BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU感想



あけましておめでとうございます。
新年早々今更な話ですが、恋次・ルキア結婚おめでとうございます!
この二人が好きな人間として、二人の祝言の話だと知って購入しない手はありませんでした。
正月休みのお供に購入して読んだので感想です。


最初に、表紙のルキア美人さんですね。
色鉛筆使って柔らかい雰囲気にしてるのがすごくいいなと感じました。
ピンナップとか中に挟み込まれてたカード(栞?)の表がルキア、裏が恋次の恋ルキ仕様になってたのが嬉しいです。
絵はこの本の表紙絵と単行本73巻表紙の使い回しでしたが、今まで恋次とルキアは作中で行動を共にすることは多くてもこういうのでセット扱いされることはあまりなかった印象なので嬉しくなりました。
(BLEACHは全編通してリアルタイムで追ったわけではないので実際のところどうなのかはわかりませんが)
題字の配色が淡い青と濃い赤という恋次とルキアを連想させられる色合いというところも好きです。
赤字になってる『knot』には結ぶという意味があり、結婚というテーマによく合ってるのでお祝いらしさを思わせていいですね。

内容は、二人の結婚式を巡ってみんながわいわいしてる話でした。
時間軸としては最終決戦から三年後、復興頑張ろうとする尸魂界の様子が丁寧に描かれてて、思ったより多くのキャラが出てました。
大変な時期だから恋次ルキアとしては籍だけの形にしたい→周囲は大変な時期だからこそめでたいことはお祝いしたいと説得→じゃあ式挙げよう、の流れは読む前からなんとなく予想してました。
でも実際読んでみると思った以上に皆が全力で祝いたがってて、しかも白哉兄様が率先して式挙げたがってて、胸が暖かくなりました。
率先といいますか、入籍手続きが大変なのを知ってるから結婚式の準備はこっちで全部やっておくという兄様の心遣いには心打たれました。当人達置いてけぼりでしたけど。
ファンの中には「妹さんを下さい」「ならぬ」のお約束問答を期待してる方もいましたが、個人的に兄様は断らずむしろ応援しそうなイメージだったので、本当にそんな感じで嬉しかったです。

知り合いに結婚報告する恋次の「おっほん」が面白かったです。そして挿絵の二人が可愛すぎてニヤニヤします。
というか約一名を除いて結婚報告にさほど驚いてなかったことから、結婚しても何ら不思議でない仲だと周囲に認識されてた事実にもニヤニヤさせられます。
恋ルキはすれ違い期間中のギスギスした空気は何だったのかってくらい和解後は親しげでしたけど、恋ルキ好きの贔屓目ではなかったんだなぁと。
それと花太郎の言葉に同意したいです。
最終回で結婚して子ども出来たと知ったとき『ありがとう』って言いたい気分になったのです。ありがとうお二人さん。
そしてお祝い下手な兄様が微笑ましいですね…
日番谷が一時的に成長したあの姿の名称について大喜利始まったのは笑いました。というか檜佐木が本当に公募企画実行したら大喜利コーナーになりそうな予感です。
乱菊・弓親・清音と一緒になって恋ルキの出会いから求婚までを根掘り葉掘り聞きたいです。
いや出会いは本編でやってますけど、お付き合い始めた時期とか求婚とかそのあたりをですね…まぁ明かされないというのもこれはこれで妄想膨らんで楽しいですけどね。
檜佐木さん瀞霊廷通信の阿散井・朽木両副隊長御成婚特集号一部下さい。
……そういえばネットでの噂によると、ジャンプの公式イベントで本当にそういう雰囲気の新聞出したらしいですね。地方住みで該当イベント行ってないので所持してませんが。
一部書店でこの小説の発売を祝して招待状配布したとの情報も見ましたが私は入手できてないのでよくわかりません…

ここであとがきのネタに触れると、小説の作家さんは告白及びプロポーズは原作者が漫画で描くべきだと考え、敢えて告白や求婚の描写省いたらしいんですよね。
私個人としても、そのあたりは原作者に描く気がないならいっそ何も描写せずに読者の胸の中で自由に思い描く形のほうが楽しいと思ってるので有り難い措置でした。
まぁそうなので、もし告白・睦み合い・プロポーズなど恋次とルキアの直接的な恋愛描写を求めて読んだら期待はずれだと思われます。
私は恋次とルキアが原作終盤くらいの距離感で仲良くやってれば恋ルキだと捉えてしまう思考回路してるので充分恋ルキだなって思いました。

長いので以下追記。
続きを読む

2016ボカロ曲10選

今年はあまり聞かなかったからやめようか悩みつつもやっぱりやることにします。


【GUMI】絵空事スパイラル【オリジナル】
女神なんかじゃないの 美しさなどどこにもない
アニメ見てからミカグラに興味持ったので新曲嬉しい。カッコよくて可愛くていい。

【初音ミク】妄想感傷代償連盟【オリジナル曲】
愛を悪んで守った位相が 正しく歪み始めるの
今年はたくさん曲発表しててどれも良かったけど「愛や厭」とか言葉遊びが面白かったこれを。

[MV] 脱獄 / Neru feat. 鏡音リン
この檻の先には 温もりと愛がきっとあるんだ
曲もPVもドラマチックで好き。この人の作品のカッコよさってどうも青いというか反骨的な感じ。

【MAYU】揺籠×Infection【オリジナルMV】
いつまでも猫と綾取りしたいな
「な」を「にゃー」と言ってるのが可愛いのと跳ねるようなメロディが癖になる。

【MEIKO V3】Falling...【オリジナルMV】
till the end of nightmare…
MEIKOさんの声ハキハキしてて良い。サビで盛り上がって「till〜」にいく流れが好き。

【初音ミク】「月を探して」【オリジナル】
夜明けにはまだ早い 空に月を探してる
イントロの音からお洒落でカッコよくて癖になる。気がついたら何度もリピートしてた。

【Lily】デツアーツアー【オリジナル曲】
ブラインドの隙間から 愛が差し込んで
曲調も歌詞も前向きでいいのと相変わらず映像凝っててすごいなと感心してしまう。音符のところ好き。

【男ボカロ6人】Last Answer【オリジナル曲】
あの日の僕はなんて無力で子供でバカだったの
いかにも男性アイドルっぽい雰囲気の曲や歌詞とZOLA・がくぽ・VY2・Fukaseの声合ってていい。

【巡音ルカ】Beautiful Nightmare【オリジナル】
王子様のキスに憧れて 魔法にかかった罰なの?
お洒落で聞いてて心地よくてお気に入り。イントロのピアノと間奏のあたり好き。

【MEIKO】Arch Of Light / Glint Of Sound【追悼】
導く光を見失わないように
ユニット『Glint Of Sound』のひとりが今年他界されたことでの追悼歌。
この人達の曲は好きなもの多いのでいつまでも聞き続けたいです。

猫ヶ原1巻感想

そういえば最近二巻出たのに一巻の感想まだ書いてなかったなと。
武井さん、ここ数年は色んな雑誌で描くようになったなって印象です。
マイナー誌で描くのはいいんですが、田舎住みとしてはその辺の本屋で単行本見つけにくいのが難点です。
一巻探すのもちょっと大変でした…
なので二巻は一巻置いてた本屋になかったら諦めてネット通販しようかなぁとぼんやり考えてます。


まず、とにかくカラーが綺麗です。
武井さんのカラー絵は明暗のグラデ柔らかい場所とハッキリしてる場所のメリハリとかすごく好きです。
中身の冒頭数ページはカラーなのですが、そこで影の部分に青や緑混ざってて、こういう色使い好みなのでいくらでも見ていられます。
おそらくカラーも中のモノクロ原稿もデジタルだと思うのですが、アナログ風な処理してて作画に手が込んでるなぁという印象です。

内容的には、ノラ千代という名前は可愛いけど超渋いオッサン猫がさすらいながら色々斬ったり斬らなかったりする感じですかね。
正直、こういう動物を擬人化したような作品を普段好んで読まないので肌に合うか不安でしたが、読んでみると好きな作家だからかすんなり受け入れられました。
武井さんは元々デフォルメ強い絵柄なので、むしろ擬人化と相性いいのかもしれません。
全体的に作画に気合入ってて、筆ノッてそうだという印象受けました。
基本は時代劇のノリを猫社会にスライドさせててまさしく擬人化のように見えましたが、ところどころに垣間見える猫要素が面白かったです。
マタタビをシャブ扱いや厠に猫砂、猫相書き(にゃんそうがき)など、つい笑いました。

ノラ千代は一話の時点だと渋い伊達猫って雰囲気でしたが、回が進むにつれてヤク中(※マタタビ)だったり目的のためには手段を選ばなかったり、様々な面を見せてました。
吼えたり死にかけたりといった極限状態での顔がすごいことに。
みっともない面も見せまくってるのに、どこか筋通っててカッコよく見えました。
単純に野良と言われたら自由で無法でだからこその不便も多いってイメージですが、生きてやりたいことをやるためには悪行働くし無様も晒すしやれることは自分でやるよみたいなのがこの猫の意地ってところでしょうか。
それにしても半死半生で道端に倒れ、ツバや排泄物かけられた上に厠の猫砂に身を潜め多くのキャラに「クセエ」と扱われる主人公って……
クセエで思い出したんですけど、この話いつにもまして下ネタかっとばしてるように見えたのは気のせいですかね…

他のキャラではショー斗のクソガキらしさ好きです。バカっぽくて可愛い。
ノラ千代の刀奪ってそれで斬ってやる→刀が長すぎて抜けない、の流れには笑いました。
読み進めながらノラ千代に斬られて死亡退場したら残念だな…と思ったけどそうでもなくて良かったです(こんなこと言って二巻であっさり死んでたらどうしよう)
雨村ショー斗で父は利寛(りかん)なので、アメリカンショートヘアから名前取ってそうですね。柄もそれっぽい感じでしたし。
ここまで書いて、よく考えたら一話のおミケも三毛猫?と検索したらそれっぽい感じでした。おミケ可愛かった。
獅子若さんはイケ猫ですね。そしてモフモフ。
あの綺麗な顔でえげつない事やって最終的にほられてるのが哀れというかただの自業自得というか。

全体的に斬ったり斬られたりで殺伐感ありましたが笑える要素もほどほどに混ざってて、テンション下がりすぎることもなく読めました。
ノラ千代が米粒掲げる→「見ろ!すずめが米を!」→ページめくったら焼き鳥のテンポがお気に入りです。


折原臨也と、喝采を感想

野球観戦に来た臨也がきな臭い事件の匂いを嗅ぎ取り、首突っ込んで好き勝手引っ掻き回すみたいな話でした。
今回の臨也はいけしゃあしゃあという言葉が似合いすぎてどうしようかと思いました。楽しそうで可愛かったです。
舞台を野球スタジアムにして章タイトルを野球系の単語にしたのは、豚骨コラボ意識でしょうか。
直接名前出してないだけで榎田は出てましたし。博多の背番号24番とか。
最後にはコラボ読んだ人向けの余章付きでした。


まず、臨也が左利きな上に野球よくわかってないことが判明して驚きました。
野球知らないのに野球賭博の元締めやってたとか、野球を愚弄しすぎじゃないですかね貴方…
作中でも野球をおちょくりまくった発言してましたし。
そんな臨也を的確に論破する坐さんがかっこよかったです。
利き手と打席の向きの関係は経験者や熱心な野球好きなら確実に知ってて、詳しくなければわからないであろう絶妙な質問だと感じました(そういう自分は昔漫画で仕入れた)
坐さんは腕っぷしだけでなく頭もキレるとか万能ですね。
臨也は何でも知ってますって顔するし何でも知ってる人だと思い込んでたけど、意外とそうでもないんですかね。

新キャラでは彩葉ちゃん可愛いです。
過去どんな性格してたかはともかく、これで殺し屋が務まるんだろうかと思うくらいにはいい子に見えました。
いやまぁ、臼原とやりあえるくらいですから技術的にはかなり優れてますけどね。
というかこの子の親殺したのは豚骨の『にわか侍』みたいですし、デュラというより豚骨ラーメンズキャラと仲良くなれそうな雰囲気に見えました。
豚骨ラーメンズのキャラは殺し屋などの裏稼業多いんですが、割と気さくな性格の人珍しくない印象受けたんですよね。
(こっちより先にコラボの方読んでて頭に残ってるのもありますが)
まあ結果的に臼原+ユウキとほのぼのしたトリオにまとまったなという印象です。
池袋行きたいとか言ってましたけど、臼原が静雄か八尋あたりとエンカウントしたら大変なことにならないか不安です。
逆に意気投合する可能性もあるんでしょうか?
それと彩葉が静雄見たら坐さんの時と同等かそれ以上に怖がりそう。いつぞやのルリちゃんみたいな感じで。
ユウキさんはなんだか独特の空気で可愛いです。
妖精みたいって形容されてましたが、そういうマスコット系の可愛さあります。
でも不思議な心の強さがあって臼原の手綱取ってるのがいいですね。
なんとなく乙野辺さんの母みたいな人だなぁと思ったら、本当に知り合いらしくてほっこりしました(オツベルネタは拾うスタイル)
というかやっぱり乙野辺さんは臨也を知ってる風ですね。
臼原はあの顔で下の名前アユミってギャップに驚きました。
裏の世界から『球場潰しの青鯨』なんて渾名付けられたというのに。
ユウキさんにアユミちゃん呼びされてるの面白すぎる。
あの人は身近に手綱取ってくれる相手いたほうが良さそうな空気あるので、そういう人いてくれてよかったですね。

瀧岡は頭おかしすぎて大丈夫かこいつって考えることすら諦めました。
そのペースに合わせて会話しながら、順調にスケールでかくしていく臨也節が面白すぎました。
演出家気取りを相手に天地創造って貴方…
氷浦や瀧岡と臨也の会話見てて、臨也の『よく知らない話にそれっぽく合わせる』能力の高さは凄いなって思いました。
褒めてるわけでも貶してるわけでもなくただの感想として。
凡人が知ったかぶりで乗っかってもあっさりボロ出ること珍しくないし、臨也本人も野球話ではボロボロだったというのに、面白事件絡みだとここまでやりますか。
なんというか臨也がやってることって別に良いことでも悪いことでもなくて、良いとか悪いとかは受け取る側が判断してるだけなのかなと改めて思いました。
デュラ本編では諸々の枷があった都合で黒幕のような立ち位置に収まってましたが、本来はこんな感じで善悪に囚われずやりたいこと好きにやってるだけなんでしょうね。

あと、瀧岡や臨也達が裏でコソコソしてる間、表舞台で何事もなく試合してるの逆にシュールでした。
結果アレですけど。というか棟象選手打ちまくっててびっくりです。

あとは追記。
続きを読む

デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ感想

読んだので感想。喝采はあとで読みます。

大雑把に言うと、草野球の遠征試合で池袋にやって来た豚骨ラーメンズキャラがひょんなことから賞金稼ぎ周りの騒動に巻き込まれる話。
コラボということですが豚骨ラーメンズのキャラ中心で話が進むため、デュラキャラ期待すると肩透かし食らうと思われます。
というか逆に豚骨のキャラ知ってないと入り込めないと思うので、事前に読んでて良かったなと思いました。
でも豚骨の1巻しか読んでない私の知らないキャラも出てたので、2巻以降も読んでたほうが楽しめたかもしれません。
まぁ2巻で出るキャラ(調べた)は最後の後日談的な章だけの出演なので、1巻しか知らなくても騒ぎが落ち着くまでの一連の流れは楽しめました。
あの後日談章は露骨に2巻のキャラに今までの流れなぞらせてたので。


デュラキャラでまともな出番あるの静雄だけで、他はトムさん・臨也・帝人・サイモンに台詞あるくらいでした。
誠二美香カップルもちょっとだけ出番ありました。
『妖刀』『黄巾賊』『To羅丸』などそれっぽい単語出してほのめかすようなのはたくさんあったんですけどね…
『粟楠会』『新宿の情報屋』は単語だけなら何度も出てきましたし。
デュラ好きで興味持ってる人いたら、静雄が野球してるところ見たければ読んでもいいんじゃないかなってところですかね。
ガッツリ試合描写あるわけではないのですが、個人的には静雄が野球したらこうなるかな?と考えてたイメージをほとんどそのまま言われてて嬉しかったので。
それと臨也はカラーの出番多めですが本編では電話だけの出演でした。
鍋を気にしてるのと『シズちゃんには近付かない方が身のためだ』「もう一緒に野球しちゃったよ」『……は?野球?』がよかったです。

豚骨キャラは馬場と林メインでした。
最初は馬場の趣味で林を振り回し、最後は林の趣味で馬場を振り回す仲の良さが可愛いです。
というか、林って服装以外も割と女性的な趣味してるんですね。お洒落な店でパンケーキ食べたがるなんて。
馬場さんは野球愛と地元愛が微笑ましいですね。
静雄が暴れる姿見て何の迷いもなく「この人に野球させたい」と考えるのは相当ヤバイと思います。
「あげん綺麗なフォームでスイングできる人に、悪い人はおらんばい」「いるだろ!野球に盲目すぎんだよお前は!」がツボりました。
バッティングフォームで人となりを判断するキャラ初めて見ました…確かに静雄はキレなければいい人なんですけども。
それと、いちいちヤフオクドーム基準で例えるので、思わずドームの概要検索しました。
大学時代近くまで行ったか足踏み入れた記憶無いこともないのですが、よく覚えてなくてですね…
そういえば池袋の都会さを表現するのに何かと博多近郊を引き合いに出していたのが面白かったです。博多いいところですよ。
地元の外でも名前見たら食べたくなるほど地元料理が好きで、実際食べるとコレジャナイ感に襲われるあの感じよくわかります(九州で沖縄そば食べて経験した)
一回や二回で済まない感じもよくわかります(懲りずに食べて撃沈した)
そういうことやるタイプは地元いるのが一番じゃないかと思います(ここまでくるともはや自己紹介)

榎田も出番多くて忙しそうでした。ちょっぴりセンチメンタルですね。
しかし金のマッシュルームヘアに正装はかえって普段の服より目立ちそうに思います。折角作中で正装してるならカラーでも見たかったです。
情報屋故に特定人物について調べようと思えばいくらでも調べられるけど、大事な人だからこそ自分ではやりたくなくて他に頼むってのが健気だなぁと。
臨也の場合、そういう感情抱く相手いないから情報屋できてるのかなと思います。ある意味静雄が近い気もしますがベクトルは真逆ですし。
あとの豚骨メンバーはマルティネスにちょっと出番あるくらいでしょうか。
拷問シーンすっ飛ばされたぶん影薄くなったような気もします。
個人的にはエグいの得意じゃないからいいんですが、豚骨では拷問系の描写キツかったのを思うと軽く拍子抜け。
そして「誰がこげん酷いことを……」「俺だ」「え?」に笑いました。この話で一番おもしろかったかもしれません。

新キャラ、猛虎魂(トラキチ)って名前すごいですね…
俗に言うDQNネームセンスだと思ってまとめサイトみたら『猛虎命(トラキチ)』という名前が引っかかって、事実は小説より奇なりだなぁと。大差ないですかね。
兎人(らびと)は、猛虎魂と喧嘩するまでジャイアンツモチーフだと気づきませんでした。あのマスコットが何をモチーフにした生き物なのか覚えてないのです。
見た目がカウボーイ風と神父風ってこれまた濃いですね。
犬猿コンビを露骨な阪神巨人にするあたり、豚骨はやっぱり殺し屋群像劇のふりした野球物じゃないかという疑問が再び。
でも今回は殺し屋でなく賞金稼ぎを中心にした騒ぎだったので殺し合い成分は一切無かったです。
林以外はそんなにアクションありませんでしたが、阪神巨人コンビが何かと殴り合いする様は割と愉快でした。
あの二人はあまりにもアホすぎて色々通り越して心配になります。


正直、全体的には執筆した豚骨の作者がコラボってことで遠慮して軽い雰囲気にまとめたのかなって印象を受けました。
どうせ軽めならいっそデュラキャラで野球チーム作って豚骨ナインと試合するような話にしても良かったんじゃないかと思いました(無茶)
静雄絡みの描写見てて、あの作者がデュラキャラで打線組んだらどうなるのか気になったのです。
prev next
CALENDAR
<< 2017/01 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
PROFILE
華蓮さんのプロフィール
性 別 女性
地 域 沖縄県
職 業 夢追人