「後付けと曲解で作り上げたものに整合性は生まれるのか」
正直そこまで考えてないような前置き。



えー、今回はアニメ「メカクシティアクターズ」の感想をつらつら書きますね。

小説漫画共に未読、ニコニコの動画のみ視聴済みです。特に「ヘッドフォンアクター」「アウターサイエンス」が好きなので、あの曲から派生する物語を見たいなーというのが一番にありました。



まず、残念だった点について。



結論を一言で書くと、置いてけぼりです。

群像劇をやりたかったんだなということや、言葉遊びも交えた能力や、ループを抜け出すモノということはわかるんです。後半の怒涛の説明回で、主軸はだいたいわかった、つもり、です。
じゃあ何が置いてけぼりかって、感動や共感ができないところです。最後まで、うんそうか、で終わってしまいました。


思うに原因としては、色々なキャラの目的がいつまでもはっきりしなかったせいかと。メカクシ団の目的がしばらく出てこなかったとか。正直、ヒビヤに話すまで、メカクシ団は異能力持ちがだらだらする団だと思ってたんですよね……。暇つぶし部的な……。

あと、メインキャラクターとサブキャラクターがわかりづらいせいもあるかも。いや、皆が主役だーってのも否定はしないんですけど、正直見ていてマリーがそこまで話の中心だとは思ってもみませんでした。逆にモモこそがかなり主役級だと勘違いしてまして、意外と核心からは離れていて拍子抜けでした。
で、こういう勘違いがなんで起こるのかなーと考えた時に、モモ固定の視点のシーンが多かったのが理由かなー、なんて。バラバラなのを一つにまとめる展開って熱いんですけど、そのぶんかなり構成を気遣わないとわかりづらいんですよね。
一応マリーの話はCパートにいっつも入ってくれてたんですけど、見てる側としてはあのパートがどう本筋に関わるかわからないもんだから、どう解釈したもんか困りつつ放置することになっちゃうんですよね。後々になって「あれってあんな大事だったの」ってなりました。
シンタローの覚醒も急すぎて、なんというか、苛められコミュ障の印象がぬぐいきれないままという。

なんだろう、蛇やアザミなどなど、根幹に関わる部分ばかりが後回しで、サブに回して良いシーンにばかりスポットが当たっているような感じでした。そのせいで、どこに集中して見れば良いのかわからないまま終わってしまいました。例え2クールになるなどして尺が伸びたところで、この印象は変わらなかったんじゃないかなと思います。
ここさえなんとか、それこそモモ入団時に説明するとかマリーの話を一話にまとめるとかすれば、もうちょっと楽しみやすいアニメになったかもしれないなー、なんて。素人考えなのでアレですけど。

おもしろいつまらない以前に、何をやりたいのかわからない、といった印象。だから切るに切れないというか、文句を言うなら見るなって言うその文句をどうぶつけて良いのやらというか。設定は面白いのに本当もったいない。

「カゲロウデイズ」はぶっちゃけ、二次創作として作られているPVの方が歌詞に沿ってるしわかりやすくて良かったなあと思ってしまいます。




じゃあまったくの駄作だったのかというとそういうわけでもなくて、良い点もありました。せっかくなのでつらつら挙げてみますと、



・異能力
目を〜する能力たち、本当、この設定はすごく良いと思うんですよ。例え厨二と言われようと自分は大好きです。いっそ異能力モノに走ってもらいたかったくらいです。

・エネの声
どのキャラも声が合うなあと思いました。中でもエネはぴったりですね! 言ってる内容はけっこう手酷いですけどw

・コノハ
キャラがすっっっごく好きです。遥もすきなんですけど、あのぼんやりした雰囲気ですさまじいことをやらかす天然っぷりが萌えます。あと、見た目も好み。

・貴音と遥
あの二人の回はすごく良かったですねー。展開もわかりやすかったし、二人ともニヤニヤするくらい可愛いし。ヘッドフォンアクターのゲーム世界も大好きです。動きまくってて爽快でわくわくしました。あと、つぼみちゃん可愛い。

・12話のアヤノ
お姉さん可愛い。超可愛い。シンタロー可愛いって言ってあげて。むしろ言わせて。






とまあ、こんな感じで。一部のシーンなどは良かったけど、全体としてみるとうーん……と思わされるアニメでした。
ここから小説や漫画にも手を出してねって言うことなんでしょうけど……この内容だと正直、手を出しにくいです。
とりあえず、前情報なしの視聴はおすすめしません。



なんやかんやで私は、ボカロのプロジェクトものは大体シリーズにせず個別の物語として見た方が良いなあと感じてしまう人なので……その辺りの反感が心のうちにあるせいかもしれませんね。
コンセプトアルバムで止まっていてほしい自分でした。