「神は常に光を背負って立つ」
バックライト完備な前置き。



えー、今回は小麦畑(wheat.x0.to)さんところのフリーゲーム「ダンス・マカブル」(wheat.x0.to)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

もはやフリゲー界の大御所と言っても過言ではないくらいの作者様の新作ということで、膨れ上がる期待をさらに上回ってくれる素晴らしい一作でした!すごく好き!
ということで、軽い紹介から。探索・考察メインの短編ホラーゲームです。同じ作者さんの「マヨヒガ」「オシチヤ」が和製妖怪民話ホラーっぽかったのに対して、この「ダンス・マカブル」は西洋、キリスト神話ホラーな感じだと感じました。事前にペストとかの知識があるとさらに楽しめるかも?




ではさっそく見どころをば。



・考察好きにはたまらないギミック

前述の通り、ペスト・キリストなどを根幹に据えて、随所にそれらのモチーフがちりばめられています。マップやギミック、操作説明まで余すところなく凝っているのがもうたまらない。ここまで見事に全ての要素に意味があるホラゲーには初めて出会ったような気がします。
ダメージというか、狂気に触れるとじわじわ追い詰められるシステムになっているんですが……単にHP表示が消えるだけでなく、画面背景に影響が出るのもまた良い具合に危機感を煽られます。



・救済と恐怖の入り混じるストーリー

起動時の聖書(?)の一節を見た時にもぞくぞくっときたのですが、こう、幽霊怨念びっくり的なホラーではなくて、荘厳な神に対する畏敬に近い恐怖が味わえるゲームだったなーと思いました。
ゲームの全体像が見えない間は、得体の知れない恐怖がホラーとして良い味を出してくれますし、真相に感づいた後はこれまた、気づいてしまった恐怖が訪れます。隙をみせぬ二段構えです。
それこそ聖句みたいに何度も見返したくなるような台詞が終盤に多く出てくるのもお気に入りでした。
詳しい考察などは右下追記にて。プレイしながら色々と考えたくなる一作でした。



・ぬるぬる動くドットと立ち絵

グラフィック面のクオリティも驚くほど高いです。
まず立ち絵が動く。瞬き口パクだけじゃなく、全体的に。うごイラみたいな感じと言えば伝わりやすいでしょうか。序盤で驚くアルエットに私も驚きました、はい。
んでもってドットもやっぱり動く。起き上がる動作がすごく自然で、これまたびっくりしました。
マップのギミックや、さりげない文字列などなど、視覚的にも楽しめて考察も深まる面白みがあります。



・かゆい所に手の届くシステム

何度かクリアすると、現状でそれぞれのエンドに行けるかどうかの可否がセーブロード画面から見られるようになります。また、おまけ画面で立ち絵や動きの確認もできるほか、回想も見られます。さらに、苦手な方は鬼ごっこイベントを回避することもできます。
とにかくアクション要素が苦手な私としては、鬼ごっこ回避がありがたかったですねぇ。
グラフィックもかなりクオリティが高いので、全クリした後はひたすら舐めるように回想を弄ってました。「はっ」の立ち絵が好みです。



・雰囲気に会ったBGMとSE

元々、lilliumとかクラシックとかその手の曲も好きなので、好みドツボの選曲が多くて嬉しかったです。エンドロールの曲は思わず必読ファイルから探して聞きに行ってしまいました。
??のイベントは曲の不気味さも相まってぞくぞくと。アルエットの曲は耳から離れません。アイテム手に入れた時の祝福みたいなSEも好きです。





さて、実はこの作品、商業からの依頼を受けて製作したものだそうで。やっぱフリーホラゲーは熱があるんですねぇ。
そんな経緯があっても、この作品は流行りに身を委ねるんじゃなくて、がっつり個性的な色をつけて作られていたのがすごくお気に入りです。少年×少女や人外×少女も流行りの傾向ではあるんですが、べたべたせずにあくまでキャラクターが役割に徹していたのが好ポイント。
つまるところやっぱり、必要十分を見事に満たしていて、あらゆる要素が完璧にまとまっている作品だなあってことを思いました。完成度たけぇ!



気になったらとにかくDLしてみてください!と声を大にしたくなる一作でした。
追記からはネタバレ感想などが始まりますので、未プレイの方はご注意ください。既プレイの方のみ、右下追記よりどうぞ。