが、本来はこんな感じで善悪に囚われずやりたいこと好きにやってるだけなんでしょうね。

あと、瀧岡や臨也達が裏でコソコソしてる間、表舞台で何事もなく試合してるの逆にシュールでした。
結果アレですけど。というか棟象選手打ちまくっててびっくりです。

あとは追記。
続きを読む
prev top next
CALENDAR
<< 2017/08 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
PROFILE
華蓮さんのプロフィール
性 別 女性
地 域 沖縄県
職 業 夢追人