「あなたはあの人を知らないから私を見つけられたのだわ」
幸福なのかは結末次第の前置き。



えー、今回はStudio F#さん(www.f-sp.net)ところのフリーゲーム「シュガードロップ・ブレイクアウト」(sugar.f-sp.net)の感想をつらつらと書きますね。一部レビューっぽくなるかも。
15歳以上推奨、分岐はいくつかありますが恋愛というよりはビジュアルノベルに近いと思われます。
元々は有料のシェアゲームとして販売されていましたが、フリー版が配布されるようになりました。メインストーリーが全て読めるという太っ腹な仕様です。すげえ!



・ストーリーについて

長編だけあって、やっぱり一番の魅力は重厚なストーリーでしょうか。
シーンの切り替わりで一人称視点と三人称視点が混ざるので少々違和感はあったものの、文章自体は丁寧で読みやすく、描写がしっかりされているおかげでどっぷり夢中になれました。
侯爵の争いや歴史、皇女としての振る舞い方など、知識的な部分も綿密に書かれていて、世界観ががっちりと創られています。それでいて難しい単語や専門用語は少なく、理解しやすいです。

途中、年齢制限もなるほどと思わされる展開があります。鬱展開や歪んだ愛情が好きな自分としては嬉しいところが多いです。どうなるのかと思いきや、トゥルーエンドでは綺麗に収まって、読後感はすっきりでした。



・シーン撮影、一枚絵システム

珍しいなと思ったのは立ち絵がないこと。
代わりに常にスチル(というか一枚絵?)が表示されて、その上に文章ウィンドウが表示される形になります。そして、スチル閲覧がないぶん、好きなイラストをゲーム中に撮影することができます。
こういったシステムには出会ったことがなかったので、新鮮でした。



とまあ、ネタバレせずに語れるのはこんなところになるのですが……
王宮やらファンタジーやらに興味があって、シリアスや紹介ページの注意書きに抵抗がなければ、是非ともオススメしたい作品でした。ボリュームもたっぷりで満足です。



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「姫君のトアル一日」(mblg.tv) 
「消えたライジング・パープル」(mblg.tv



さて、追記にはネタバレだらけの感想を書きますね。
既プレイの方や気にしない方は、右下よりどうぞ。