「殺すのではないから安心して欲しい」
無理な前置き。



えー、今回は夜天地図(nightsky.mimoza.jp)さんところのフリーゲーム「こちゅうの夏」(nightsky.mimoza.jp)の感想をつらつら書きますね。例のごとく、一部レビューっぽいかも。

一周に30分かからないくらいの短編、でも鮮烈に印象が残る作品でした。こちらの作者様のゲームはヤンデレが多いイメージでしたが、この作品はこう、一人の女の子の成長を見守る側面が強いように思います。そういう意味では一般向けでも十分通ずるなあと。

さて、良いなあと思ったところをば。




・痛ましくも美しいストーリー

わりと鬱展開です。痛い描写もあります。けれど、トゥルーエンディングを見ると読後感はかなり良いです。
しっかりと痛みを描写してくれる分、そこから出す結論も素敵に見えました。幸せになって欲しいなあ。
伏線を各所にちりばめているのも上手いです。ダイレクトなものもあればさらっとぶっちゃけてるところもあり、真相に気づいた後はなおさら面白く感じました。



・一工夫のCGモード

立ち絵のダウナーな感じがまず好きでして。これはサイト見てもらえればわかるかと思うのですが、ヒロインの髪の色合いが良いなあと思うのです。あとヒロヤの目つきの悪さな。ぱっと見怖そうな人がデレるの最高ですね。
で、本題CGモードなんですが。コンプすると、各イラストにコメントがついてきます!これは嬉しい、すごく嬉しい。初めは特に意識しなかったスチルも、改めて見るとしみじみ思うところがあります。
印象が変わったのは、ソファで寝転んでるあのスチルですね……ついてるコメントがすごく、こう、ぐっとなります。



・ED曲のタイミング

トゥルーエンド、と言っていいのかな、特定のエンドではエンディングが流れます。この曲のタイミングがまた凄く良いんですよ! ああここからエピローグなんだなーというのもわかるので、プレイヤーとしても助かります。心構えができます。



とまあ、こんな感じで。
鬱展開に耐性があって、シリアスものをプレイしたい方へ特におすすめしたいゲームでした。
追記ではお気に入りのエンドについてなどなど、ネタバレ込みで語るので、興味ある方は右下moreよりどうぞー。



同作者様の他フリーゲーム感想
「蒼き森の時使い」(mblg.tv
「公主月奇譚」(mblg.tv