タイトルなし

悪質だよ、ホントに。

心閉ざすしかない。

なんのために結婚したんだろう。

幸せになりたかっただけなのに、気づいたら大事なものたくさん失った。

タイトルなし

DVがなくなったきっかけ。


耐えかねた私は、今までされてきて傷ついたこと、その時どう思ったかを全てオッサンに伝えた。

やっぱり自分の言動を正当化してきたから、私はこう言った。

「私のただの被害妄想なのか、それともあなたが酷いことをしているのか、二人だけで話し合ってもらちが明かないから、あなた側のご両親を交えて、今までの出来事を全て話して判断してもらいましょう。私側の親族だと、私のことをかばうかもしれないから、あなた側の親族でいいよ。」

こう言った理由はいくつかある。

まず、最初から私側の親族を同席させると言ったら「そらちゃんをかばうに決まってる。」と言って話し合いに応じないのは目に見えてたから、あえてオッサン側の親族と言った。
正直、私はオッサンが間違っている確信があったから、誰が同席しようと構わなかった。

それと、自分の親族に恥を晒せばいいと思った。

それに対してオッサンはこう言った。

「俺の親は、昔から俺が何かやらかすと、理由を聞かずに「お前が悪い。」と決めつけてきたから、今回もそう決めつけてそらちゃんの味方をするに決まってるからその話し合いは無駄だ。」

苦しい言い逃れだと思った。
そして確信した。
この人、自分が酷いことしてるって自覚あるな、って。

そりゃあ、親族に同席されたら困るよね。
下手したら、私に離婚されるだけじゃなくて、子どもも失って、身内にも見放されるかもしれないもんね。

結局話し合いはしなかったけど、これをきっかけにDVはなくなった。

改心したのか、保身に走ったのかは分からないけど、どちらにせよ卑怯な人だな、と思った。

もっと詰めて、第三者を交えた話し合いに持ち込むこともできたけど、それは次、同じことをしたらでいいや。

でも結局、私の気持ちは冷えきったままで、この先も元に戻ることはないと思う。

タイトルなし



新しいファンデーションと下地買った

今までセルフで買ってたけど、初めて店員さんに相談して買った。

やっぱり専門の方に聞いた方がいいね
これからはそうしよう。


いっちゃんはもうすぐ2ヶ月になります。
予防接種が始まるね。
安息の日々も今だけだぞ…(笑)

最近、夜泣きが始まりました。
あと、私のことを凄く目で追ってて、少しでも視界から消えると泣きだす( ̄▽ ̄;)

なので、本当は添い寝はあまりしたくないけど、最近は添い寝してます。
近くにいると安心するのか、よく寝てくれるしね。



早くお喋りするようにならないかな〜

タイトルなし

なんだかどうでもよくなってきた。

離婚したらいっちゃんにとって良くないし、離婚するにあたってまた色々と揉めて精神消耗するくらいなら、お金運んできてくれる内はこのままでいいかなって。
今はそれなりのお給料持ってきてくれるし。

オッサンに対して何か期待したりイライラしたりするのも疲れるし馬鹿らしいよなって思えてきて、それを越えたらどうでもよくなってきた。

まぁ、老後の面倒をみるつもりはないけど。




自分の見も心もズタズタにした相手を愛し続けられる人なんていないでしょ。

作った料理を家畜の餌に例えられて、妊娠中も陣痛中も酷い扱いを受けて、それでも結婚したのだから生涯愛し続けなきゃいけないなんて、そんなの私にはできない。

むしろ憎しみがわいてきて、都合よく利用してやろうとか、酷い方法で捨ててやろうと思ってしまう。

自分がこんなに酷いことを考える人間だと思わなかった。
そして相手の本質を見抜く前に結婚してしまった自分の愚かさを憎んでる。

タイトルなし

うっっっざ!!!

自分が独身時代に不摂生な生活したからそこまで太ったくせに、私に「ダイエットメニュー作れ。」って。

それはいいんだけど「運動もしなよ。」って言ったら「俺は仕事してるからできない。」って。

できないんじゃなくてしたくないんだろ(^o^)

どうして努力せずに痩せようとしてる人に、私がダイエットメニューを考えて作ってあげなきゃいけないの?

しかもそれが「私の仕事」だってさ。

なにそれ(笑)(笑)(笑)

他の人は仕事しながら休みの日に運動して体形維持してるわけで。努力してるわけで。
そもそもそうやって自分に甘いから太るし痩せないんでしょ。

私だって体形戻すために、家事・育児の合間に運動して、食べ物も制限してるよ。

みんなそうやってるんだよ。
前の記事へ 次の記事へ