「一言にできない繋がりがある」
でも簡単に言い換えたくなってしまう前置き。



えー、今回は、プロキオン(sasuraidog.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「夜は小さなふたりのために」(sasuraidog.sakura.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ハロウィンが近づくこの時期に絶対このゲームを取り上げよう!!
と意気込んでおりました。愛してます。

というわけでまずはさらっと紹介を。
前作「贄の羊に牙を立てて」(mblg.tv)のスピンオフなノベルゲーです。サブキャラだった蝙蝠達が立派に巣立ちます。
元々私、この前作がもう大好きなんです! 好きな乙女フリゲの中でも五本指に入るくらい。なので、今作だけでも十分楽しめるかとは思いますが、前作を知らない人は是非とも手を伸ばしてみて頂きたいところです。





・ゴシックな雰囲気と愉快な仲間達

ホラー風味なオズの魔法使い、というのがプレイしての印象でした。
不安たっぷりの一人旅から徐々に仲間が増えて賑やかに、そして幾多の困難を乗り越えて城の主の元へ――――こういう流れがオズっぽく感じたのかも。
緊迫感のあるシーンやダークな展開もありはしますが、キャラ達の掛け合いで緩和されているところも大きいです。なので怖いの苦手って人にもオススメしやすい一作だと思います。




・静かな雪の夜の世界観

まず視覚的な面として、スチル画面の時に文字表示が変わるのがさりげなく良ポイントです。文章も落ち着いた語り口調で、雪の世界によく似合う静けさがありました。
吸血鬼や魔法使い、眷族の在り方など、きっちりした設定が随所で感じられるのも良かったですねぇ。ああいうのがあるのとないのとでは世界観の濃さがずいぶん変わってくるように思います。難しい固有名詞はなく、あくまでなじみ深い単語で説明されるのもありがたかったです。




・おしゃれなエンドロール

数秒聞いただけで心をわしづかみにされるあのエンディング曲!
曲自体は素材サイト様のものなんですが、雰囲気ぴったりで震えました。思わず素材配布元に原曲を探しに行ってしまったほどです。
ルートごとに異なるエンドイラストも象徴的で、彼らの絶妙な距離感が伺えます。どっぷり寄りかかるわけでもなくあからさまに忠義を示すわけでもなく、それでも傍に居るあの感じ……とっても好きです。
余韻が美しいエンドロールでした。




と、ここまでが魅力的だと感じた点になります。
一方、初め引っかかっていたこととして、

・メインの攻略対象にレトがいない

というのが挙げられます。序盤からレトを追って羽ばたき、スタッフロールに入る直前の展開はどちらのルートでもレトへのあたたかな想いが感じられる展開。これは期待をしてしまうというもの。
なので、求めていたのと違う展開へ転がっていくエピローグに初めは戸惑ってしまい、本編をクリアした段階では「ああちょっと思っていたのとは違うな」と感じてしまっていました。
しかしながら!
真髄はまさに本編の後、おまけおよびパッチ配布による後日談のほうにあったのです。これを読んでようやく納得……いやむしろこの形だからこそ良いと強く感じました。
ここを書きすぎると大変もったいないと思うので、詳しくはネタバレ込みで追記にて。

もしも私のように思った方がいらっしゃったら、是非後日談までしっかり目を通してみてほしいなー、なんて。









とまあ、こんな感じで。
序盤は色々予想と違う方向に行き戸惑ったところもありましたが、最後までプレイし終わったらもう大満足、静かながらもときめきや余韻が際立つ一作でした!
吸血鬼ものが好きな方や、前作をプレイした方、探索ホラーっぽい雰囲気が好きな方にオススメします。
追記ではネタバレがっつりのキャラクター感想など。