「千切れた腕は自分と呼べるのか?」
分身呼びが気になる前置き。



えー、今回はProject Gemさんところのフリーゲーム「牟奄-ムエン-」(project-gem.chu.jp)の感想をつらつら書きますね。追記にて長ったらしい考察文。けっこうレビューっぽい文章になっちゃってるかも。
アジアンテイストな世界観でお送りする、短編アドベンチャー。プレイ時間は2時間かかるかかからないかくらいでした。公式サイトがかなり雰囲気あってかっこいいので、未プレイの方はとりあえずサイトのほうを覗いてみることをオススメします。


では、さっそく魅力的だった点から。



・これがフリーでいいんですかと驚きたくなるクオリティ

まず初めに。クオリティはかなり高いです。
システム面ではかゆい所に手が届き、文章もテンポよく、フルボイスの演技力も感嘆物で、グラフィックも見ればわかる通り独特の世界観を表現しきっていてとても綺麗です。
とにかく出来の良い物をやりたいならDLしてみるのが吉かと。
続いてもう少し詳しく書いていきますね。



・シンプルイズベストなシステム

ノベルゲーに必要な基本システムは勿論搭載。ボイスもオンオフが聞きますし、オートモードでもボイスを最後まで聞いてから進めてくれます。ボイス優先で少し下がるBGMのほうまで調整ができる、隅々まで至れり尽くせりなシステムです。
即死イベントに入る分岐点でオートセーブがあるのも大変ありがたい……!セーブロードで反応を見直す時、大いに役立ちました。途中のミニゲームもちょっとしたアクセントとして効果的でしたね。アクション苦手なので難易度低くて助かりました。



・キャラの魅力が数倍のフルボイス

マオの声優さん、魅力的でしたね!!! トラブルメーカーなマオがチャーミングに見えるのは、あのボイスも理由の一つだと思います。
もちろん、マオだけとは言いません。どのキャラのボイスもイメージぴったりで、まさにハマり役でした。どの人も滑舌良くて聞きやすいのも一番のポイントですね。
加えて、ウィンドウが非アクティブでもボイスが流れてくれるのはさりげなく助かるシステムでした。



・きっちり組みたてられた世界観

物語の舞台はアジアンファンタジーなテイストです。独自の世界観がしっかりしているので専門用語も出てきますが、それに至るまでの流れが丁寧なので、すんなりと受け入れられます。
背景画像やティモンの服装などを見ていると、一度観光に行ってみたくなるくらい魅力的な世界観でした。この作品は短編ですが、それこそ大長編のストーリーでも十分活用できそうなポテンシャルを感じます。設定資料集欲しい!w
エンドロールで見られる設定画も楽しかったです。ああいう形での裏側公開は本当嬉しい限り。





とまあ、こんな感じで。
とにかくクオリティの高い一作です。
が、一か所だけ人を選びそうなところとして挙げますと……





・やや頭を捻りたくなる考察メインのストーリー

「エンディングに辿りついても明確な答えは与えられません」「隅々を見て考察してください」といったことが公式サイトに書かれていることからも伝わると思いますが、はっきり言って読後感はもやっとします。唐突に終わります。それでも考察物は好きだし、と頑張ってはみたのですが……結果は追記にて。
擁護すると、シナリオ自体はとても良いんです。序盤の話の広がり方は凄く自然でしたし、キャラクターの行動も一貫していますし。何より、あの特殊な世界観にプレイヤーが自然となじめるのは、物語上の構成がしっかりしているからにほかなりません。段階的に物語が進んで世界説明が成されていくあの自然さは、本当、真似したくなるくらいです。すげぇ!!
ただ。だからこそラストが惜しい。もっと言えば、考察メインの道を選ぶわりに解くべき謎が多すぎるように感じました。

思うに、考察メインの作品は「どうとでもとれる要素が多くちりばめられているパターン」と「たった一つの真実を求めるパターン」の二つがあると思うんですね。凄く乱暴な物言いをすれば前者がゆめにっきで後者がうみねこか。で、この作品は後者を求めて作られていると推測されるんですが……。
ならプレイヤーは何を解き明かせばいいのか?これがわからない。マオの正体について?ジーグイの存在について?地上世界と地下世界の設定について?そもそもこの物語は一体何だったのかというところまで? それを“考察”で片付けろと言うのは少々プレイヤーに対して求めるものが多すぎるように感じました。
結論としては、プレイヤーに求める謎解きに関してもう少し誘導が欲しかったな、というところです。謎自体のヒントではなくて、とっかかりのヒント。あとは伝聞調じゃない確定情報も。

ここまで書いといて何ですが、ひとえに私の読解力がおそまつすぎるということも言えます。棚に上げてます。申し訳ないです。
また、だからこそ公式サイトに「プレイヤー自身が探求するゲーム」と書かれているのだろうとは思います。製作チームのやりたいことは、うん、わかっているつもりなんです。それでもやっぱり、もうワンステップほしい!なんてわがままを感じました。
初読で全て理解したって方とかカタルシスバリバリできっちり考察出してる方とかやっぱりいらっしゃるのかなー、と気になるところ。





と、いった感じで。
最後だけうだうだ書きましたが、繰り返すようにクオリティはとっっっても高く、プレイ中は楽しく読み進めさせて頂きました。
アジアン系の世界観が好きな方は試しに触れて見ることをオススメします!




追記ではネタバレ全開の考察解釈。
興味ある方は右下よりどうぞ。