いつか君と心から


ご無沙汰になりましたね。

暖かくなったり。
寒さが戻ってきたり。

まだ三寒四温とまでもいかないけど、日は長くなってきたし、冬の終わりが見えてきたような気がしますね。


仕事は順調です。
休日も、遊んでくれる人が増えたので、充実してます。


あの子のことは、まだ好きです。
でもほんと、前ほどじゃなくなりました。


自分でLINE止めたり。
遊びの誘い断ったり。

そういうのが、出来なくて。
苦しくなるの分かってるのに、繋がってたかった自分。

けれど今はそれがない。

返事をしてないままのLINEに気を取られることもなくなった。
遊びの誘いを受けるのにあの子を優先しなくなった。
会いたいと突然言われるのを無理だよと断れるようになった。


好きだよ。まだ。

でも前ほどに狂おしくない。



これはもしかしたら、もう、ただの友情に戻ってるんじゃないかなんて思うんだけど。



ただ、時々無性に抱きしめてしまいたくなるからゼロにはたどり着けていないんだろう。





もう少しだとは思うから。

穏やかにその距離を広げていければいいな。

冬の終わりを待ち望んでる

こんばんは。

寒い日が続いてますね。
雪なんて縁がない、ってとこで生まれ育ってきたんで、ここ最近の寒波は辛いです。




寒いの苦手だから、早く春が来て欲しい。
いや、春が来たら歳とっちゃうからあれだけど。
でも、雪が溶けて春の陽射しを浴びる頃には、色んなものを溶かせている気がする。



何事も、1人で抱えてちゃダメですね。

泣きながらでも。
怒りながらでも。
冗談めかしてでも。

どんな形でもいいから、言葉にして吐き出す。


そうすれば、案外、捨てきれないと思っていた感情も整理できる。




セピア色に。
もしくは、モノクロに。

色褪せて、それがどんな色だったかも忘れてしまう時が来る。


そうすれば、君のこともいい思い出になるよ。

きっと。





さてさて。

来週は4日しかないうえに出張があるんで、今週中に出来る所まで頑張って仕事しとかねばです。

明日も早めに職場へ行きます。



というわけで、早く寝ましょうかね。

職場でインフル流行り始めたから、体調だけは万全にして。




おやすみなさい。

裏切りの連鎖


君にはもう期待しないって
決めたのはも何回目だろう。

それなのにいつも
知らないうちに期待して
不意に裏切られて
後悔して傷ついてる。


君の中の最優先事項が
僕になることはないんだと
何度も何度も
自分自身に言い聞かせてきたのに。

普段の小さな約束を
君はいつも当たり前な顔して叶えて。

そうやって僕の中の期待を
少しずつ少しずつ膨らませては
大きな約束を不意に捨てて
僕を見事に裏切ってみせる。



その度に傷付いている馬鹿は
その度に思うんだ。


「期待した僕が馬鹿だった」

変われる強さ、変わらぬ想い、


1月、2月、3月と。

続けざまに、慕っていた人たちが異動していく。
転勤。
仕方の無いことだと分かっている。



二度と会えないわけじゃない。
またすぐに会えるよ。

そう、言葉では言うけど。

毎日会ってた人たちが、その日から、その場にいなくなるのは寂しいよ。



日常が変わるって、そういうこと。


ゆっくりと、徐々に形を変えていく物もあれば、ある日突然一変する物もある。


変わりたい部分は変われなくて。

変わって欲しくない部分が変わってく。





好きなものは好きだと。

欲しいものは欲しいと。


言える人間になりたい。


続きを読む

期待なんてしない

一緒に行こう、とか
会おう、とか
旅行しよう、とか

そういう色々

その場のノリでした、みたいな約束
今までほとんど守られることはなくて
その度に
ああ、あの時のノリだったのかって
心のどっかで傷ついて

そういうのも嫌だから
もういいやって

誘いの言葉は一切出さないようにした

期待するから傷つくんだ


だから期待しないと決めたのに





誘うのをやめた瞬間
約束をしなくなった瞬間

会いたいとか
一緒に行こうとか

君の方から誘ってくるようになるの
どういうことなんだよ、って

結局また、期待してるんだ
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ