「どちらが狂ってしまっていたのか、今となっては」
もしや両方な前置き。



えー、今回はちゃんとする(love2daimission.blog13.fc2.com)さんところのフリーゲーム「蒼の屋敷」(tyantosuru.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。
選択肢ありのサスペンスノベル、ちょこっとホラー含む、な一作でした。



・ストーリー

ジャンルにはサスペンスとありましたが、ホラー要素も強めの一作でした。犯人を暴いて事件解決!というよりは、とある館の闇を覗いてしまうようなお話です。
エンドを見るごとにルートが解放されて、じわじわ真相に近づいていけるシステムになってます。ゲーム内でルート追加のタイミングなどのお知らせが出るのもありがたかったですねぇ。
内容自体は触れすぎるとネタバレになってしまうので、詳しくは追記にて。ヤンデレ好きさんは大喜びの内容です、とだけ書いときます。



・グラフィック

デフォルメ調の立ち絵がとても可愛らしいです。初見ならきっとほのぼのゲーかなあという印象を抱くのではないでしょうか。そんなことはなかった。
可愛いだけでなく、ホラーな場面で豹変する顔グラにも注目です。表情の付け方が上手で、彼女のうっとりした表情にはドキッとさせられました。誰のことかは……プレイした人になら通じるかなーなんて。
時々、立ち絵とは別の形のイラストで場面の演出がされるのもわかりやすくて良かったです。ホラーなシーンではイラストのおかげで状況がわかりやすい分、臨場感があってかなりひやひやさせられました。





一度クリアすればヒントも解放されるので、エンド回収の難易度は易しめだと思います。コンプした後はもう一度ヒント部屋を見に行くことをお忘れなく。私は思わずガッツポーズしました。




とまあ、こんな感じで。
右下の追記にはネタバレ込みこみの感想を書きますね。既プレイの方のみどうぞ。